高橋 丈のブログ

山を登るということ、辛い時の方が多いかも知れません。
でも、頂上で交わす握手や笑顔は代えがたいものが有ります。

日帰りハイキング、夏山縦走、雪の山、
色んな山について、ここで紹介したいと思っています。


テーマ:
みなさん、こんばんは・・・。
今日は沢登に行って来ました。
いや~紅葉と素晴らしい天気、そして沢と戯れて来ました。

此処は、依然1度登ったことが有りましたが、サクッと登るつもりで出掛けました。

3時半に起きて4時に迎えが来ます。
「眠いな~、でも迎えに来る仲間は3時起きだろうな!」
高速を走って駐車場に着いて驚きました。
舗装してあり、大きな堰堤は出来ているは大分近代化しましたね。

堰堤の中央を抜けます。
周辺の水は伏流していて河原には水は流れていません。
こんなゴーロ歩きを1時間ほど歩きました。
「眠かったです。」

いよいよ沢らしくなって来ました。
「寒かったです。」
「水に濡れたくありませんでした。」

段々と陽が射しはじめました。

沢の右側を張り付いて通過しました。

辺りは水の音が大きくて、声が仲間に中々届きません。

高さ10mくらいでしょうか、綺麗な滝でした。

水流の右は階段状ですので、そこを登ります。

「早く陽が射してくるといいのですが・・・。」
滝の向こう側は紅葉です。

次々に滝が現れます。

滝の向こうは快晴なんでしょうね。

こんな感じで登ってました。

ナメ滝です。
覚えてました。長い長いナメ滝です。

そしたら、また滝

こんな小滝が連続しました。

この辺から天気が良く成って来ました。

快晴のブルースカイですね。
紅葉の景色も最高でした。
「紅葉が綺麗だね!」・・・と思わず言いました。
水流が陽の光に光ってましたのでカシャリとやりましたが、この写真で雰囲気が伝わるでしょうか?

こんな感じで幾重にも流れを変えています。

ナメ滝の隣で昼食休憩です。
私も写真を撮ってもらいました。

眠そうな写真で私でないみたい。
右手に持っているのはカロリーが高い菓子パンです。

コヒーも飲みました。
・・・で石の上でトカゲ・・・したかったです。
ゆっくり休んでいたら、眠かった~。
こんな快晴で紅葉の景色の中、ひと寝入りしたら最高ですね!

昼食タイムをのんびり費やし、目の前には上越のマッターホルンと言われている大源田山もうっすらと霞んで見えてました。

其処から発生する北沢本谷などを遡行した思い出も少し浮かべたりしました。
私にとって良い思い出です。


「さて~、出発しますか?」・・・ということで、こんなナメ滝をピシャピシャと登ります。

陽が射したせいか、水も温んで来て冷たく感じなくなりました。


どんどん続きます。なが~いナメ滝、ナメ床です。

このナメがこの沢の一番の魅力です。

もう、疲れは癒されています。
足取りも幾分軽くなり、景色も十分に堪能しながらヒタヒタと歩いて行きます。

時々、沢の傾斜が急になることも有ります。



そんな時は端っこに生えている熊笹をしっかり掴んで登ります。

こんな感じです。

因みに、滝を登る時などは草も掴みます。

こんな感じで草を上から押すように掴みます。
イメージが伝わりますか~。
結構、頼りになります。

更に進みます。

「何か見つけたのでしょうか?   お~い!」


こんな滝が出て来ました。

何処を登ったのか、滝が多くて覚えていません。

小さな滝です。
今度は細い滝です。

楽しいです。幾つも幾つも越えてゆきます。

綺麗な水です。

沢が細く成って来ました。

「写真撮ってます。  スミマセ~ン!」
そろそろ源頭部へ近づいて来ました。

あれ~また滝!


「何処を登ろうかな~?」

小さい滝だし、落ちても滝壺、安心して楽しめます。


足場を確認!

登った~

分解写真成功!

こっちも

水流の中へ

完全に独りで楽しんでます。
決まってますね!


こんな感じです。毎回楽しいです。

やって来ました。奥の二股です。
右は巻機山へ左は避難小屋への分かれ道です。

沢はこんな感じです。
ナナカマドがきれいでした。

あれ、キイチゴ・・・美味しかった。

種も食べちゃいました。
今頃お腹の中で芽が出ているかも知れません。笑い)

左を少し登って見えました。
避難小屋です。

きょうは5人の方が宿泊のようです。
羨ましい!

達もお茶を沸かしてのんびりとコーヒータイム!
景色もさいこうです。





巻機山は中央の一番高いところです。

なだらかな女性的な山ですね。

楽しい沢旅でした。



これからも、山、頑張りま~す!














AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

登山ガイド 高橋 丈さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。