高橋 丈のブログ

山を登るということ、辛い時の方が多いかも知れません。
でも、頂上で交わす握手や笑顔は代えがたいものが有ります。

日帰りハイキング、夏山縦走、雪の山、
色んな山について、ここで紹介したいと思っています。


テーマ:
今年の1月から仲間と群馬100名山を登り始めて数回が経ち、今回は日程・天候などで2転3転して沼田市内にある鹿俣山(かのまたヤマ)と決まりました。
梅雨らしい天候の中、何とか雨を避けてピークハント出来て良かったです。

ITTOさん、RAKUさん、そしてKANAさんといつものメンバーです。
関越道の沼田インターを降りて、北方に位置する玉原湖を目指して車を走らせ40~50分で、
登山口へ到着します。



先を越されました。

登山口で身支度と装備品チェックを済ませ、4人は玉原湿原目指して歩き出します。
天候はまずまずと言ったところです。

延命の水をITTOさんは一口、
「・・・」
ザックを担いだ方々へ「こんにちは」・・・とご挨拶すると、今日は湿原散策と言うことでした。
少々山の話をしました。
どうやら自然観察の方々らしいです。

歩き出してすぐです。
道は木道に変わり、ワタスゲなどの花を見ながら気分良く前へ進み、広い湿原に白いワタスゲやアヤメを見ながらカシャリ・カシャリと写真を撮ります。

湿原の1周コースのあり、30分で回れるということです。

空も少し明るくなったようです。(何とかこのまま持つといいのですが・・・)

木道の端でコーヒーを飲んでいるご夫婦の方が居ました。
お弁当も広げてました。・・・良い雰囲気でした。
人が食べているお弁当は気に成るところですね~
失礼にならないように、軽く挨拶して通り過ぎました。


木道が終わるとブナの樹林帯へ変わります。
湧水、泥道を経て分岐で小休止です。

樹林帯ですが谷川方面から吹いてくる風が心地いい場所でした。
汗を拭いてドーナツを一つ食べて、もう少し頂上まで頑張りましょう。

ブナの太さが目立ちます。
高さは想像つきません。
平坦な樹林帯は快適に歩けます。

ブナ地蔵だそうです。
こんな名前が付いたブナの根っこも有ります。
「なるほど~」
みんな写真を撮ってます。

最近は何かと名前を付けて、私たちを楽しませてくれるものが多くなりましたね。

ブナ林を1時間も歩くと、スキーコースに出ました。
「ここでお昼にしましょうか?」
「了解です。」
   ・・・・と思い思いの場所で昼食タイムです。

のんびりとコンロでお湯を沸かしてカップ麺です。
いつもKANAさん有難うございます。

空が曇ってきたり、風が吹いたりして、その度に全員で空を見上げます。
みんな天候が気になって居るのですね。

30分の昼食を終えて、一同はスキーコースの中に有る道を登り始めました。
昼食後の登りはきつい所です。
10分もしないうちに汗がジワジワ噴出してきました。
小ピークに騙されながらも頂上到着です。

周囲の展望は雲で何も見えません。
仕方ないです。
雨に降られないだけましです。
記念写真を撮って、10分程休んですぐ立ち上がってザックを背負いました。
みんな天候が気に成っているようです。
下山はやぶの中を歩いたり、スキーコースを歩いたりして帰ってきました。

途中、ラベンダーパークで小休止しましたが、7月中旬からラベンダーが一面、絵葉書の様に一斉に咲き始めるということです。


参考
時間経過
駐車場~玉原湿原~ブナ林~鹿俣山~玉原スキー場~駐車場
2回10分休憩と30分の昼食を含めて4時間10分の山旅となりました。

ラベンダーパークは入園料が掛ります。

今回は雨に降られなくて幸いでした。

















AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

登山ガイド 高橋 丈さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。