高橋 丈のブログ

山を登るということ、辛い時の方が多いかも知れません。
でも、頂上で交わす握手や笑顔は代えがたいものが有ります。

日帰りハイキング、夏山縦走、雪の山、
色んな山について、ここで紹介したいと思っています。


テーマ:
4月の末に、群馬100名山の1つ、根本山へ登って来ました。
桐生市内を流れる桐生川上流部にあり、奥の奥といった感じのエリアです。

4月25日 ガイド登山下見  晴れ
4月27日 ガイド登山     晴れ
4月30日 ガイド登山      雨

今日で3回目の登山でした。
一言で言ってしまうと快適な登山が楽しめる歩行5時間の山旅です。

登山口から杉やヒノキの植林の急登を約1時間登ります。
辛い所です。
花も有りません、遠望も効きません、ただ下を向いて登るのみです。
特に単独の方は辛い時間と思います。
お仲間と山の話などをしながら笑顔で登りましょう! それが一番です。

1時間登ると明るい開けた尾根に出ます。
 

人数が多くても休憩するのには十分な広さです。
注意 ・・・昼食時おむすびころりんにならないようにしましょう。
  
 (春は影も柔らかな雰囲気がします。)

  
(今はこんな感じでアカヤシオがあちこちに咲いてます。)


(今日は雨でした。)
(雨の昼ごはんも傘が有れば大丈夫です。体が冷え切らないうちに歩き始めましょう。) 


お弁当でお腹いっぱいです。        ・・・そろそろ出発しましょう!


  (やっぱり晴れが良いですね~)

尾根道を忠実に詰めあがると、少し岩場が有ります。
6~7m位の長さです。3点支持で登れば問題ないです。
尾根は右側は植林、左は雑木林で雑木林には・・・今まさにアカヤシオが満開です。
時折、ミツバつつじも咲いてます。そして足元には5mm満たない小さなスミレもあちこちに咲いてます。

明るい尾根から30分もすると、根本山の頂上と勘違いするようなピークがあります。
もう少し我慢して10分も登れば頂上です。
標識に「根本山栃木100名山」とペンキで書かれ、鉛筆で「群馬100名山」と誰かが書いたものもありました。
今は100名山ブームですからね~
どんな山でも頂上には変りありません。

「バンザ~イ!」・・・と声を上げて絵顔で記念撮影します!
私はいつも頂上ではお客様へ声を掛けます。
そうすると、みんな笑顔になるんです。
撮った写真はきっと素敵な笑顔に映っていると思います。
今度頂上で「バンザイ写真」を撮ってみてください。
きっと良い顔してますよ~。

今は落葉の時期です。
でも遠望は樹木の間からすこし見える程度です。
此処から快適な尾根道歩きになります。
私は根本山から熊鷹山までの尾根歩きが気に入ってます。
緩やかな登り下り、短い丈の笹原、曲がりくねった小道、倒木をまたいだりくぐったり、1人でも楽しめるし、数人でも足が自然と前へ前へと進むところです。
 

そうそう、熊の爪痕なども立木に示されていました。
「ここはオイラの縄張りだ~、何人も立ち入るべからず!」
・・・そんな意味があると誰かが言ってました。      熊も大変ですね!

そんな快適な低山の尾根道を40~50分歩くと、少し登りが有ります。
その樹林の先には熊鷹山の姿が見えて来ます。
息が上がらないうちに着きます。

 

狭い所です。そして頼りないヤグラがあります。
 

大人数で登ると倒れそうなものです。
でも西に赤城山、北方面に皇海山、日光白根、燧岳、そして男体山が見えます。
日本100名山が5個も見えてしまいます。
聞くところによると、富士山も見えるそうです。
歩き始めて約3時間、ビスケットやパンなどでエネルギーを補給してから下山としましょう!
下山時に注意散漫となると、転倒もあります。

急な下山路を歩幅を小さくして下ります。
枯れ細った鳥居をくぐって祠で2礼2拍して下山を願って足を進めます。
此処も尾根道です。
忠実に尾根を辿れば40分くらいで林道に出ます。
そこには、まだ残雪が残ってました。
2月の大雪の名残ですね。
林道に出たら右に進路を取ります。
林道も単調のようでいていろんなものが楽しめます。
がけ崩れ、沢、延命の水、沢で顔を洗うことも出来ます、草花などなどです。
小石が散らばってますので転ばないようにしましょう。
 

不死熊橋が近くなってくる頃、倒木が何か所かあります。
 

「アスレチックみたいで面白い~!」・・・なんて言って、お客様は喜んで下をくぐってました。
そこまでくれば登山口はすぐそこです。
黄色のヤマブキが咲いている駐車場へ到着です。

「お疲れ様でした~」
「やった~、2座登頂です。」・・・と手のひらタッチで下山を祝います。

このコースは・・・・
序盤は・・・辛い耐える登り(根本山頂上まで)
中盤・・・快適な尾根道でアカヤシオやみつばつつじが登山道に沿ったように咲いてます。
終盤・・・背中を誰かが押してくれているように下山出来ます。

・・・参考データー・・・
登山口~根本山・・・1時間50分
根本山~熊鷹山・・・約1時間
熊鷹山~登山口・・・1時間50分
(大まかな数字です。)

感想
・・・これからシロヤシオやレンゲつつじが咲き誇る時期になります。
5月中旬ころでしょうね、そのころにまた行ってみたいです。
秋は山もみじの紅葉がきれいだと思います。
いや~書き出したらきりが有りません。
群馬の低山ハイキングの楽しみがたっぷり楽しめる山です。
ps
先日の晴れの日のお客様、今日の雨の日のお客様、お疲れ様でした。
皆様の絵顔で私は元気を貰って生きているようなものです。

今頃はご自宅に戻られてリラックスされていることと思います。
明日から次の山へ向けてまた頑張りましょう!
有り難うございました。






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

登山ガイド 高橋 丈さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。