高橋 丈のブログ

山を登るということ、辛い時の方が多いかも知れません。
でも、頂上で交わす握手や笑顔は代えがたいものが有ります。

日帰りハイキング、夏山縦走、雪の山、
色んな山について、ここで紹介したいと思っています。


テーマ:

先日日本百名山のひとつ、福井県の荒島岳にお客様をご案内してきました。

荒島岳は日本海に近く、日本海側の雪の多い地域に属するため、標高は1524mですが、積雪も考慮してアイゼンも持参で登りました。

6時宿を出発、そこから南西の方向に真っ白な山頂が見えました。荒島岳です。

標高が1525mの山が雪で真っ白でした。

「荒島岳ですね。雪で真っ白ですね。」

お客様のSUZUさんは驚きもしないで「そうですね。」・・・とそんな言葉だけでした。


6時半頃届出書提出して、登山開始となりました。

前日、美味しい宿の食事をおなか一杯食べて、今朝は元気いっぱいでした。

スキー場跡地に出来た登山道は舗装してあり、足は高く上げなくて済みますので、ウオーミングアップには丁度良い道です。10分も歩くと石のゴロゴロした急登となり、「下山時に捻挫でもしないよう気を付けましょうね。」・・・とそんな話をしながらゆっくりゆっくりと登ります。

歩き始めからロープウエイの鉄塔跡地を経由して、今度は尾根道に変ります。

そこは大きなブナが生えている自然の残った林で、葉が落ちてしまっているため、遠くまで見通せて気分が良いです。

広い尾根から左に真っ白な樹氷の斜面が見えています。



高橋 丈のブログ  トトロの木と書いてありました。



登山道の脇は雪で白くなり、素敵な景色なのですが、「もしかして上でラッセルかな!」などと思いながらブナの大木の間の中を登ります。


高橋 丈のブログ  ・・・素敵な景色でした。


後ろから単独の男性が結構速いスピードで我々を追い抜いて行きました。

そして間もなく2人の女性が下山してきました。

「お早うございます。」

「お早うございます。反対側の尾根から来ました。時間の関係で頂上は登ってないです。」

足には雪用スパッツをきちっと履いて見るからに冬装備でした。

「気を付けてください。」「有り難うございます。」

そんな会話を交わしてお別れしましたが、2人とも元気のいい女性でした。



高橋 丈のブログ

・・・白山ベンチという場所です。白山は名前の通り真っ白です。


お客様のSUZUさんは嬉しそうでした。

きっと楽しい白山登山を思い出していたのでしょう。


少し平坦な道と成り、すぐまた急登となり、体も暖かく成って息も荒くなり始めたころ、「シャクナゲ平」に到着です。そこの地面はガチガチ凍っていました。小休止です。

荒島岳方向を見るとまだ先は見えません。


下山してきた男性に雪の状況を尋ねると「雪ですね、でも問題ないですよ。」ということでした。

その言葉を聞いて少々安心しました。

「有り難うございます。」


しかし標高1500m程度でも恵那山とは環境が違い、頂上部は積雪かぁ~。

シャクナゲ平の周辺には、赤い目印テープが高さ4m位の位置に印してありました。

SUZUさんに「あそこにテーピングしてるということは、相当な積雪なんですね。」

「あんな高い所にあるということは雪がすごいのですね。」


荒島岳方向を見るとピークが3つ見えてますが、いずれも真っ白です。

身体が冷えないうちに重い腰を待ちあげて、小休止終了です。


その2へ続く・・・






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

登山ガイド 高橋 丈さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。