高橋 丈のブログ

山を登るということ、辛い時の方が多いかも知れません。
でも、頂上で交わす握手や笑顔は代えがたいものが有ります。

日帰りハイキング、夏山縦走、雪の山、
色んな山について、ここで紹介したいと思っています。


テーマ:
連休後の日曜日、群馬の下仁田町と長野県の佐久市の県境に位置する荒船山へ登って来ました。荒船山は艫岩(ともいわ)という第岩壁があり、登山道も危険と思いきや、ハイキング気分で登れるものです。

広い駐車場は満車状態でした。簡単に数えたら25台駐車してありました。

「それでは出発しましょう!」
「は~い。」

私達は旧内山峠から歩き始め、ミツバツツジや山ツツジを期待しましたが、思ったより少なくて少し淋しい気持ちでした。
昨年同じ道を登り、連休後は満開だな!と予想して来ましたが・・・
今年は時期が少し遅かったようです。
それでもまだいくつかは残っていたので、カシャリと写真に撮って来ました。

柔らかな日差しを受け、花も心地良さそうでした!

こんな感じのハイキング道です。


小さなピークを登ったり下りたりしながら、1時間も歩くと一杯水という場所で、休憩するのに適した広い場所があります。

修験道場もあった場所のようです。

ここまで1時間以上掛って歩いて来ました。
ゆっくり歩くことは・・・楽しく歩ける秘訣ですね!

ここで風を避け、水分補給・ビスケットタイムでどっかり腰を下ろして休憩でした。

今日のコース、此処から高度を稼ぐようなジグザグの道となります。

「これから少しきつい登りに成ります。標高差は300~400m位ですから、赤城の黒檜山の半分くらいです。」
「黒檜山の半分ね。了解しました!」

私達は黒檜山の標高差約7000mというのが、何だか目安になっているようです。
黒檜山の登りで・・・辛い思い出があるようですね。


簡単な岩の階段状の部分を難なく通過して、熊笹の原に出ると艫岩です。

艫岩は高さ約150mで高度感は抜群です!
群馬と長野県を結ぶ国道254号線、通称内山峠です。


正面には浅間山がわずかに白い雪を残してました。

それ以上近寄らないでくださ~い!
危ないで~す!

記念写真です。 カシャリ!

さてさて、写真も済みましたから、お昼の場所を探しましょう!
今日は少し風が有りますので・・・

ここまで、休憩も入れて2時間15分掛りました。

風を避けて楽しい昼食タイムです。
登山の重要な楽しみのも一つですね。頑張って登って来て・・・
ドッコイショと腰を下ろしての昼食は待ち遠しいものです。
おにぎりとから揚げ、そしてフルーツとお茶でお腹いっぱい。
時計を見たら1時間ものんびりしていました。
アラアラ!


最近はテーブルマウンテンという呼び名もついているようです。
群馬県から見ると本当に平らな山容で特徴ですね。
その平らな道を経塚山まで歩きます。

新緑の雑木林は、もう気分爽快でした。

大きなカラマツもまさに見頃ですね。

30~40分も歩くと最高峰の経塚山山頂となります。
山頂直下の10分は我慢のしどころでしょう!
山頂でピークハント標高1422mです。

一応ピークを踏めました。

「こんなものです。返りましょう!」
「は~い。」


山頂直下に咲いていたオオカメノキとスミレです。

艫岩の展望台まで帰って来ました。

そのすぐ近くの木の上に熊だなが有りました。

居るんですね!熊!

でもあんな高い所で昼寝や食事は気持ちよさそうです。

風を泳ぐようにヒラヒラと舞っているようなホウの葉です。

しばし足を止めさせられました!


また足元には黄色のヘビイチゴの花が沢山咲いてました。
名前がヘビ・・・なんて可愛そうですよね!

駐車場に着いたら5時を過ぎてました。

駐車場の端にもヤマエンゴサクが咲いてました。



私達が最後となり、気温を見たら11度です。
寒いわけです。
11度なら関東の真冬の気温ですね。


これから陽が落ち、夜はグッと冷えることが予想されます。
春の山は・・・
昼は初夏の様ですが、夜はグッと冷え込みます。
念には念を入れて、ダウンなどの防寒着は必ずザックに忍ばせておきましょう!


お疲れ様でした~!


この山は、まさに展望の山です。














AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。