当店のデコ商品の作り方☆

テーマ:

こんにちはキャ

そういえば今日はバレンタインデーですね!!

スッカリ忘れていて、チョコを1つも用意してませんいー

4月まではバッタバタなので、見て見ぬフリしてイベントはスルーします=


当店のデコの作り方ですが、

まず商品をティッシュなどで拭きます(油や手垢を落とす為)。
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常
用意するのが、コレ!マスキングテープ!!

簡単に言えば紙テープですキイロキラ

セロハンテープを使用すると、最後にテープの後がついてしまったり・・と余計な手間がかかるので

テープ選びには気をつけて下さい☆
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常

このマスキングテープを使って、絵の具や接着剤が余計なところにつかないよう、

ジョイント部分など汚したくないところを保護します。

そして、この鏡のようにパカパカと開くものであれば、

間には写真のようにティッシュを挿むと絵の具が流れなくて安心ですうひっ

TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常

私はここで、全面をまず白に塗ります。

この際、当店では地塗り剤を使い、発色を促す効果を意識しております。

TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常
キッチリ絵を書きたいので、カーボン紙を使います。
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常

そして、イラストレーターTELL さんに作ってもらった絵を用意し、

TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常
カーボン紙を使って転写キイロキラ

TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常

アクリル絵の具で色塗り絵文字

TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常
スワロフスキーのストーンを置き、完成kirakira

TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常

至って普通の作り方ですが、ご希望が多かったので載せてみましたニコ

また何かリクエストがありましたらご連絡頂ければ載せていきますクルミ:にゃもん



添削の結果をお待ちの方、お待たせしており申し訳ございません。

添削内容ですが、一言では抑えきれず、、ガッツリ写真付きで書いてしまってますあわわ

試験&添削で振り込んで頂いた方には、添削料金をご返金しております。

もう少々お待ち下さいませ。


セミナーにつきまして、お問い合わせを沢山頂いております。

こちらに関しましても、下旬頃に予定しております。

日程調整をしております為、もう少々お待ちくださいませ。


南澤

AD

今晩は^^


アクリル絵の具の塗り方ですが、

塗り方がよくわからない・・という方向けに写真でお伝えしたいと思います^^

よくご存知の方は、何で今更・・という内容になってしまうと思いますが、最後までお付き合い頂けますと嬉しく思いますニコ


まずは紙ペーパー(キッチンペーパーで代用OK)を用意します。
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常

アクリル絵の具とグラデーションメディウムを必要分出し、

TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常

筆をグラデーションメディウムで湿らせ、余分な分は除きます。

TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常
グラデーションメディウムを湿らせた筆で、アクリル絵の具をなじませ、

筆にごっそりついた余計な絵の具を取り除きます。
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常
このように余計な分をとり、筆にモリッと絵の具がついてないのを確認したら、
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常
塗ります。

左側が水分もグラデーションメディウムも含ませてない状態で塗ったもの。

右側がグラデーションメディウムをふくませた状態で塗り重ねたもの。
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常
見てわかる通り、左側は端にモリッとした絵の具のダマが出来てます。
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常
そして、絵の具の伸び具合。

Grがグラデーションメディウムです。
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常

アクリル絵の具に苦戦されていた方は一度使ってみて下さい^^

ただ、まだまだ良いものがあると思います。

また他に良い物が見つかり次第、ご紹介していきたいと思います!!

AD

こんにちはニコ

今日は色んな方から一番質問が多かったアクリル絵の具について載せさせて頂きます^^

こういった質問を頂くと、あぁ、アクリル絵の具にストレスを感じているのは私だけではなかったんだな、と安心します。


デコを始めた当初から南澤はアクリル絵の具が一番の苦手でした。

ポスカや油性ペンは楽チン。

でも!!!ポスカは色が限定されるし、

油性ペンは接着剤を塗る時に色がにじんでしまう

それが許せなくて、許せなくて・・・アクリル絵の具を制覇してやる!!と、意味のわからない事を考えてました(笑)

アクリル絵の具に苦戦してから1年半、去年やっと見つけたのがコレ。

グラデーションメディウム
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常


アクリル絵の具を塗る際に、殆どの方は水を筆に含ませただけでほぼ水を使用せず塗っていると思います。

それ以外の方は水を若干使用しての塗り方。

しかしながらメリットがあれば、デメリットもあります。


水を使用しないで塗ると、絵の具の塗り重ねがほぼ出来ません。

とても濃いので、塗り方を練習しないとデコボコになってしまい、ストーンがそのデコボコで取れやすくなってしまいます。


TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常
(左側が水使用無し、右側がグラデーションメディウム使用)

かと言って水を含ませると、薄くなるので、濃い色以外は何度も上から重ねて塗らないといけなくなります。
私はそれ以外にも、すぐに乾いてしまうのがストレスでした。

水を含ませてもそれは同様で、すぐに新しい絵の具を出さないといけない。


しかし、この薄塗り用遅乾剤を塗る事によって、

乾くのが遅くなり、塗りやすくなります!

デメリットは、乾くのが遅いので、作品を乾かしながら進めないといけない、という注意点でしょうか。


ちなみに、
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常
出しているメーカーが異なると、

全く同じ「マースブラック」でも、色が異なります。

1つは乾くとツヤツヤな黒。

もう1つは乾くとマットな黒なんです。


こういう点などでもアクリル絵の具の奥の深さには面白い、と思うばかりです。

最近はアクリル絵の具で祖母の部屋のかすみ草に色をつけて祖母と楽しんでます^^



これから出かけなければならないので、また帰宅したら塗り方について更新したいと思いますテヘッ

AD

ルフィのデコシール

テーマ:
こんにちは^^
去年夏頃に友達から頼まれて作ったものが携帯写メに入ってました(*^□^*)

ワンピースのルフィ☆
まず下絵はこんな感じ。
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常-NEC_0131.jpg

完成品
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常-NEC_0143.jpg

そしてZoom!
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常-NEC_0144.jpg

中国人の方にあげたようですが、ルフィの大ファン!
と聞いていたので久々にワンピースキャラを作って楽しかったのを覚えてます。

趣味で作るデコ、私は全く作りません。
仕事、もしくは友達に頼まれた時のみ作ります。
だから自分の持ち物ではデコがビックリする程ないしょぼん
講師仲間と会うとキラキラで考えさせられます。。
でも、自分の為にあの根気の必要な作業をやる気にはなれないんですよね。
キラキラは大好きなんですが、、
お金がかなりかかるし、時間もかかるし‥。
私には贅沢品。
でもだからこそ、お客様には最高のものを提供したいと思う毎日です。
もっともっと上手くなりたい。
きっと作品作りにも、自分にも、今の自分には「これが最高」というのはいつもあっても
「これが最上」というものはない気がします。
明日には必ずまた一歩その「今が最高」の作品を越えるたい。

作品作りも、自分磨きも、全て他人との競争ではなく
常に自分との戦いなのだとやっと気がついたこの頃です。
人と比べても幸せにはなれない。
ただ苦しくなるだけ。
人にはその人その人にしかない良さがある。
だからこそ無い物ねだりしても意味がない。
自分の良さや強みを知り、他人と比べず進んでみれば、
そこには最高のやりがいのある毎日が待っている。


今日よりも明日があなたにとってHappyでありますように‥。

こんにちは^^

久しぶりにデコの更新、すみません。


答えを言うのは人生の傍観者にさせてしまう、と思い正直悩んでました。

結局悩んだ挙句・・まだどうして良いか答えが見つかってません^^;

人の良さを潰さずに伝える、という事は本当に難しいですね。

でもきっとこれを読んでくれている方で、そんなの簡単なのに・・と思っている方、沢山いるのだと思います。

メチャクチャ知りたいけど・・答えは教えないで下さい!(>_<)

バカだな、と思いつつももがいて自分で見つけてみたいなぁ、と思います^^


さて整列・並列・ランダムですが、
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常-整列

TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常-並列


TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常-ランダム

このように並べて見て頂くと同じように並べていっても印象が全然違うと思います。

(写真映りとかでなく・・)

それが置き方の違いの区別になります。


ストーンの埋め方によって、全く同じ範囲を埋めていっても、

全く違った印象のものが完成されます。

それがそれぞれどんな印象を与えるのか、また、並べ方の違いによって光の反射がどう変わるのか

それらをぜひ仮置をしてみて比べてみて下さい^^


お客様からできるだけ派手にして作って欲しい。

親にプレゼントするから大人っぽい感じに作って欲しい。


こういった「え?」と思うようなオーダーに対応できるようになります^^

「ではこうしましょう!

こうするとこう見えますので、こんな感じはいかがですか?」と提案できる経験を身につけてみて下さい^^


そして、ランダムですが、
TKdecoBlink ブリンクアーチストの日常-ランダム
ストーンの大きさを示してみました。

どのような印象ですか?

上のようにランダムを作るのは間違いではないです

でも、これらの偏ったランダムを上から見てみると、目が無意識にある一部に焦点をあててしまうんです。

なぜだと思いますか?

偏ったランダムを作らない為には、どのようにストーンを置くのが良いと思いますか?

バランスの良いランダムを作る事によって、焦点が1つにあたる、という事がなくなります。


全て印象です。

ぜひ実際にやってみたりして考えてみて下さいね^^

自分の力で知ると、本当に嬉しくなりますよ!


答えが出せて、合ってるかどうか答え合わせをしたい方は

info@tkblink.com

までメールして頂ければお答えします^^


考えても答えがわからないので答えを教えて下さい、とだけ言われても、ヒントしかお伝えしないかもしれません。

こう思います、というせっかく考えた事を恥ずかしがらず教えて下さいね^^

自分の力で知る事が、自分の人生を素晴らしい人生にするために必要な事だと思います。

どうか人生の傍観者にならないで下さい。

興味ある事には少しの勇気を持って参加してみて下さい!


どうか今日より明日のあなたがhappyになれますように。。