日本が世界に誇るロックバンド ONE OK ROCK 関係の最新情報、歌詞翻訳、海外記事やインタビュー動画の翻訳などを中心にしたワンオクファンブログです。

転載お断り、リンクフリーです。

since 2015/08/18
NEW !
テーマ:

(キャプションの英文の訳)
僕がたった今感じていることは、言葉では言い表せません。
あとたった数日で僕らは会えることになっていたのに、信じられません…
あなたは、僕や非常に多くの人たちに、大きな影響を与えてくれました… また、僕らがバンドを始めた理由でした。
あなたのご家族や、友人、バンドメンバー、あなたに愛されていた人たちにお見舞い申し上げます。
あなたがいなくなって、本当に寂しいです。心からご冥福をお祈りします。

 

 

You will always be here in my heart. Thank you for everything Chester.

Takaさん(@10969taka)がシェアした投稿 -

(キャプションの英文の訳)

あなたは、これからもずっと僕の心の中にいます。

今までのあらゆることに感謝します、Chester。

 

 

LINKIN PARK のヴォーカル、Chester Bennington氏が死去されました。

ご冥福を心からお祈りいたします。

 

 

(追記)

 

 

 

I don’t wanna believe it. We were so excited and honor to perform on the same stage with you in US next week. And in Japan too. It was the one of our dreams to have a stage with you since we became ONE OK ROCK. We couldn’t be here without you. We all miss you so much. Always our best. Rest In Peace. 今だに信じられへん。本来なら来週から一緒にライブができるはずやったのに。。ONEOKROCKはLINKIN PARKと同じステージに立つことがこのバンドを結成してからの一つの夢でもありました。彼からたくさんの刺激をもらい、今の俺らがあります。永遠にチェスターは僕らの最高のSingerです。ただただ今はさびしい気持ちでいっぱい。ご冥福をお祈りします。

TORU ONE OK ROCKさん(@toru_10969)がシェアした投稿 -

(キャプションの英文の訳)

僕は、こんなことは信じたくないです。
僕らは、来週、アメリカであなたと一緒に同じステージに立てることに、とても興奮し光栄に思っていました。日本での公演に関しても、同じです。
あなたとライブで共演することは、僕らが ONE OK ROCK を結成してからの僕らの夢の一つでした。
あなたがいなければ、僕らはここにはいられなかったでしょう。
僕らはみんな、あなたがいなくなって、とてもさびしいです。
あなたは、いつも僕らにとって最高の存在です。ご冥福をお祈りします。

 

(キャプションの英文の訳)

あなたのご家族や、友人、バンドメンバーに、心からお見舞い申し上げます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)
同じテーマ 「ニュース」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

7/16(現地時間7/15)に行われた、ONE OK ROCK AMBITIONS NORTH AMERICAN TOUR 2017、Ohio州 Cincinnati、Bogart’sでのライブ映像が YouTubeにアップされていたので、まとめました。

次の会場での北米ツアー公演を今日(7/20)に控えて、ギリギリまで粘ったのですが、今回は全13曲中3曲の映像しか集まりませんでした。orz

 

 

Cincinnati! #oneokrock #Ambitions #worldtour

ONE OK ROCKさん(@oneokrockofficial)がシェアした投稿 -

 

05. Bon Voyage (日本版?) (一部)

 

 

09. The Beginning

 


12. We Are (海外版)

 


(終演後)

 

 

Thank you Cincinnati!!!!!!!! We hope to see you again real soon

Takaさん(@10969taka)がシェアした投稿 -

(キャプションの英文の訳:シンシナティのみんな、ありがとう!!!!!!!!  本当にすぐ、また会えるといいね)

 

セットリスト(setlist)
01. Bombs Away (海外版)
02. Taking Off (海外版)
03. Clock Strikes
04. Bedroom Warfare (海外版)
05. Bon Voyage (日本版?)
06. I Was King (海外版)
07. Hard To Love
08. Take What You Want (海外版)
(インスト曲)
09. The Beginning
10. Jaded
11. Mighty Long Fall (Deluxe Edition)
12. We Are (海外版)

(Encore)
13. American Girls
 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Takaが以下の投稿で紹介しているように、Alternative Press(電子版)が、Ambitionsのメイン・プロデューサーである Colin Brittainのインタビュー記事を公開しています。

 

 

My dude !!!!! @docbrittain http://www.altpress.com/features/entry/producer_colin_brittain_interview

Takaさん(@10969taka)がシェアした投稿 -

(キャプションの英文の訳:僕の友達の Colin Brittain の記事!!!!!)


Producer Colin Brittain explains how he topped major charts with All Time Low, Papa Roach
(プロデューサー Colin Brittainが、どのようにして All Time Low や Papa Roach のアルバムで主要ヒットチャートのトップに上り詰めたのかを説明する)

http://www.altpress.com/features/entry/producer_colin_brittain_interview

全訳している時間がないので、今回は、ONE OK ROCK の名前が出てくる箇所だけ抜粋して訳します。(ほんの数行です)


(アーティストとの曲作りや選曲には多くの手間がかかるという話題の後で)
例えば、Brittainは、Ambitionsのリリースの何年も前に、ONE OK ROCK との作業を始めていた。「僕は、日本へ何度も行って、一緒に出かけたり曲作りをしている」と彼は言う。「僕たちは2年前に東京で、このアルバムのための曲作りを始めて、そこでのセッションの中で、”We Are” や “Start Again” の曲を書いたんだ」。


今回は、All Time Low と Papa Roach や、曲作りの考え方に関する話題がメインのインタビュー記事なので、ワンオクに関しては、これだけしか書かれていません。^^;;

まだ Colinとの曲作りは続いているようですから、新作が楽しみですね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。