あるがままに・・・

角松敏生を機軸としたモノローグ


多くの方からアメンバー申請を頂いておりますが、誠に勝手ながら、メッセージの内容を拝見させて戴き、検討の上、申請をお受けすることと致しました。お送り頂くメッセージ内容はプロフィール欄をご参照下さい。

テーマ:

image

映画「君の名は。」公開から約1年になろうとしているが、今日、大変なことに気付いてしまった。

 

私は、公開から今日に至るまで毎日毎日毎日、歩きながらこれを聴いているのだ。

 

 

もちろん、5月から角松敏生の“SEA IS A LADY 2017”も聴いてますよ。

でも私のプレイリストは、「言の葉の庭」のテーマソング「Rain」からスタートして、RADのサントラ「君の名は。」から厳選したボーカル曲の4曲が続いて、その後に角松ですから。あ、これは2017年夏仕様リストね。

RADのサントラ「君の名は。」は、一年前から永久プレイリストに入りなので。

 

「Rain」は目覚めの軽いアペリティフといったところか。続く「夢灯籠」「前前前世」で徐々にテンションを高め、「デート」「片割れ時」「三葉のテーマ」で小休止。切なさMAXになったところで一気に「スパークル」してテンション限界MAXへ。そしてそのまま「なんでもないや」2連発で号泣、エンディング。

 

つまり、毎日毎日毎日、これをループしているということはつまり、「君の名は。」を約365回追体験しているということである。

 

これ、別にDVD見なくてもいいんじゃ?

だってこのサントラ、劇伴として前編バックに流れているわけで、見なくたって、音楽だけで映像がセリフが目に浮かんじゃうもの。

ちなみにセリフは、「君の名は。忘れたくない名台詞31日万年日めくりカレンダー」で完璧ですから。

 

じゃあやっぱり、DVD、見なくてもいいじゃん。

 

 

 

そこで私は、「泣いたら、そこでDVDをストップする」という課題を自らに課して、DVDを再生することにした。

つまり、涙が出たらDVDをそこでストップし、最初に戻ってまたオープニングから見るのだ。

 

さぁ自分、何回目で、泣かずに最後まで見る事ができるのか?

 

 

 

CD、再生。

 

彗星が落下するシーンから始まる。

開始60秒。

三葉のこのセリフが最初のセリフだ。

 

「朝、目が覚めると、なぜか泣いている。そういうことが、時々ある」

 

 

・・・涙。涙目

 

はい、再生終了。

最初からやり直し。

 

 

 

 

2度目の再生。

 

彗星落下シーン。

三葉の「朝、目が覚めると・・・」

こらえる。

 

電車のシーン。

 

1分23秒。

「ずっと何かを、誰かを、探している」

 

・・・号泣。

再生終了。

最初からやり直し。

 

 

3回目再生、

彗星落下、

三葉のセリフ、

瀧のセリフ、

1:48、

二人がハモる「ただ、ひたすらに、美しい眺めだった」そして流れるRADの「夢幻籠」。

 

・・・号泣。

 

 

 

まぁこれを繰り返しましてね、ここを凌げばこのシーンまでは泣かずに済むんですよ。

 

38分58秒。瀧と奥寺先輩との六ヒルデート中。

何故か三葉の目から涙がこぼれ落ちる。

 

「あれ?わたし・・・なんで?」

 

 

・・・号泣。

 

 

瀧に恋していることに気付いてしまう瞬間ですよ。恋しているから泣くんじゃなくて、泣いてるから恋なんですよ。

 

 

 

ここから先、瀧が口噛み酒を飲んでからラストまでの40分間、確か涙が乾く暇がなかった筈・・・

 

 

ラストに辿り着くまでに、私は何回冒頭シーンを見る事になるんだろうか。あぁ、こんな課題、課すんじゃなかった。

 

 

早くラストシーン、見たいよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。