きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:

9月25日 とうとう旅行も最終日。蘇州博物館を見学して、そのあと郊外のイオンモールへ。

 

博物館の前にならんで開館を待ちます。

ガイドさんによれば、

中国は博物館が無料なので、そして冷房が効いているので、現地に住む人にとって休日には格好のレジャー施設なんだ、とのこと。

持ち物の検査があってセキュリティがしっかりしています。これで入館に時間がかかる。

写真、撮ってもいいんだって。

ウンチクは忘れたけれど、ガラスケースで厳重に守られたお宝たちは「なんでも鑑定団」流にいえばすごい値段がつくだろう古さ。

    

博物館大好きな私。 今度来る機会があったら1日ずーっと見ていられる計画にしよう・・・。

 

そのあと、郊外のイオンモールへ。

おみやげやさんではありません。現地の人が毎日の暮らしの中で利用しているお店です。

上海蘇州は中国全土の中では所得水準がトップクラスなんだそうです。

それでも給与所得の上位20パーセントの人たちの平均給与を出すと113万円なんだそうです。
実は「隠れた収入」というものが存在し、その「隠れた収入」を加算した都市部世帯収入上位20%の平均年収は24万元(約304万円)なのです!

出典http://matome.naver.jp/odai/2135400724624219901

 

ガイドさんの話では、中国の人たちも自国の食料品をイマイチ信じていないところがあって日本の製品の信頼が絶大なのだそうです。

日本の製品だから絶対間違いない、みたいな。工業製品だけでなく食料品が。

だからイオンモールは人気なのね。高くても売れる。

 

そのイオンモールの中のレストラン

丼物のデスプレー。40元って、日本円だと640円。

吉野家の牛丼が27元(432円)でした。

モールには貴金属のお店も。

ダイヤモンドがずらっと並んでいました。

ユニクロもあります。

ずらっと並んでいる

女性用ベルト。199元。日本円だと3124円。

 

599元は9524円。

これって、日本のユニクロとあんまり値段が変わりないよね。

でもデザインとか色とか、どこか日本の商品と違うのよね。

 

寝具売り場の商品。

あなたなら、買う?

こういうの、中国の人は好きなのかなあ。 びっくりだ。

 

ウォッシュレット

6280元  これも決して安くないけれど、生活レベルが年ごとに高くなっていく中国、きっといずれ普及するのでしょうね。

 

これで上海蘇州の旅行のすべてのスケジュールは終わりました。

NH960便は2時間も遅れて上海浦東空港を飛び立ちました。

 

帰機内食。チキンライス

成田に着いて宿に入ったのは夜11時30分を回っていました。 疲れたー。

蘇州の宿にはなかったウォッシュレットがうれしかったな。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

9月24日②

上海から蘇州に戻って 暗くなりました。

コンデジで撮った不明瞭画像ですが、見てください。

蘇州は城壁に囲まれた古い町。そして水路が縦横に走っている。

 

往復1時間のクルージングを楽しみました。

 

川沿いの並木もライトアップされています。きれいですねー。ライトが緑色。

日本人との感覚の違いが、このライトアップの仕方なのかなあ。

わかりにくいですが、昼と同じように 橋の上にも人、人、人

私も昼にはクルージングボートを橋の上から眺めていました。

 

旧市街の水辺のお店では、夜になってもたくさんの人が楽しんでいました。

ドレスを着こんでお友達みんなに祝福されている新婚カップルもいましたよ。ウインク

 

 

クルージングのあとは、ホテル日航蘇州でバイキングの夕食です。

日系のホテルとあって、おでん、やきとり、タコ焼き、刺身、お寿司、などもならんでいて、旅行会社のそろそろ日本食も食べたくなるころだろう、の思いやりが心憎いスケジュールの立て方だと思ったわ。

 

宿に戻ったのは夜10時も過ぎていました。

こうしてハードな3日目も終わりました。

                         つづく

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月24日。 この日は上海観光です。

租界時代を彩ったヨーロッパチックのレトロな建物が並ぶ外灘地区。

 

 

写真で見たり、うわさに聞く外灘地区から、黄浦江を挟んで向かい側には、新しい現代のビル群。

やっぱり すっげー!! 

そこから歩いて・・・・・・

古城公園を横切って

 

 豫園商城を散策。いかにも中国チックビックリマーク

建物の中は、レストラン、商店、お土産屋さん、いろいろ・・・。

 この外観の建物にスターバックスコーヒーという看板が、そのギャップが面白い。

 とにかく、人が多い。

上海に観光に来た人は、きっと全員がここに来るのではないかしら。

 

豫園は古い昔の園林で、重要文化保護財指定されている。

もらったパンフレットによれば、

ここには数多い古木、明清の家具、有名人の書画、人形などなどの貴重な文化財が保存され、豊かな中国伝統文化芸術の粋が凝集している。

 

そのあとは、

この老舗の名店緑波廊

飲茶料理をいただく。

            

おいしかった!  おなかも心も大満足

 窓の外は庭園の緑と、池の向こうに外灘のレトロなビルが見えたりして。

 

食事のあとは・・・・

上海博物館

長い歴史を持つ中国の、故宮博物院に次ぐ博物館とのこと。ゆっくり1日かけて観たかったなあ。

 

上海はほんとに車が多い。

いたるところで渋滞しています。

上の写真、柵の右側も車道? なわけないよね。

以前に自転車の洪水だったのが、やがてバイクに、そして車になっていきました。車は増えるのに、道は増えないので渋滞は常態化しています。

車だけでなく、バイクも人も強引に突っ込んできます。車はそれをよけるためにクラクションをよく鳴らしています。

うるさい!

ガイドさん曰く、中国は車優先だから。 うぇー

 

これはいい、と思ったのが、

 信号に、変わるまでのデジタル時計がついていること。あと〇秒で信号が変わるよ~

信号の青の時間が短いです。うかうかしていられません。お年寄りなどこれじゃ渡り切れないだろうなぁ。

 

魯迅公園    上海市民の憩いの場ですね。みんな思い思いに楽しんでいます。

楽器演奏を披露している

カード? トランプか花札なのかな?

あれ、絶対お金かけているね。 真剣だもの。

ガイドさん、中国人はかけ事が大好きだからねー。

 

公園の中に魯迅のお墓があります。

魯迅は、仙台の今の東北大学医学部に学びました。当時の中国の情勢が、医者として生きるのではなくて、小説や評論を書くことで生きる道を選ばせた。(ウィキペディアより)

今では仙台市や東北大学と中国との間に、魯迅を通した交流がいろいろ行われています。

仙台市博物館には、魯迅の碑、魯迅の像があります。

 

                                 つづく

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月23日②

環秀山荘見学の後、その近くのレストラン(名前忘れた)で昼食の後、更に歩きます。

 

山糖街

明・清時代の再現された商店街。

ものすごく混むからスリに注意、と言われた割にはそうでもなくて楽しく歩くことが出来ました。

からの古い路地、いやこれでメーン道路かな? バイクがいっぱいで歩く場所がありません。

この狭い道に入り込むバイクや車は、みんな警笛を鳴らして人をよけさせて通っていきます。

 

花嫁さんなのかな?

 

い明時代の建物。当時のままのところはそれほど多くはない、とのことだけれど、これは古いんですって。

 

の古い建物も、修理を重ねたり、内装を最新式にしたりして住み続けられているんですって。

郊外の全く新しいアパートと比べると、旧市内のこれらの建物はとても値段が高いと聞きました。

 ん? 電線に干してある洗濯もの。どうやって干したんだろう…。

 

城門

上に登ることが出来るそうですす。

昔ながらの家にエアコンが妙に調和しています。

蘇州の中の水路は、水門で調節されています。

こんなに狭いのに車入れるのねー。

中国は車優先社会だから。免許要らないから自動車学校もないし、車庫証明も車を持つのに要らないんだよ。

 

まだ終わりじゃないの。世界遺産の庭園留園へ。

太湖石を多く使用した見事な庭。

 地元ガイドのリュウさん。

もちろん資格を持っていて、日本語が喋れて、ダジャレや冗談もうまいのよ。

おかげで楽しい旅行が出来ました。

 

ここまで歩いて、あとはいったんバスでホテルに戻り、夕食のパーティーです。

場所は、

ここ。

は?  きんたまりょうえん ?!!  すごい名前だ。

日本語で読んじゃダメよ。 添乗員さん。

結婚披露宴をやることが出来る高級なレストランですって。

 

 プロの演奏家の箏と二胡の生演奏付きの夕食会です。

この音楽だけでも中国の雰囲気満載です。日本人団体へのサービスでしょうか、北国の春とか四季の歌も演奏してくださいました。

 

この夜も豪華な上海料理の数々が並びました。たくさん歩いた後の食事ですもの、おいしかった~

そして雪花純生。

アルコール度2.5%  あんまりビールって感じしないわね。

 

そのあと中国らしいおみやげが賞品のビンゴゲームをやって大盛り上がりして・・・

旅行会社さん 今度は1等が旅行代金がタダになるビンゴにしてぇ。

あはは。

盛りだくさんの2日目が終わりました。

 

                  つづく

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月23日①

今回のツァーのメインが蘇州の旧市街を歩くこと。

蘇州は人口1千万を超える大都市。城壁に囲まれた旧市街の外側にビルが林立する現代的な市街がどんどん広がっているところ。

そのうちの城壁の内側を歩きます。

          

旧市街は水路と狭い道が続くので、車は広い駐車場に止めて、ここから歩き出します。

 

まずは拙政園  

世界遺産に指定されています。

 明の時代(16世紀はじめ)の蘇州の庭園の中でも1番大きな庭園。お客さん、多いです。

ガイドさんが曰く、雨に当たらないでめぐることが出来る回廊に作られている窓から眺めるのが風流なの。

 

の回廊の曲線、決して古いからじゃないんです。 計算された設計なのね。

るい通路の出口

丸は円満、幸せを表現むしているんだそうです。

 すばらしいこの庭園を、今は貴族ではなくて、世界中からの庶民が楽しめる、っていうのがいいですよねー。

 

次は…

 平江路

 

水路沿いの八重のムクゲこんな狭いところ、バスでは見学できません。

狭くてもお店もあるのよ。 よくすれ違えるなあ…と感心しちゃいます。

水路は今でも生活に生きています。

こで洗濯などもやったのかなあ。

 おめでとう! いつまでもお幸せに!!

 

観前街  現代の繁華街

昔はお寺の門前町として栄えたんですって。

車を締め出して、歩行者天国になっています。

 百年続く老舗っていうのが看板になるんですね。

旧市街、もちろん電気も使っているはずだから、電柱はみんな地下化されているんでしょうね。

 

お寺さん  疲れたから一休み。

ビルの外壁でも修理しているのでしょうか。 足場とか骨組みが竹で出来ているビックリマークびっくり

 

 環秀山荘

ここも世界遺産指定庭園。

 

拙政園のように大きい庭園ではないけれど、太古岩の築山と、水のバランスが素晴らしい。

 

 

蘇州は絹と刺繍で有名です。

生産された絹は水路で西に伝わっていった。

ガイドさん だから蘇州の水路はもう1つのシルクロードなんだよ。

 

環秀山荘の中には

 刺繍研究所が併設されていて、それを見学することが出来ました。

 ほそーい絹糸をひと針ひと針刺していく。

どのくらいかかるのはてなマーク

ものによるけど、2年以上かかるものもある。

一般にはほとんど出回らず、国家間の賓客を迎えた時の贈答用なんだとか。

 

拙政園にあったこれもそうなのね。

 

                     つづく

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。