きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:

森の校舎カタクリで夕食に出されたこごみのおひたし。

クサソテツの若芽。春になると、大地から身を屈めるように生えてくるからこごみと呼ばれるんですって。

17日。お土産を買いたいと思って、道の駅尾瀬街道三島宿へ寄りました。

そしたら、コゴミがパックになって並んでいたわ。。

もちろん、買ってきました。

いろいろ作った。

クローバーコゴミとカリカリ梅のパスタ

ご飯がなくて急きょスパゲティを茹でても、つい、和パスタになっちゃうのが最近の私・・。

 

和え物も。

クローバーコゴミの胡麻和え

こうやって和え物をよくやるので すり鉢が仕舞えない(;^_^A

スーパーなどに行くと、和え物の元も売っているけれど、ごりごりすり鉢で擦ると、胡麻の香りがたまらない。 すり鉢バンザイ!!

クローバーコゴミの白和え

 

天婦羅はしなかったのって?

やった。写真はないけれど。

少し多めに揚げて、それを使って

クローバー コゴミときのこの天丼

揚げ物を食べるときには、ご飯はほんのちょっぴりです。

 

クローバー コゴミとソーセージのシチュー

 

まさしく山菜の季節。三島の山はこれからは宝の山になることでしょう。

道の駅に並んでいたコゴミは、たぶん山取りではなく、ハウスで育っているものかもしれません。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


ここは畑。 パパが、たくさん餅草が出始めているよ。 と教えてくれた。

1 ほら! 日当たりがいい空地にはほかの野草と一緒にやさしそうな色のヨモギが出てきています。


そう言えば、万葉集などにも、摘み草を読んだ歌がありますよね。

昔は暖房の設備など充分ではないから、今よりずっと冬が寒かったはず。

きっと春はとても待ち遠しく、緑色が見えてそれを摘むことはとてもうれしかったことでしょうね。


そんなことを思いながらヨモギの開き始めの葉先だけを摘んできました。

昔の人だけでなく、今に生きる私も、摘み草大好きです。



さて、これからは山菜の季節がやってきます。

野草は、人に取られたくらいではなくならないほど逞しい、なんて言わないで、自然から少しだけ春を分けてもらうという気持ちで楽しんでほしいです。

たくさん取って隣近所にも分けてあげたいなんて思わないで。根こそぎ盗るのはルール違反。

車社会になり、山に住んでいない人が大挙してどっと山に入ったら、どんなことになる?

春の山歩きしていて、根こそぎもぎ取られて死んでしまったタラの木、コシアブラなどを目にすると悲しいんですもの。



摘んできたヨモギで、草餅を作りました。(^_^)v

夢中で作ったから、どう作ったのか、途中の写真なし。
2  あ~~ テーブルも床も、まわりはきなこだらけ


3 お餅の中には、栗羊羹が入っているの。

普段甘いものを食べないから、羊羹の消費作戦でもあるわね。

お餅の中にあんこなどを入れる時には、外側はきな粉だけ。

中に何もいれない時には、きな粉+砂糖+ほんのちょっとの食塩を混ぜたものそえるか、まぶします。

4 おいしそうでしょ?





写真がないけれど、よもぎの処理だけ書いておきます。

  葉先だけ積んだヨモギは、よく洗います。

  お湯をたっぷり沸かして、重曹を入れて洗ったヨモギを茹でます。

これだけ柔らかくやさしい葉っぱ今の時期のヨモギは、アクもほとんどないので重曹は無くても、いい。

これが連休過ぎるくらいになると、かなり存在感のある葉っぱになるので、重曹を使って茹で、よく水にさらしてアクを抜きます。


  茹で上がったヨモギを絞って、包丁でたたいて、たたいて、たたいて・・・・ペースト状にします。

あのね、フープロでやってみたけど×

すり鉢も試したけれど×

包丁がベストです。


沢山出来たら、冷凍しておきましょう。いつでも草餅、草だんごが食べられます。

おいしかった。また作ろうっと。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご近所さんから田ぜりをいただきました。(15日)

ドライブに出かけて、見つけたから摘んできたの。


きょうも、いただきまーす!-1 直径26cmのボールいっぱいビックリマーク

きょうも、いただきまーす!-2 田芹は、田んぼの畦に生えています。。

商品になっていて売っているセリより、丈も短く、野性的な風貌。



苦味も香りもずっと強くて、いかにも野生。

春の七草では、おなじみのセリです。


この、26cmもあるボールいっぱいになるほどに摘むには、どれほど腰をかがめてくれたことでしょう。

腰、痛くならなかったの?


しかも、すぐ調理できるように、掃除して洗って届けていただきました。

ありがとう。



熱湯をたっぷり沸かして、そのお湯の中に入れてひと呼吸したらざるにあけて、すぐに水で冷やします。

野生のものって、あくが強いからそうするのですけれど、

茹ですぎないように、水にさらしすぎないように、気をつけます。


栽培ものとはまた違って、野生そのものの癖も味わいます。



野生を味わうには、手をかけ過ぎず、やっぱりまずはそのままいただくのが大好きです。

さっと湯がいて水に取ったセリは軽く絞り、食べやすい長さに切って、器に盛って、


クローバー田ぜりのポン酢あえ
きょうも、いただきまーす!-3

しゃきしゃき、おいしいなあ・・・。 しあわせ!!



クローバー田ぜりのエスニック風のスープ
きょうも、いただきまーす!-4

生春巻きの皮が、中途半端に残っていたので、それを消費することにしました。


スープは、顆粒の中華スープのもと、ナンプラー、酒、豆板醤、最後に黒酢をたらり。

生春巻きの皮はチョキチョキはさみで切って熱くしたスープに直接入れればすぐやわらかになります。

せりも適当に切って投入。



写真を写すのにモタモタしていたから、セリの色が悪くなっちゃって、おいしそうに見えないわね。

失敗。

やっぱりスープのようなものは、煮えばなに限ります。黒酢が入ったので、とてもさっぱりしています。




今朝は、セリの卵とじにしました。

クローバーセリの卵とじ
きょうも、いただきまーす!-1

鰹だしで割っためんつゆを使って、タピオカ粉でまとめました。

ふわっふわでおいしかったよ。


ご馳走様でした。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。