きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:
蜂蜜と遠雷は、ピアノコンクールに挑む4人のコンテスタントの一次予選から本選終了までの物語。
この本が、直木賞をもらった理由を知りたかったし、色々思うことがあるので、少し書いてみます。

まずは、小説の登場人物のプロフィールがしっかり組み立てられている。
例えばコンテスタントの一人、栄伝亜夜
小さい時から内外のコンクールを制覇している天才少女。
ずっと彼女をサポートしてくれていた母親を13才のとき失う…………。
そのあと、コンサートをドタキャンするという経験をし、
暫く普通の高校生活を送る。
そのあと、浜崎
(亡くなった母親の大学同期生、。有名音大の学長)の推薦で、音大へ入る。 
現在20歳。
 
という具合。
登場人物のすべて、コンクールを審査する審査員のプロフィールまでも、全部しっかりと作りこまれている。
これが、物語の構成を確固たるものにしていると思いました。
 
そして何度も出てくる彼女の心の言葉 
でも・・・・それでも音楽は美しい。ピアノはすばらしい。
 
本選まで進み、彼女がオーケストラと合わせて弾いたのが、かつて舞台から逃げ出した時に弾くはずだったプロコフィエフの2番のコンチェルト
 
ここまで来るまでの彼女の心の動きや成長や音楽に向かう覚悟がよく伝わってきて、
作者の表現力量のすごさを思い知る。
 
 
 
曲の描写が出てくるたびにそのメロディーが頭の中をめぐる。
メロディを音符や音でなく、文章で表現するってとてつもなく難しいと思うのに、
彼女の文章はそれを難なくやって遂げる。
 
なんだ、どうして出しているんだ? まるで雨のしずくがおのれの重みに耐えかねて一粒一粒垂れているような。(バッハ平均律ピアノ曲集一番)
なるほどぉ・・・ほんとにそんな感じするわね。
 
まさにモーツァルトのスコンと突き抜けたような至上のメロディー
泥の中から純白のつぼみを開いた大輪の蓮のごとく------(この曲ははるか昔、私の入試の時の課題曲だった・・・・トリルをきれいに弾くことだけで精いっぱいだったなあ…) 蓮!?!? 
 
 
作者の恩田 陸さんの文章表現力のすごさ、完璧な構成力、読者をいっぺんにその世界に連れて行ってくれる登場人物の魅力、それすべてが直木賞につながったんだと思ったわ。
 
 
4人の登場人物のコンクール後がどうなるのか、いささか続きを読みたい気分にさせてくれるが、
4人とも、ピアノを通してこれからもそれぞれの音楽を追求していくだろうと、暗示して物語は締めくくられている。
久しぶりに一気に読めてしまう本に出会ったわ。    (2/15)
 
 
もう1つ、心を満たしてくれるもの
甘くていい香りのチョコレートは、どうしてこんなに心を満たしてくれるのでしょう。
これを作るひとが、食べる人のことを思ってLOVEをいっぱい注入するからなのでしょうね。(2/15)
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

オリンピック。そして今はパラリンピック。

連日楽しませてもらった。

選手の皆さんは金メダル目指して、年々競技レベルが上がっていくそれに合わせてモーレツな練習を重ねてきた。

強化のためにたくさんお金が使われているから、金メダルを期待されているから。

銀メダルでもみんな満足できなくて金メダル取れなくてごめんなさいとか金と銀では雲泥の差とか、試合後のコメントが心にしみる。

 

一番でなくちゃダメ?

 

そういえば、日本人は昔からまじめにコツコツ一番を目指して突っ走ってきましたよね。

明治維新後には西洋諸国に追いつき追い越せと、

太平洋戦争後には経済発展に邁進してあっというまにGNP世界2位。

 

そのしわよせが四日市喘息、公害、水俣病・・・・

 

走り続けることに少々疲れたから「世界に1つだけの花」が300万も売れるほど人気になったのよね。

 

そうさ 僕らも                                     世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ                        その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい


小さい花や大きな花                            一つとして同じものはないから
No.1にならなくてもいい                     もともと特別な Only one


 

 

とはいうけれど、若い時には

お友達と切磋琢磨して

将来に目標を見つけたら、それをはっきりと見据えて

とことん頑張ることは絶対に必要!!

 

ああ成れたらいいなあ・・・・と夢を見るなら絶体にああなってやる!と、それを確信にして

努力出来るあらゆる努力をする。

 

ああ、若いっていいなあ…。

若いころいろんなことをすいすいと苦労もしないで覚えられたのに、

今は繰り返してもすぐに忘れてしまう私・・・。ショボーン

 

 

みっちゃん、岩手のおみやげありがとうビックリマーク

目標決めたんでしょ?

みっちゃんならできる。きっと大丈夫。かならず成功する。

それを信じて頑張れビックリマーク

 

       

宮城県でも休耕田を利用して蕎麦が栽培されるようになっています。

蕎麦のために、てんぷら揚げました。

郊外に出てみると、今蕎麦の花が真っ盛りです。まるで山形県に来た気分。ラブ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝の畑。

大根、芽を出しました。

オットは自治会の行事が目白押しで忙しく、なかなか畑にまで手が回らない。

それでも冬野菜のために畑つくりを頑張っている。 腰が痛い、腕が動かないとコボしながら機械を使わないで耕すのは本当に大変だ。(尊敬)

 

 

ウォーキング途中の多賀城跡周辺は、何台も草刈りの車の音が響いていました。

 

まだ刈り取られていない草の中に… あら?

ヒガンバナ

もう咲いているんだねー。いつもの年だと、文字通り彼岸ごろに咲くのに、早い。

これだけ草だらけだったらこれも刈り取られてしまうのかな?

 

学校の農園には蕎麦の花が一面に咲いていました。

いずれ粉にして、子供たちはおいしい蕎麦をいただくのでしょうね。

いいね。こういう教育。(3日)

 

4日午後。コカリナのコンサートを鑑賞してくる。

オカリナに似た優しい柔らかい音を出す木製の笛。

そういえば、奇跡の一本松が笛になったという話題がありましたよね。

長野オリンピックの際に道路建設のために切られてしまった木から生まれた笛。

そのコカリナを子供たちがオリンピックの表彰式で演奏することで知られるようになったとのこと。

笛の大きさがソプラノ、アルトからバリトンまであって広い音域を作り、合奏もできるんですね。

 

みんな人生を楽しんでいらっしゃる。ただぼーっとはしていないね。

練習の成果は、いろいろな市や塩釜神社の行事に参加することで披露しているとのことです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の嵐は過ぎ去って、朝方金星が光っていました。星が見える。晴れるわよ~。
いい天気です。

昨日書きかけた続きです。
妹ちゃんは、誕生日がうれしくないっていうのです。

わかるけどね~。

でも、団塊の世代、大した病気もせず、子供たちに恵まれ、かわいい孫の顔を見、幸せな日々を送ることができたことは、この世に送り出してくれた両親がいて、見守ってくれている神様がいるから。
この世に存在するってすごいことだよね。

妹ちゃん。こうしてこの世にいてくれて、あなたのお姉さんになったこと、とっても幸せだよ。


昨日のラジオ言っていたことの受け売りだけれど…
いくつになっても夢と目標を持つってとっても大切だ うん、ほんとほんと。深くうなずく。


そうすると、それを実現するために、どうしたらいいか考えるし、そのための努力もすることができる。font>
うん、ほんとほんと。 深くうなずく。


これ、2012年3月29日の富士山。
1


こんなきれいな富士山を見たいから、近々会いに行くよ。

来年の目標 そりゃ北岳へ登ること。

山登りの目標があるからこそ糖尿病を発症しないでこれたと、夢と目標に感謝です。(笑)

10年後?  

1
朝食。糖尿病予防食にしては食べ過ぎかなあ・・・・。
朝はがっつり食べないと…。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

理想の老後生活 ブログネタ:理想の老後生活 参加中

本文はここから


このブログを書き始めてちょうど10年。

パパが退職して、私もパパもガラッと生活が変わったのを機会に書き始めたのです。

現役リタイアしたその時には、自分たちが老後だなんて、まったく思っていなくて、リタイア後の理想の生活を追い求めたわ。



父が遺した土地の管理を兼ねて畑を耕すこと。http://ameblo.jp/tk18412004/entry-10001166557.html


在職中にはできなかった旅行を楽しむこと。

そのために退職した年にワゴン車を買った。これで日本国中旅をするのが夢。

日本中というのはもちろんかなっていないけれど、車にキャンプ道具を積んで、北海道にも行ったし、九州の山にも登った。楽しかったなあ。

この車に友達も一緒に乗って、山歩きもたくさん行った。



社会貢献として、自治会の仕事を引き受けたパパは、今では私などより地区に住んでいる人たちをとてもよく把握していて、すっかり地区にはなくてはならない人材になっている。



私も、パパが私と一緒に旅したいという希望を持っているのを知っていたから、その時からいわゆる収入につながる仕事を徐々に減らして、ゆったりと暮らす生活になっていった。



10年なんて、あっという間。

健康に恵まれて、いろいろなことが出来たことは本当に幸せです。

だって、理想というか、生きていくうえでの目標は、すべてかなえてきたんだもの。

母を父のもとへ見送った時には、悲しかったけれど安堵もした。


次は、私の番だわ。



きっと、これからがほんとの老後ね。でも100年も生きることになったら、老後は長いなあ…。


世に言う断捨離。

断捨離ということばが脅迫のように何かしなくちゃと迫ってきます。

結婚の時、母が用意してくれたたくさんの和服を、なんとか活用したくて始めた着物のリメークも、断捨離の一環です。

頭の活性化には、何か新しいことをするのがいいと聞いていますが、着物のリメークはまさにそれにうってつけ。


1 どお? これ、羽織だったのよ。

今、真っ赤な帯をほどいています。何かになったら、見せびらかすわよ。(笑)



ほんとは断捨離は、無理してやるつもりはないのです。

だって、かたづけることは、過去や大切な思い出を片づけるようで、いやなんですもの・・・。



さて、これからどんな生活をするか。

どんな目標を掲げるか。

何を生きがいとして生きるのか。

社会の中に、自分が必要とされる場所はどこか。


老後と言っても、これから社会へ出ていく若い人たちと同じ人間。 

夢と希望、理想を忘れず生きていきたい。

サミュエル・ウルマンの青春の詩http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2480/seisyun.html

にあるように。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。