きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:


中国で出会った人 彼女、かわいいでしょう? チベット族の彼女は、顔だけ見れば、日本人と変わりありませんね。

大学2年生の日本語専攻の学生だそうです。

日本語を習ってまだ1年数ヶ月しか経っていないとは思えないほどしっかりした日本語でお茶の作法と、茶葉古道を通して山奥に伝わってきたお茶(プーアール茶)のこと、チベットの人たちにとって、お茶がどれほど大切かなど、説明してくれました。



中国で出会った人 彼は、佐藤さん。博物館に勤務する日本人。

杜甫草堂 の研究員だそうです。

観光に行った私たちに、杜甫、李白・・・専門知識を駆使して案内してくれました。


びっくりしたのはそのあと。

博物館には、その古い建物の1棟が工芸品店になっていて、まるで展示してある古い宝物の延長のように工芸品を買うように勧めるのです。

安くないんですよ。金額。簡単に200万円です、なんておっしゃるの。


博物館は、これらの工芸品を販売することで、その運営資金得るのだそうで・・・。

えーーっ!!博物館って、こんな高いものの売り場でもあったのねー。ほんとにびっくりです。



中国で出会った人 彼は、旅行中ずっと私たち一行のガイドをしてくださった将さん。


日本が大好きで、大学で日本語を専攻し、現地の旅行会社に勤務して3年目なのだそうです。

中国では、大学を卒業しても、なかなかすんなり就職が出来ないこと。

そんな中、やっと自分が思っていた仕事ができるようになったこと。きっと優秀な成績だったんでしょうね。


若いだけに、その知識にはまだまだ浅いところもあるけれど、庶民の現在の生活の様子からこんなことしゃべってもいいの?と心配するような政治向きの話までいろいろ教えてくれました。


日本に行って、もっともっと日本語を磨きたい、一生懸命働いて、マンションを買い、彼女と結婚したいというようなことまで。一般の市民からの視点でいろいろ中国のことを彼から知ることが出来ました。


将さん、ぜひいつか日本に来て、ますます日本語に磨きをかけて日中友好のために架け橋になってください。




中国は、今来年のオリンピックを控えて国中が建設ラッシュに沸いているようでした。

成都でも北京でも、あちこち工事をしていました。高層住宅が林立し、高速道路もかなり発達しています。

中国は20年前に1度来たことがあってそれ以来なのですが、特に北京はちょっと立ち寄っただけでも、もう昔とは様変わりなのがよくわかります。


観光にもかなり力を入れている様子で、世界遺産に指定されている各地でもホテルの建設が進んでいます。



中国で出会った人 工事は、名勝地、峨眉山頂も同じで、3000mの高さまで建設資材が人の手で運ばれていました。まだ朝7時です。


将さんに通訳してもらったところ・・・・

1度に約100kgくらいの重さを運ぶんだとか・・・。

空気が薄いので自分1人で歩くだけでも息が苦しいのに・・・100kgですよ。ヽ((◎д◎ ))ゝ

中国で出会った人 このかごの中は、砂。

手に持っている杖は、休むときにかごを支える役目もしていました。


何回くらい往復するの?と聞いてみました。

そしたら、ロープウエーの山頂駅から20往復くらいする、ということでした。すごいですね。




被写体が人になると、とても写真を写しにくいので、あとは写真がないのですが・・・・


観光を終えて、九黄空港から成都に戻る日。

3500mの標高の空港は気流が安定せず、結果的に飛行機は欠航になってしまいました。

欠航が決まるまで、飛行場の待合室で横になったり立てになったりしてたけど、退屈なので、売店を冷やかしに。

夜中の11時も過ぎていたその時間まで若い店員さんが働いていました。

中国語の雑誌を手に取ったら、早速彼女がやって来ました。

「!?!?!?!?」 何か言った彼女の言葉は、全く理解不能。

私「ニーハオ!」

彼女、夜も遅いのに笑顔で「!?!?!?!?」 えーい、わからん・・・。手帳を出しかかったら

「Korean?」

「no, I'm Japanese. and I cannot read this book」

お! ブロークンでも通じたかな?


彼女メモ帳をだして、中国語を教えてくれました。

書いたものを発音、ついでに発音記号も書いてくれました。

そのとおりしゃべってみました。

彼女、違うと首を振って発音。


中国語は難しいですね。なかなか彼女が満足するようには発音できません。

確か、5つくらいの単語を教えてくれたけど、今となっては何だったのか、脳みそに記録されていないのです。(ノ_・。) かわいらしかった彼女の顔は、しっかりと思い出すことができるのに・・・。

せめて、彼女の書いたメモをもらって来ればよかったな・・・。


最後に、「シェシェ ツァイチェン」お礼を言って別れました。



いろいろと難しいこともある日本と中国の間柄も、個人的に知り合う機会が増えると、また見方が変わりますね。

日本が大好きでガイドの仕事に就いた将さんや、自分の学問をより深めるために中国で研究をしている佐藤さんのような人がいることを知って、なんだかとってもうれしいです。


それから、言葉って、大切ですね。

本当に理解するには、言葉というコミニケーションツールだけでなく、文化的な背景や、歴史の勉強までかなり知らなければならないし。

自分の知らないことの多さに改めて気づき、なぜ勉強しなければならないかの質問に、答えが出た思いです。


実に壮観だった成都の朝の通勤のラッシュ。隣の国のこれからもっともっと発展していくだろうことを思わせるエネルギーを感じ、たった1週間だけど、いろいろな見聞が出来たことはしあわせなことでした。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

神様が作った奇跡、大自然からの贈り物、黄龍。

チベット高原の東端、岷山山脈、雪宝頂(5588m)を初めとする高い山を源流としています。


段々池が、標高3000mのゲートから3600mの最上池の五彩池まで、ずっと続いている不思議な風景です。

段々池の1つ1つが、うろこのような、まさに山上に登りつめる巨大な黄金の龍のごとく。(パンフレットより)


標高は、ロープウエーを降りたところで、すでに3500mあります。

水平道を歩くだけでも、息が切れます。

酸素缶を握り締めて、深呼吸しながら、約50分かけて 黄龍遊歩道の合流点につきました。


ここからは、下ってくる流れに逆らうようにのぼりの階段。わずかの階段でも、息が切れます。

ここからの標高差100mがきついきつい。



下から、大勢の人が登ってきています。彼らは、元気なんですよねー。下からずっと歩いてきたって言うのに、ダッシュで追い越していく人も・・・。でも、そんな歩き方は長続きしません。

ほらねビックリマーク あそこで伸びている人も。 かごに乗って運ばれていく人も。


黄龍古寺を過ぎて・・・ 五彩池へ着きました。
黄龍


展望台から五彩池。大勢の人が、池の向こう側を歩いているのが、わかりますか。
黄龍


五彩池は、黄龍のてっぺん。一周したあと、ここからメインゲートまで、この不思議な風景を楽しみながら下っていきます。



黄龍  黄龍中寺


ここは、チベット仏教の寺で、
黄龍 大きな金色の、鐘ではありません。マニ車です。

オム・マニ・ペメ・フムとお経を右回りに回しながら唱えると、回転させた数だけ を唱えるのと同じ功徳があるとされています。

ここは、チベット族の人々にとって、観光地というよりは、とっても神聖な場所として登って来たに違いありません。


こうりゅう

標高差600mの谷が、すべてこのような段々畑のプールのような景色なのです。


黄龍

遊歩道は、のぼりとくだりが谷の両側に別々についていて、所々のビューポイントでは上下山道の行き来が出来るようになっています。

東屋、トイレもポイントにはあって、そこでは、下っていく人に邪魔にならないようにテラスのような張り出しも設置されていました。


大勢の人を掻き分けて、ずうずうしく写真を撮りましたわ。だって、もう来れないものねー。

この景色、今度は秋に見てみたい、と思います。が・・・・

黄龍
珍しい花を眺めながら、上からメインゲートまで大体4km、標高差にして600mを、楽しみました。

ロープウェーのおかげで、登りは、標高差100mのみ、高山病の症状もなく、快適に下ることが出来ました。


これが、一番下の池。

黄龍
迎賓池。 テラスのふちに腰を下ろし、もう1度しっかりと景色を目に焼き付けました。

あー、これでおしまいなのね・・・・・・


すごい景色を見ることが出来ました。


パパと、とにかく2人とも元気で中国の、しかもこんな山奥まで一緒に来れて、本当によかったビックリマーク

神様、チベットの仏様、そしてパパ ありがとうビックリマーク


黄龍のフォトをこちらにもアップしています。ぜひ大きくして見てください
http://profile.ameba.jp/general/photo/getPhotoList.do?amebaId=tk18412004&currentAlbumId=814624

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

旅行6日目。地上の仙境と呼ばれている黄龍。チベット高原の東端、岷山山脈、雪宝頂(5588m)を初めとする高い山を源流としています。

奥山の間に隠れて、交通不便だったために、近年まで知られていなかった、とのこと。


飛行場が出来、舗装された道が出来、以前よりはるかに便利になったとはいっても、4000mを超える峠を越えないと今でも行く事が出来ないのは変わりません。



放牧  バスの窓から。ヤクやひつじがのんびりと草を食べています。

現地の人にとって、今だって牧畜が大きな生活の源なんですね。


峠 峠は厚いガスの中。雪宝頂(5588m)は、きょうも見えません。


ケーブル 去年、出来たばかりのロープウェー。

これに乗って標高3500m地点まで登ってしまいます。ちょうど、蔵王のスキーゴンドラのような8人乗りのロープウェーです。

黄龍の入山料は150元(2560円) ロープウェーの料金は80元(1370円)でした。


木道 ロープウェー上駅からは森林の中に木道が黄龍の渓谷までずっと続いています。

ほとんど平らなのに、歩くと息が切れます。ふーふー立ち止まっては深呼吸。

いきなり富士山の標高まで登ったのですから、無理もありません。

酸素缶を手に、ゆっくり花見しながら歩きました。

このロープウェーができても、下から歩いてくる人のほうが、多いように思います。


景色? それはとってもすばらしかったビックリマーク


でも、私がなんと言っても感動したのは、高山植物のすばらしさ。

なので、それを先に少しだけ紹介します。

桜草 ピンクのサクラソウ。先日蔵王で見てきたヒメコザクラ より大振りです。

これがまた、一面に咲いているの。なんてかわいらしいんでしょう。

すみれ 黄色いスミレ。

リュウキンカ たぶんリュウキンカ。

けし 黄色いケシ?

日本の山では、見たことがないわ。これも、標高3500m以上、つまりロープウェーより上と、バスで超えた峠に点々と咲いていた。

けし この赤いのは、なんという名前だろう・・・・パパは赤いケシだというのですけど・・・。


けし これは? まさか、青いケシはてなマーク



けし    :d  
茎にも葉にもびっしり毛がはえています。その毛に露がついていて、キラキラ光っています。

晴れていれば花は上を向くのでしょうか・・・。


あつもりそう キャー!!  アツモリソウだわ。日本では、自然状態ではなかなか見ることが出来なくなってしまったの。

これがごろごろあっちにもこっちにも咲いている・・・。

3年前、礼文島で見たけれど、あそこでは大切そうに少しだけ。


3zmlc4 やっと開き始めたばかりの横顔を木道に寝たばり、腕を伸ばして撮ってみました。

こんにちわ!  はるばる日本から見に来てくれて、ありがとう! と挨拶をしていただいた気分。

あつもりそう 黄色いアツモリソウだけでなく、こんな赤いアツモリソウまであったのよ。

流れのふちに点々と咲く赤と黄色のアツモリソウ。

私も、こんなにきれいに咲いてくれてありがとう! とお礼の挨拶、しました。




これらの貴重な花達が、観光客の多さにめげず、日本の山のように盗掘に遭わず、踏みつけられず、いつまでもたくさん咲き続けてほしいと、切に思ったのでした。


黄龍で出会った花達を、こちらにアップしました。ぜひ大きくして見てね。

http://profile.ameba.jp/general/photo/getPhotoList.do?amebaId=tk18412004&currentAlbumId=258570


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

旅行5日目。いよいよ九寨溝のハイキングの日。

九寨溝は、チベットの人たちの村が9箇所この地域に点在していた谷、ということから名づけられたのだとか。

elh@a 入り口。

キャーすごい人の数!! 大型の観光バスが駐車場にはたくさん並んでいます。さすが中国でも一番の人気観光地だけのことはあります。あまりの人の多さにびっくりです。


入場料は、180元(約3100円)。

普通のサラリーマンの平均月収が、1500元といわれる中国の人たちにとって、決して安くない金額だと思うけれど、観光客の8割以上は中国の人と見た。

ここからPOS管理された入場口を通って、クリーンカーに乗り換えました。


九寨溝は最奥の長海から入り口まで33km、Y字形の右側の谷、日則溝が18kmあります。木道の長さは、60kmにもおよびます。

谷に沿ってグリーンバスに乗って移動ができ、好きなところでバスを降りてハイキングを楽しむことが出来ます。



旅行会社では、この人の多い場所で参加者の迷子を心配してか、グリーンバスを1台借り切って細かく時間を区切ってのハイキングでした。ほんとうは、2日くらい泊まっていてゆっくり全部足で歩いてみたかったわねー。


列を作って歩いていても、たくさん人が追い抜いていくので、我々の列の間には中国語、ハングル?などの歓声が飛び交っています。


青い湖 五彩池 

なんてきれいな青なんでしょう!! テレビで憧れたとおりのブルーをこの目で確かめることが出来て、幸せビックリマーク


滝 珍珠灘瀑布

「九寨溝の水を見たら、ほかの水を見る気にならない」と地元で自慢するのも なるほど、かな。



樹正群海 樹正群海

木が生えている森の中を自由に流れを作っている風景って、どんなに九寨溝の成り立ちを聞いてもとっても不思議です。


九寨溝は秋が一番、といわれていますけれど、豊富な水の色がこの上もなく美しいだけでなく、たくさんの高山植物が咲き、グラデーションの緑色がすばらしく、今の時期だって最高です。



tded)4 一番奥、長海のそば。貸衣装屋さんが 盛んに美しいチベット民族衣装を着て記念写真を撮ることを勧めてくれています。

結構みんな面白がって写してもらっていましたよ。


そのほか、たくさんのチベットの人がこの中で働いていました。



たくさん写真を撮ってきました。花の写真も含めて23枚フォトアップしましたので、ぜひ大きくしてみてください。

http://profile.ameba.jp/general/photo/getPhotoList.do?amebaId=tk18412004&pageNo=1&currentAlbumId=258569





ホテル街には地元の人が営むお土産を売る店が立ち並んでいます。

店の装飾 店の扉はチベット独特の装飾がされていて、建物の入り口は、自動扉もついていました。(@_@)


チベットの民家 経文がびっしり書いてある旗が家を取り囲んでいるチベットの人の家。

我が家と比較してみて、はるかに大邸宅です。

この車から降りてきたのは、子供を2人連れたお母さんと、多分お父さん。

一人っ子政策を取っている中国で2人つれてるし。

うわお! 乗用車を運転してるし・・。


九寨溝は、農業と牧畜で生計を立てていた地元の人たちに、をもたらしているようです。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

九寨溝 黄龍は、中国四川省の一番の奥、チベット高原の東、岷山山脈の山中にあります。


NHKテレビで紹介されたのを見てから、ぜひ行ってみたい、と言う願いがかないました。



旅行3日目、

成都から飛行機に乗り込み、着いた九黄空港は、標高3500mあり、ラサ空港に次ぐ標高の空港です。出来てからまだ4年なのだそうで、とっても立派。

ほんとに、こんな寂しい山奥によくこんな飛行場を作ったわねー、びっくりです。



中国の人にとっても、九寨溝 黄龍は憧れの観光地。掲示を見ると、西安、成都、重慶などから1日に何本も飛行機が飛んでいます。

しかし、いきなり標高の高い土地に飛んできたので、少し歩いても息が切れます。ヒーコラヒーコラ・・・・・・はあはあ・・。


あらら、これで歩けるのかしら・・・。


深呼吸を何度もやってヨタヨタと日が暮れ始めた外へ出ました。雨が降っていました。



バスに乗ってついた九寨溝には、なんと!! すごいホテルがたくさん建っているのです。

それにはびっくりしました。さらにまだ建築中のホテルも。

ガイドさんの話によると、飛行場が出来たことで簡単に大勢人が入れるようになり、それを当て込んで急激にホテル街がふくらんでいる・・・・とか・・・。



その、山の中とは思えない立派なホテルに泊まって、次の日の朝。


バスに乗って神仙池へ。


神仙池は、1日の入山者の数を制限している一般公開がはじまったばかりの新しい観光地です。

ガイドブックにもまだ私の知る限り、紹介されていません。


この景色を見るために、4000mの峠を越える自動車道が作られました。


しかし、前日までの雨で、この道路にあちこち石ころが落ちていたり、土砂崩れの場所ができています。

無理もありません。急な山肌を削り、道路を作ったのだから。

バスに、シャベル、スコップを手にした現地、チベットのひとたちが一緒にバスに乗り込んだのも、納得です。。


神仙池へ しかし、怖いですね。こんなデカい石が降って来たら確実に死にます。

クワバラクワバラ・・・。

神仙池へ 若いチベットの女性も、この道路を守るために、箒を手にしています。

道路が土砂崩れでふさがっていても、観光客のためにこうして現地の人々が直ちに石や土砂を取り除いて道を守り続けているんですね。

感謝感謝。

日本だったら、確実に通行止めになるところだろうな。



峠 やがて・・・4000mの峠を越えて・・・

すごい高度感。峠にはいろいろな花も咲いていました。残念、5500mを超える岷山山脈の高峰、雪宝頂はガスの中。

今度は、神仙池に向かってガーッと山を下ります。



山を下った谷間には、周りの風景に溶け込むような立派なレストハウスが。


神仙池へ ハイキング開始場所までは環境に配慮したグリーンバス(電気自動車)が使われていました。


神仙池 まるで、棚田みたいに,段々の池がつながっています。

水が何でこんなにもきれいなのか、不思議なほど透明です。


神仙池 入山の人数制限をしているだけあって、ゆったりと、静かな山歩きが出来ました。

ミニ黄龍といわれている神仙池をあるいていたら、ますます九寨溝 黄龍が楽しみになってきました。



大当たりだったのが、高山植物の多さです。

http://profile.ameba.jp/general/photo/getPhotoList.do?amebaId=tk18412004

本当によかったわ。



d)^@. さて、土砂崩れを起こしていた道路は、宿に戻る午後には重機が出動していて、きれいになっていましたよ。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。