きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:

23日

朝、雪。山形に近い内陸はまだまだ冬の気配です。予報は晴れですが。

食事のあと朝9時30分に宿を出ました。

間欠泉もオープンしていない、スキー場は閉鎖してしまった観光オフシーズンの鬼首へドライブしました。花淵山をぶち抜いて新しくできた鬼首バイパスを、まだ通ったことがないという弟に見せたかった。

山は真っ白です。雪がやんで晴れてきた空と雪山のコントラストが素晴らしい。

周りをぐるりと山に囲まれたカルデラ地形がよくわかります。

 

正宗公が、ここを軍馬の育成に使っていた、というのがよく理解できます。

間欠泉の入場はまだ営業が始まっていないのでできないけれど、お客さんを迎える準備に一生懸命の様子でした。

 

鬼首をあとにして県境をちょっと越えて山形方面へ。堺田駅へ行きました。

封人の家はがっちり冬囲いされたまま。

 まだまだ雪の中の堺田駅。

無人駅。

 

ここは分水嶺があるとのこと。

流れの前に、こんな石碑が建っています。

これが分水嶺。

この小さな流れがここで右と左に分かれます。右は太平洋へ。左は日本海へ。

私ね、堺田が、芭蕉が歩いた道というだけでは満足せずに、ここが太平洋と日本海を分ける場所だと、観光の素材にしようという山形の人たちの情熱というか、観光素材の発掘に努力されていることに感心してしまいます。

 

そのあと、日帰り温泉施設のしんとろの湯。

 鳴子は泉質の違う温泉がたくさんあることで有名で、ここの温泉は肌がとろりとぬるぬるする不思議な温泉です。

よくあたたまり、いいわよ~。

 

夫はもう1泊するので鳴子温泉に送り、

私と弟はあ・ら・伊達な道の駅へ立ち寄りました。

おみやげに、ゆきむすび、ささ結びのお米と、特産の野菜などを買って帰りました。

これもね。あ・ら・伊達な道の駅が企画したビール。

正宗公の長男秀宗公が宇和島藩の初代藩祖になった関係で、宇和島市と岩出山は姉妹都市提携をしています。

旧岩出山町と当別町は、明治維新のおり仙台藩御一門岩出山伊達家並びに家臣団によって当別町が開拓されたという関係で姉妹都市になっています。

このビールは宇和島のブラッドオレンジ、岩出山の米、当別町の大豆で作られたビールなのだそうです。

ピンク色の、まろやかなとてもおいしいビールでした。

 

 

 文化センターで山岳会の役員会に出席。

次年度もろくに登山が出来そうにない。結局役員は次年度も継続という事になった…。

役に立たない私なのに、どうしようかなあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんだか、毎日書くはずだったブログが、忙しいこともあってなかなか書けない。

以下、自分の忘備録として残しておきます。

 

21日。連休中のいい天気とは打って変わってどんよりとした曇り空から雨になった。

T デイサービスセンターへ。コーラスのメンバーみんなで歌のボランティア。

最後に

通所している利用者さんの中に、この日に94歳の誕生日を迎えた人がいて、全員でhappy  birthdayの歌で盛り上がる。

大喜びしてもらった。いくつになっても誕生日お祝いは嬉しい気持ちになりますね。長生きしてください。

 

 

22日、鳴子温泉に1泊で出かける。

 弟夫婦といっしょの予定が、弟の連れ合いが、急きょこの日に入院してしまい、3人で行く。

 

途中で有備館http://www.city.osaki.miyagi.jp/index.cfm/24,1150,108,234,htmlへ立ち寄って。

有備館の目の前には駅が出来ました。 岩出山には仙台に移る前の若いころの正宗公が暮らしたのです。

この像は有備館駅前にあります。

 

 

地震のあと壊れた建物の修復がされていました。上のリンク先には、修復の様子も公開されているので、ぜひ飛んでみてね。

修理がなった釘隠しの飾り金具。竹に雀紋。

 

出来上がった建物からぜひ庭を眺めたい。

そのあと、広い池を持つ回遊式庭園をひとまわり。

まだ冬枯れの風景だけど、その中で紅梅がひときわ目立っていた。

 

鳴子温泉ますや

リニューアルオープンしたばかり、設備もよくて、バイキング形式の食事もとても満足できるものでした。

温泉? そりゃ鳴子ですもの、アルカリ硫黄泉のとてもぽかぽかするいい温泉だったわ。

宿の支配人さん曰く、おかげさまで本日も満室です。ですって。

全く観光シーズンじゃないのに、すごいですね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私がここの断崖の上に立つ六角堂のことに興味を持ったのは、3、11の津波で流されてしまったことが、地震の混乱の中で報道を続けた河北新報に乗ったカラー写真で知ったことでした。そのあと、再建されたことも知りました。

 

ここを見てみたい! 

帰り道の高速道路を降りて 北茨城市五浦へ。

ここは岡倉天心が暮らした場所。六角堂は彼が設計したとのこと。

 

どうして天心の遺構を茨城大学が管理することになったのかは、こちらをご覧ください

 

車を駐車場に入れ、まずは

天心のお墓におまいりして。

長屋門(登録文化財)で受付をして入場。

 

天心の弟子だったウォーナーの像。

彼は五浦のここで天心に日本美術の薫陶を受け、

太平洋戦争の時、アメリカ政府に京都、奈良を爆撃対象から外すことを進言したという事です。

 

断崖に立つ六角堂を目指して階段を下りていくと…・・・目の前は断崖に広がる海。

2羽のウミウ

1羽が羽を広げて飛び立つ。 こういうの撮れるとうれしいわ。

風が強く、あおられて飛びにくそう。

さらに階段を下りていくと・・・・

 風は海に大きな白波を生じ、六角堂をさらった津波を想像させます。

再建された六角堂。すごいところに建っているわ。

 天心が暮らしていた家。

これも登録有形文化財指定されています。前庭は石や植え込みではなく、芝生が広がっています。芝生は、ボストンからわざわざ取り寄せたんだそう。

3、11の津波は六角堂を飲み込んだだけでなく、この庭も襲ったとのこと。

 

六角堂の海の向こうには五浦観光ホテルが建っています。

六角堂をこのホテル側から眺めたい。

 

そう思って、ここで昼食することにしました。  サクサク熱々の海老天が乗っているお蕎麦。

まさか写真だけ撮りたいとは言えないよね。

昼過ぎていたので、太陽が当たっていない。

 

 

 

おみやげは南相馬鹿島SAで買う事にしました。常磐道、SA内のお店はできたばかりです。

ここで買い物するのは被災地支援になるっちゃなあ…と思ったの。

放射能? きちんと検査しているっていうし、心配したらキリがないし。

 

   

真新しいSA。             相馬野馬追の等身大フィギュア。 

パンフレットもたくさんおいてありました。

これから観光に力を入れていきたいという意気込み、感じられます。

 

     

浜通り地方だけでなく、福島ならではの商品がたくさん並んでいました。

 

帰ったらすぐ役に立つように、ミルキークィーン(米)、トマト、ブロッコリーなど野菜少し、桃のジュースの缶詰・・・・・・買って帰りました。

 

 

反省点が1つ。 

せっかくアンコウの旬で、それをおいしく食べられる土地に旅行したのに食べないでしまったこと。ショボーン

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

22日は山から下りた後、

こちらの温泉ホテルに宿泊しました。

筑波山神社のすぐそばにあるホテル。この場所は山の中腹なのでしょうか。

7階の露天風呂から眺めた夜景イルミネーションです。

 

 

 夕食の献立

 

22日は学校は終業式だったのね。

 

ホテルは宴会場が満杯。

先生たちが忘年会を楽しんでいました。歌ったり踊ったりにぎやかです。

宴会の場でもお互いを○○先生って呼んでいるから身元バレバレ。

ご苦労様でした。 ゆっくり歳末を楽しんで、学校が始まったらまた生徒たちに一生懸命向き合ってほしいです。

 

食べきれないほどのご馳走。

家庭の主婦にとって、上げ膳でご馳走が出てくるのは最高の骨休みですし。

    

ふう・・・・。ご飯には青唐辛子味噌が乗っていて食欲を誘ってくれる。おなか一杯なのになぜだか入るんだよね。

でもさすがに・・・・・デザートはもう・・・・・

 

 

雨風が強く荒れた夜が明けて23日朝です。

この風で糸魚川ではたくさんの家が燃えたのね。

お見舞い申し上げます。

 

一面の雲海。

きれいだなあ・・・。下界は真っ白い綿に覆われているみたい。

天気になるかもしれない予感。

部屋のガラスに貼ってあった同定のためのシール。は? 富士山が見えるのねー。

晴れてくれ!

 

バイキングで私がチョイスした朝食。鮭が甘塩でおいしかったな。 

味噌汁、もっと出汁が効いてて塩気が少なければよかったのに。

いつもと比べると、絶対食べ過ぎ。

 

おー!!  晴れてきた

富士さ~ん!!

ズーム!!  女体山の山頂から見たかったな…。なんて、今更言わないわ。

必ずまた登りに来るから。

 

やっぱり富士山 love!!ラブ

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

11月22日(木)

朝。水戸は前日の天気とは打って変わって雨。 うっそー!!

天気予報じゃ朝から雨降るって言っていなかったじゃない。ショボーン 予報は悪い方にむかっている。

この日は筑波山に登る計画。しかし降ったらそれでも山登りをするという根性は持ち合わせていない。

 

笠間へ焼き物を探訪しに行くことにしました。

笠間市には笠間芸術の森公園があって、その中に茨城県陶芸美術館が建っているのです。

ここを見てきました。

 

茨城県出身の板谷波山をはじめ日本の近現代陶芸界に置いて優れた業績を残した文化勲章受章者や人間国宝の作品などを観ることが出来ます。

 

陶芸の美術館は九州には規模の大きい美術館はあっても、東日本にはこの美術館だけなのだそうです。

地元ゆかりの板谷波山 松井康成 の多くの収蔵品だけでなく、濱田庄司の大鉢、柿右衛門の花瓶、金城次郎の魚の絵の大皿など、すごい数の名品が並んでいました。

 

美術館には、地元の食材を笠間焼の器で楽しむことができるレストランもあるんです。

これは食べてみたかったけれど、まだ11時前ですもの、食べるの我慢です。

 

ミュージアムショップもあります。人間国宝の松井康成さんの練上湯呑 や壺も私から見たらすごい高額で売られていました。

その隣には、2000円程度の笠間焼のコップ、特別展に合わせた図録などもあって、眺めるだけで楽しめました。

 

くわしくは、ぜひ美術館のHPをみてほしい。 

 

毎年、春のGW期間中に、この美術館のある笠間美術の森公園で笠間の陶炎祭(ひまつり)が行われるとのこと、このお祭りを見がてらこの美術館をぜひまた訪れたいものだと思いました。

 

      

そのあとは笠間稲荷神社へ参拝。

狛犬ならぬ狛狐

町のお店には 稲荷ずしがお客さんを集めています。

神社でも門前町も、お正月の準備に追われていました。 やっぱり師走なんですね。

 

さて。天気曇り。でも、時折真っ黒い雲からザーッと雨が落ちてくる。そのすぐ後には太陽が顔を出す。

天気も猫の目のようだけれど、私の気持ちも筑波山に登りたい、いや無理はしない方がいい、と揺れる。

左手に筑波山に続く加波山などの山々を眺めながら、どうしようと迷う。

 

筑波山神社到着。つつじケ丘から女体山までのロープウェーは強風のために運航中止になっていたけれど、ケーブルカーは動いている。

                                             続く

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。