きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:

8月8日。

この日夜、風が強かったの。テントがうなり声をあげていて。つぶれそうで。

台風5号の影響は青森まではまだ来ていないはず・・・。

満月がとってもきれいに見えているし。

前日と違って、青森市内、よく見えているし。

 

でも、風が強いので朝食のために火を使うのはやめました。

直火ではなくてガスボンベだけれど。

孫たちに理由を話してキャンプは撤収することにしました。

 

マゴ④リカちゃんはキャンプの経験が豊富なのでペグを率先して抜いて、テントのたたむのもよくできて、頼もしい。

マゴ③かっちゃんはテントの中の荷物の運搬など、テキパキとやってくれる。キャンプ場の朝は涼しすぎるほど涼しく、おじぃのウィンドブレーカーを着て動き回っている。

マゴ①みっちゃんはやっぱりお姉さん。年下の二人のことをよく見ていてくれて的確に言葉をかけたり、ほめたり、抱きしめたり。

 

さあ、忘れ物はないかな?  まだ朝6時前です。

  

お世話になりました。また来ます。

 

モヤヒルズは青森市内より標高が高いから風があるのでしょう、市内に降りたらもう風はありません。

いい天気です。

 

 

三内丸山遺跡に寄って歴史のお勉強はどぉ?

いや。施設が開くのは早くたって9時でしょう?  台風の影響がまだたいしたことがないうちに帰ったほうがいいと思うよ。第一、我々はろくに眠っていないのに運転もしなくちゃならないんだよ。

よし。だったらおいしい岩手牛でも食べて帰ることにしよう。

そうしよう。

大切な孫たちを無事に家に届けることが、今一番の仕事だから。

 

 

マゴたち、朝早く起こされたからね、車に揺られてずっと眠ったまま。気持ちよさそう。

夫は、私に運転させてくれません。私、信用されていない。ショボーン

 

 

 

岩手山SA到着。 レストランで朝ご飯と昼ご飯兼用ですわね。

マゴ④リカちゃんは天婦羅うどんセット       一体どんだけうどんが好きなんじゃぁ

マゴ③かっちゃんはいくら丼セット        うわ! おいしい選択だ。

      リカちゃん、私いくらは食べられないから食べなくてもいいんだ。  

      なるほどね。

マゴ①みっちゃんはヒレカツセット        

    彼女曰く   デブの道まっしぐらだねー。   だって。

おじぃ&おばぁは

 野菜たっぷり味噌ラーメン

 

けっきょく誰も牛肉は選びませんでした。

 

 

 

2泊3日、いつも離れている孫たちとじっくり付き合うことが出来て、楽しい旅でした。

彼らの目覚ましい成長ぶりに接し、頼もしく思ったじぃばぁでした。

 

そして事故もなく無事に帰宅できたことで何よりほっとしています。

 

 

♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*

 

 

台風が通り過ぎても天気が持ち直しません。気温が低いです。

11日山の日も霧雨でした。今朝も朝から雨が降っています。

変な天気だねー。

テントを広げて乾かすこともまだ(ノ_-。)

 

夫とはこのテントを使ってまた旅行が出来たらいいね、と話しています。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

8月7日午後3時。

春に立佞武多の館に寄った時、ぜひぜひ本番も見たいと思ったの。

立佞武多の館では、出陣するねぶたたちが出番を待っているところでした。

 

     
     

立佞武多の館に入っている大型のねぶたのほかに、組ねぶたや小型のねぶたが20台くらいあって、それはそれは圧巻、圧倒、けして青森のねぶた祭りに引けを取りません。すごい!!

 

          

 

こが立佞武多の館。地上6階。ここの建物のガラスの扉が開いて立佞武多が出陣するのです。

 こうやって、建物のガラス面が下から上まで全部開いて出陣するところがぜひ見たかった。

まさに圧巻ビックリマーク 沢山の人手で出されます。

 

 こんなものすごい顔のねぶた。山姥だって。 yamanbaはこんな顔していませんよ~(笑)

 ものすごくでかい。このお祭りのために、五所川原市では電線など地下化したと聞いています。

 待ってましたビックリマーク 出雲阿国

ヤッテマーレ ヤッテマーレの掛け声で。

 キャラクターはよく知らないけれど、子供たちが大喜びのねぶた。こういうキャラものもねぶたになるんだねー。

の、大太鼓の体の上から足まで響くような音がすごい!! まさに圧倒

 青森のよりは小型だけれど出来は決して引けを取りません。

五所川原高校のイカりん

かわいい!  ご当地キャラなんでしょうか。

まつりには、大勢の高校生たちが参加していました。

ねぶたを製作し、ヤッテマーレ ヤッテマーレの掛け声で踊りまくり…

 

昨日書いた記事に、いただいた青森県出身のにゃあさんさんhttp://ameblo.jp/necodono/

のコメント

ねぶたを作ったこともあります、これは学校行事。
祭りに洗脳されて育つのかも、青森県人。

 
そうでしょうねー。高校生たちが作ったねぶた、素晴らしい。そして立佞武多まつりにかける意気込みがすごい! お囃子も踊りもすばらしい。もはや彼らは祭りの主役でしょう。
高校生たちは、五所川原市の大切な宝だわ。
 

五所川原農林高校のねぶた

五所川原農林高校のねぶた

 

 

人口が減って、どうやったら衰退させないで元気のいい町が作れるか、は、きっと過疎に悩む多くの地方自治体の共通の悩みだと思います。

ここ五所川原市では、米、りんご、十三湖のシジミだけでなく、工業団地に工場を誘致し、

旧市街地の区画整理(道路拡張、アーケード撤去も並行して行う)を行い、

第三セクター方式で商業施設を経営し、市全体の衰退を引き止める努力を続けているのだそうです。立派ですねー。

 

過疎の問題は小さな自治体の小さい努力だけでは解決しないけれど、

このお祭りは街に活気を呼び込むためには大きな力になっていると思いました。

 

 

 

帰りも時間がかかるので道が混まないうちに高速に乗ってキャンプ場へ戻りました。

この日は青森ねぶた祭最終日。まん丸のお月さまに、連続で打ちあがる花火も車から楽しみながら戻りました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月7日の朝のキャンプ場。

 このとおり。

マゴ達に見せたかったここからの景色は全く見えません。が・・・この日もいい天気の予感。

以前にもこのキャンプ場を利用したことがあって、青森市内、陸奥湾、津軽半島、そして山々・・・・晴れればよく見える素晴らしい立地に感激したのです。

 

この日は五所川原の立佞武多まつりを見る予定です。

まつりは夜なので、キャンプ場での朝食をゆっくり楽しみました。

 

まずは、今年の田んぼアートを見せたかった。。田舎館村の道の駅の隣。

たまに2両編成の電車が通る弘南鉄道の駅

なんと! 駅の名前が田んぼアート駅

ホントは何という名前だったのか気になってグーグルマップを見てみたら、やっぱり田んぼアート駅。

 

ぐるっと見渡せる展望台に上りました。

私のカメラでは全部収まり切れません。

カメラを左にふって登場キャラクターを全員収めました。

 

田んぼアート、やっぱりすごいです。

 展望台は四方をぐるっと見渡せます。 回ってみました。   田んぼアートだけでなく、楽しめるように、こういう石を並べた絵が、

 

 ダイアナさん絵の向こうに電車が走っていくのがわかる?

 

 田んぼアートを描いている稲。

こういう色の稲もあるのねー。

 

 

それから・・・・富士見湖パークへ。 鶴の舞橋。

つがる富士見荘で優美な鶴の舞橋を眺めながら昼食をいただき、そのあと、みんな一緒にこの橋を渡りました。

湖は春に来た時より、かなり水位が下がっています。

富士見湖は、ため池ですものね、つがるろまんとか、青天の霹靂などのおいしい銘柄米のために使われたのでしょう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

青森市モヤヒルズキャンプ場 電源付きオートサイト

お気に入りのキャンプ場です。  

 2泊3日の住まい。

 孫たち3人+おじぃとおばぁ。

ねぶた祭りは夜だけど、駐車場が気にかかるから早めに出かけました。

 

 明るい時間からハネトの服装の人たちがたくさん行き交います。

 祭りの準備が始まりました。

私たちは交通規制が敷かれている道に陣取りました。

段ボールの敷物を敷いていた地元の人(たぶん)がここに座って! とスペースを空けてくれました。

うれしい! 青森の人たち、親切ね。ありがとう。

 

 ラッセラー ラッセラービックリマーク

ハネトは、乳母車に乗った小さい人、幼稚園くらいの子から大人、年配の人まであらゆる人が参加しているみたい。

こんなに小さいうちからバシッとハネトの衣装で毎年参加してきたら、立派なハネトに育つわね。

市長さんや議員さんもハネト衣装にタスキをかけて見物している人々に挨拶しまくっていました。

市長さんには、手を振って挨拶しましたよ。来年は私もハネトの正装で、ハネたい。

 

 うん。

やっぱりハネトの衣装でハネなくちゃ、気分出ないものね。

 

私は桜の季節に青森に来て、ねぶたの家・ワラッセに立ち寄りました。

http://ameblo.jp/tk18412004/entry-12271196473.html

 

展示してあるねぶたを見て、そこで太鼓をたたかせてもらい、ラッセラーラッセラー ラッセラッセラッセラーのかけ声とともにハネトの練習をやったの。

 

これはもう、実物を見なくてはビックリマーク

 

笛と迫力の太鼓と両手に持っている鐘、みんなのラッセラーラッセラーの掛け声が一体になっていやがうえにも祭り気分が盛り上がります。
 

マゴ①みっちゃんは吹奏楽コンクールで青森に来たことがあって、ねぶた祭りをその時に体験して、またこの祭りが見たい、と。 血が騒ぐリズムと音をまた体験したいと。

 

マゴ②マナちゃんはお勉強に忙しい受験生で来れなかったのが、おじぃおばぁにとっては残念だけれど。

マゴ③かっちゃん、背が伸びて大人びてハンサムに育ちました。さすが中学生。

おしゃべりが楽しかったな。難しいことをいうのよね。人生についてしゃべったんだよ。 

何事にも一生懸命取り組んで、周りの人々に感謝を忘れないこと。それが出来れば楽しい人生が送れるね。また ねぶた見に行く? 

マゴ④リカちゃん。ちょっと見ない間に何でもできるようになりました。的確に判断して行動ができます。

手がかからなくなって、おぱぁはちょっと寂しかったりして。てへぺろ 

キャンプに持って行ったマシュマロの、おいしい食べ方を教えてくれました。

 

やっぱり動かないねぶたと違って、にぎやかなお囃子、たくさんの踊る人を引き連れて動くねぶたは爆発するような迫力で、すごいですねー。

私、ねぶた病にかかりそう。来年もぜひ来たい。

 

マゴ③かっちゃんに感想を聞いてみました。

何といっても、踊っている人たちの熱と迫力がすごいと思った。

そうだね、ずっとハネるのは汗だくで大変そうだ。 

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

あのねあのね。米沢の食と言ったら何を思い浮かべる?

なんてったって米沢牛でしょうか。

ワイン、日本酒、

お蕎麦、そして米沢ラーメン、

 

それから「なせば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」の言葉で知られる上杉鷹山公を忘れてはいけませんよね。藩政改革をやったことで有名ですよね。

鷹山の業績の一つが「かてもの」と呼ばれる凶作への備え、食べられるものを広く研究し、その食べ方、貯蔵方法などを書物としてまとめ、領内に広めたのです。

これが今でも郷土料理として伝わっているのだそうです。私ね鯉の甘煮は食べたことがある。

観光パンフレットには、おいしそうなお店がいっぱい乗っている。

 

 

昼。 

ね、米沢の郷土料理のフルコース、食べようか。

それとも、今日は土用牛の日だから、米沢牛のステーキにする?

 

夕食にはウナギを食べるんだろう?

だったら昼は米沢ラーメンに決定!

 

 

上杉城史苑のすぐ近くのラーメン屋さんに入りました。

冷たい、キンキンに冷やしたおいしいラーメンをいただきました。 氷の上に冷やした麺と具が乗っていました。冷やし中華じゃないよ。

鶏ガラと煮干しのだしが効いていて、半分透き通っている縮れた麺の冷たいラーメン。 分厚くて大きなチャーシューが乗っていました。

このラーメン、そのうち再現してみようと思います。←やる気満々

 

写真はありません。カメラは持っているのに、おいしいものを目に前にするとつい忘れる。

 

 

そのかわり、牛ではなく、ウナギを食べた夕食の写真を載せておきます。てへぺろ 特大のウナギ

 夕食

クローバーウナギのかば焼き

クローバー大根の桜漬け

 クローバー昆布、筍、人参などの煮物

クローバー夏野菜の盛り合わせサラダ

紫蘇、紫キャベツ、トマト、カボチャ

 

 

雨の中、長距離の運転してくれたパパ、ありがとうございました。

隣の県といっても、米沢は遠いわ。 

高速道路沿いには色とりどりのムクゲが咲きそろっていたし、ヤマユリがずーっと揺れていました。 夏だ。

あの冷たい米沢ラーメン大当たりだったからあれを食べるためにまた米沢へ行こうっと!!

 

                                        米沢の旅はこれでおしまい。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。