きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:

青森市モヤヒルズキャンプ場 電源付きオートサイト

お気に入りのキャンプ場です。  

 2泊3日の住まい。

 孫たち3人+おじぃとおばぁ。

ねぶた祭りは夜だけど、駐車場が気にかかるから早めに出かけました。

 

 明るい時間からハネトの服装の人たちがたくさん行き交います。

 祭りの準備が始まりました。

私たちは交通規制が敷かれている道に陣取りました。

段ボールの敷物を敷いていた地元の人(たぶん)がここに座って! とスペースを空けてくれました。

うれしい! 青森の人たち、親切ね。ありがとう。

 

 ラッセラー ラッセラービックリマーク

ハネトは、乳母車に乗った小さい人、幼稚園くらいの子から大人、年配の人まであらゆる人が参加しているみたい。

こんなに小さいうちからバシッとハネトの衣装で毎年参加してきたら、立派なハネトに育つわね。

市長さんや議員さんもハネト衣装にタスキをかけて見物している人々に挨拶しまくっていました。

市長さんには、手を振って挨拶しましたよ。来年は私もハネトの正装で、ハネたい。

 

 うん。

やっぱりハネトの衣装でハネなくちゃ、気分出ないものね。

 

私は桜の季節に青森に来て、ねぶたの家・ワラッセに立ち寄りました。

http://ameblo.jp/tk18412004/entry-12271196473.html

 

展示してあるねぶたを見て、そこで太鼓をたたかせてもらい、ラッセラーラッセラー ラッセラッセラッセラーのかけ声とともにハネトの練習をやったの。

 

これはもう、実物を見なくてはビックリマーク

 

笛と迫力の太鼓と両手に持っている鐘、みんなのラッセラーラッセラーの掛け声が一体になっていやがうえにも祭り気分が盛り上がります。
 

マゴ①みっちゃんは吹奏楽コンクールで青森に来たことがあって、ねぶた祭りをその時に体験して、またこの祭りが見たい、と。 血が騒ぐリズムと音をまた体験したいと。

 

マゴ②マナちゃんはお勉強に忙しい受験生で来れなかったのが、おじぃおばぁにとっては残念だけれど。

マゴ③かっちゃん、背が伸びて大人びてハンサムに育ちました。さすが中学生。

おしゃべりが楽しかったな。難しいことをいうのよね。人生についてしゃべったんだよ。 

何事にも一生懸命取り組んで、周りの人々に感謝を忘れないこと。それが出来れば楽しい人生が送れるね。また ねぶた見に行く? 

マゴ④リカちゃん。ちょっと見ない間に何でもできるようになりました。的確に判断して行動ができます。

手がかからなくなって、おぱぁはちょっと寂しかったりして。てへぺろ 

キャンプに持って行ったマシュマロの、おいしい食べ方を教えてくれました。

 

やっぱり動かないねぶたと違って、にぎやかなお囃子、たくさんの踊る人を引き連れて動くねぶたは爆発するような迫力で、すごいですねー。

私、ねぶた病にかかりそう。来年もぜひ来たい。

 

マゴ③かっちゃんに感想を聞いてみました。

何といっても、踊っている人たちの熱と迫力がすごいと思った。

そうだね、ずっとハネるのは汗だくで大変そうだ。 

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。