きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:

福浦島から戻り、レストランで

ともちゃんの食べたトンカツ定食。全部きれいに食べた。

私は牡蠣フライを。 ともちゃんに食べられるかな? と思って味見してもらったら、彼は牡蠣フライおいしいって。食欲あるね。

 

町の中のお店をぶらぶらと冷やかして・・・ともちゃんは、財布からお金を出して自分のためにおみやげを買いました。きょうりゅうのたまご だそうです。

 

船に乗りました。松島から塩釜まで島巡りです。

いろいろ説明があります。

団体客が乗る大きな遊覧船が出航していきました。

松島湾は、水深が浅いところが多く、大きな船が近付くことのできないところが多くあります。だから、島巡りをするときには絶対に小さい船に乗った方がいいです。

はあ~?    

地元に住んでいると、島めぐりの遊覧船なんて、乗らないからねー。初めて聞いた。

海から眺める五大堂。この角度からの五大堂は船に乗らないと見れないよ~。

 

外洋に出ました。

 

船が揺れます。

仁王島

何年か前に、コンクリートで首の補修をしているのが、はっきりとわかる。

 

やがて塩釜港へ

造船所や 停泊している多くの船を見ることが出来る。

巡視船魚市場

 

到着。50分間の船旅でした。

塩竈も地震津波のあといろいろ復興のための工事が続いています。避難回廊が出来ました。を見れば防潮堤の工事が続いています。

電車に乗る前に…

サーティーワンアイスクリーム。

 

楽しかったな。ともちゃ~ん、また付き合ってね。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

とても穏やかで春霞のいい天気。

私のリハビリ散歩に、孫⑤ともちゃんにも付き合ってもらいました。

ともちゃん、おじぃに百円玉を10枚財布に入れてもらって。

まず電車の切符を買いました。 子供100円。松島海岸駅まで。

さて、電車はトンネルをいくつくぐるかな?

下車。

海岸はどこもかしこも工事です。みんな防潮堤なのかな? いつも2月には牡蠣まつりでにぎわう公園も工事の車がいっぱい。

国道は危ないせいなのかな?観覧亭の通路が歩道になっていました。

五大堂。みんなが記念写真するところ。

五大堂へ行きま~す

財布からお賽銭を出して・・・・

元気な2年生になれりますように。

福浦島へ向かう途中に。

松島は津波被害が沿岸でも一番少なかったところだけどそれでも、こんなに高いところまで波が来たのね。

長ーい福浦橋を歩いて・・

ぐ下では、かもさんが悠然とデートなのかな?

カモメさん。

観光客慣れしているのかな? 呼ぶと来てくれる。

 みゃうみゃう、周りにはたくさんのカモメが飛んでいます。

下ではアサリ掘りしているおばちゃん。

今はシーズンなのね。アサリを取っている人、たくさんいました。

私たち? たぶん漁業権とか持っていないので勝手に採ってはダメでしょう。

橋を渡って福浦島へ。

 

ばらく行ったところで…

水分とエネルギー補給休憩。

福浦島には赤松、杉、モミなど約250種におよぶ草木が茂り、遊歩道も設けられた自然植物公園となっています。

長い橋を渡って福浦島のハイキングに来た人は私達だけじゃありません。

ょうきんな彼

 

やっぱりきれいだなあ

彼はカメラを向けると必ずポーズをとってくれます。ぴょんぴょん身軽に走って行っては戻ってきます

アオキ 赤い実が目立ちますね。常緑な植物もあったり、

高山植物だとばっかり思っていたエンレイソウが、群落を作っているところがあったり、びっくりさせられます。

 

ヤブツバキ?

今が盛りですねー。

広場の花壇

1700本のチューリップが、はっぱをひろげていました。もちろん、花はまだです。

この花壇を世話している人が作ったという折り紙や造花も花壇の周りに飾ってありました。

花が咲いていない時期も少しでもみんなが楽しんでくれるように、飾ったというのです。

ボランティアで仕事の合間に手入れしているんですって。

花壇のある広場で。

暖かいのでともちゃんも私もコートを脱いでしまいました。ほんとの春が来たのかも。

 

                                つづく

以上31日に記事を書きましたが、アメブロさんの具合が悪かったのでしょうかアップできなくて。最初から書き直しです。\(*`∧´)/

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。