きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:

25日。 この日はNWサークルのみんなと、ウォーキングでした。

陸前高砂駅からみなと公園経由キリンビール工場まで。

昨年の様子はhttp://ameblo.jp/tk18412004/entry-12046738770.html

梅雨空の照らされない空のもと、快適に歩けました。

ウォーキングを終了し、多賀城駅へ到着したら・・・・・

      

この方々が大勢の人を前に演説していました。

 

と、みんなと一緒にウォーキングに精を出すのは、もちろん怪我のリハビリ、そして糖尿病の予防のため。

でもね、試飲の一番搾りはこれがおいしいくて。

ダイエットが食べる量と運動する量のバランスで、運動で痩せたいと思うんだったら、おいしい一番搾りなんかは断然ご法度よね。

2月に怪我して3週間入院していた時、圧倒的に食事の量が少なくて。間食は全くしなかったし。

動けない日々でも太ったりしなかった。

 

今は、怪我をした膝のためには絶対に太ったりしちゃいけないことはわかってる。

本気で痩せたいなら、あの入院していた時の食事量を守らなければならない。ショボーン

 

朝食。

クローバー野菜炒め

クローバー茄子の味噌煮

クローバー茄子も入っている若芽スープ

クローバー干しエビだしのおかゆ

&・・・

クローバー金華山沖で釣ったカレイ焼き

いいねいいね。海釣りなんて趣味も楽しそう!

ご近所さんが朝3時起きして釣ってきたカレイをいただきました。自慢そうな顔はとてもうれしそう。しあわせをいただきました。おいしいのなんのって! ラブ

 

 

↑の分量は入院中の食事量と比べると断然多い。 

ご飯はおかゆだし、カレイの焼いたのを除けば野菜ばっかりなんだけれど。

ちっとも体重が落ちないのは食べ過ぎの証拠よね。

どこかで食べる量を減らさなくちゃ。

 

 

先日ペンションでいただいたようなおいしいお肉やこってりしたパイ、スイーツ、生クリームの入っているスクランブルエッグなどなどの食事は痩せるためには×ショボーン

とにかく「おいしいたべもの」はすべてNG。

 

とにかく結婚した当時の体重までは減らしたい。

 

減らすぞ!

 

ってブログで宣言したからね、霞と雲で食欲に打ち勝つわ。 ホントか

 

 

 

運動のために歩いて期日前投票してこようっと!

 

アベさんの党にですか?  

 

 いいえ。 

 

意中の人よ~ラブ

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

これがホヤ。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%A4

 

 頭に2つの突起があるでしょ。1つは吸水孔。もう1つは排水孔。

それを切り落として・・・・・

 切り落としたところから調理ばさみを入れると簡単に殻を剥くことができます。

身を裏返して中の黒い内臓などをきれいにします。

 

昆布、しめじを入れてご飯を炊きます。

 

1cm幅くらいに刻んでおいたホヤをご飯に混ぜ込んでむらします。

熱々のご飯を盛り付けると、ホヤのとってもいい香り口笛

 

 いただきまーす!!

 

津波で、壊滅した養殖場が、関係者の努力で復活しつつあってスーパーなどにもかなり出回るようになったホヤ。

ホヤは、全国生産の8割が宮城県で養殖されているんですって。

しかし、昨日の新聞に載っていたんだけれど、

ホヤを大量に輸入していた韓国で、いまだに輸入を解禁していないので、養殖業者の組合では値崩れして安く買いたたかれるよりはと、余剰のホヤを廃棄するとのニュース。えーん

こうなったのも東京電力のせいだ。と賠償保障するように訴訟を起こすことになったそうです。

 

生産者の皆さん。ホヤを食べたい人は全国にたくさんいるはずです。

好き嫌いがはっきりしているから、なんて言っていないで、みんなに新鮮なホヤのおいしさを知ってもらって、国内で需要を掘り起こす努力をもっともっとしてください。

 

 

 

 

おまけ

義兄さんが亡くなったオットの実家ですが、お義兄さんの息子さんSくんは今も梅を届けてくれます。(嬉)

ありがとう。少しおいて黄色くなったら梅干しにするわ。と言ったら

木で熟したのじゃないとだめだから熟したら持ってくるから。(嬉)

 

さっそく梅仕事(21日)

空いている空き瓶を総動員しました。これで半分。残りは・・・・冷凍室です。

完熟梅が楽しみだわ~

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月22日。

山から下りた後、ますます雨は激しく霧は深く。ショボーン

レストハウスの管理人も、これでは観瀑台からだって滝は見られないよ。

ううう。えーん 霧降の滝見たかったのに。

 

でもここは日光。雨の日は美術鑑賞できる場所があるものね。

東照宮美術館 http://toshogu.jp/shisetsu/bijutsu.html に行きました。

    

 

宿泊はペンションhttp://www.monte.jp/index.shtml

普通のバスルームの他に、露天風呂もついているツインの部屋。 

この日は私たちのみの宿泊です。

バスルームで体を洗った後、部屋から外に出ないで雨で冷えた体を露天の熱いお湯につかることが出来て、殿さま気分です。

 

食事は洋食フルコース。

        

    

クローバーグリーンサラダ

クローバー鮭パイ包み バルサミコソース(だと思う)

クローバーかぼちゃのポタージュ

クローバー牛ステーキ 野菜添え & ご飯

クローバーアイスクリームなどスイーツ

クローバーコーヒー

 

23日。

 朝は、ワンプレートに、ベーコンを添えてある炒り卵&

ポテトサラダ、生パイナップル。

オレンジジュース、 バターロール、コーヒー。

 

とても心のこもったおもてなしをしていただきました。

食事は運んでくるタイミングも適切で、丁寧に料理されていて、どれもとてもおいしいものでした。

 

が・・・・。

この食事の内容は私にとっては重すぎる。もっと食事内容を聞いておけばよかったわ。

 

 

 

夜じゅう強い雨で、朝も強い雨がやみません。

しかも久しぶりの山歩きで、朝から筋肉痛です。えーん 

筋肉痛の足で雨の中を合羽を着てハイキングする気持ちはもはやありません。

この日も美術鑑賞としました。

田母沢御用邸記念公園に行きました。

http://www.park-tochigi.com/tamozawa/

日光には何度か来ているけれど、ここは初めてです。

 

お車寄せ。

大正天皇になった気分でここから中に入ります。。

スマートフォン端末の最新式の音声ガイドも借りて、解説を聞きながら見て歩きました。

ただね、人間ガイドたぶんボランティアさんたちだと思うのだけれど、各所に待機されていて、その解説のほうが良かったから、端末はなくてもよかったような気もしています。

機械に教えてもらうより笑顔に教えてもらう方がずっといいよね。

 

当時の建築技術の粋を集めた贅をつくした御用邸。 ひろ~い敷地。

私たちもざあざあ降る雨の庭を眺めました。

とにかく、すごい別荘だ!!

 

ここを訪れた天皇、皇太子ほか皇族の方々は幸せだったんだろうか・・・。

なんだかね、自由を制限された豪勢な檻に見えてしまったというのは、思い過ごしであればいいのだけれど・・・。

 

一回りしたあと、広い庭も一回りしました。

よく手入れが行き届いています。 (帰ったらうちの庭も雑草取りしなくちゃ。)

クリンソウが流れのそばに植えてあります。そろそろ終わり。

そのほかにも色々な花が次々みられるように植栽されていました。

 

昭和22年に廃止された御用邸と庭は、修復されて誰でも楽しめるようになりました。

今度はぜひ秋にも来てこの庭を散策したいものだ、と思いました。

冬もいいよね。きっと・・・。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

階段の上り下りがかなりできるようになったので、リハビリ登山に行ってきました。

どうせなら行ったことがないところで、ということで日光へニッコウキスゲに会いに。

夫が用心棒。ブログに張り付けた写真の半分はオットが写したもの。てへぺろ

こうして、山へ登ったよとブログることが出来るのがとっても嬉しいウインク

 

キスゲ平園地は、3年前にスキー場の営業をやめたゲレンデのリフトを撤去して、代わりに天空回廊と呼ばれる1445段の木道階段を設置してみんなが1年中通して自然を楽しめるように整備されたのだそうです。

http://www.kirifuri-kogen.jp/

園内マップ

ニッコウキスゲは、5分咲きから場所によっては8分咲きくらい

しかし花はキスゲだけではありません。

階段をぬって散策路がつけられていて、花の鑑賞に、いい。

 

階段の上の方はところどころに踊り場はあるけれど、急です。

急でヒーヒーだけれど、花に慰められます。

 これ、なにウツギだろう・・・。

蔵王周辺では見たことがない。

 下の方にはなかったコメツツジが可憐ですね。

 お!! 小丸山展望台!

やったあ!  いつも訓練に使っている塩釜神社の階段の7倍の段数です。

神社の階段3回分、・・・6回分・・・、とそれを励みにしながら7回分頑張りましたよチョキ

展望台からは、天気が良ければ日光連山が広く見渡せるとのことですけど、何も見えない。

 

ここで終わりにはしたくない。

鹿よけのゲートをくぐり、

丸山を目指しました。

霧の中だけれど、道がしっかりしているし、道標もあるので、快適に歩くことが出来ました。

ね、広葉樹林の中の笹の道は幻想的でしょう?。

ドウダンツツジの花がたくさん散っていたりして、その存在に気づき、つい昨日か一昨日まで咲き誇っていたんだなあ、と思い至ります。

 

やがて石ごろの道を足だけでなく手も使って先へ。

はーい、丸山山頂。1689m。

人が登ってきました。記念(証拠)写真をお互い撮りっこして。

八平が原を通る下りの道の様子を聞きました。

その道は途中急坂でずるずる滑るし、胸まである笹をかき分けながら行かなくちゃならない、と聞いたので、来た道をキスゲ平へ戻ることにしました。

 

じつは、つい3日前に、山岳会の山行で転んで怪我をした人が出て、救助隊(消防、警察、地元の山岳会の人たち)が出た話を聞いたばかりでした。その時、私は不参加ね。

霧が深い時にはヘリコプターも飛べないので結局は担架を人の足で担ぎ上げてみんなで怪我人を担ぎ下ろさなければならないのです。

 

そうなったら大変だし、丸山まで歩けたことで大満足です。

 

雨が降ってきました。

カメラはしまい込んだので、そのあとの写真はなし。

 

鹿よけのゲートをくぐり、今度は階段の手すり磨きをしながら(笑)雨に煙るニッコウキスゲの花を堪能し、下まで降りました。

階段が、滑らない種類の木材が使われていること、自然鑑賞のイベントのことなどなど、地元の登山者とおしゃべりしながら教えてもらったりして、私にはとても楽しい山行でした。

 

レストハウスの食堂でいただいた熱々の鶏うどんのおいしかったこと!  うーんしあわせ!!

 

山は逃げなくても、体力が逃げないようにもっと訓練に励み、こんどは女峰山まで歩きたい。

 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月18日(土)。

NWサークルの定例ウォーキングに参加。

いい天気で、暑いという予報でしたが、集合場所のアヤメ園駐車場はすでにたくさんの車で埋め尽くされていました。

みんなと一緒に歩くチャンスは自分の脚力を確認、向上させるためには絶対必要だと思うから参加です。それにみんなに会いたいしね。

コースは加瀬沼公園をぐるっと。

いい天気だからここもすでにたくさんの人が楽しんでいましたよ。野球、サッカーをやっている若いひとたち、ゲートボールのグループ、遊具で遊ぶ子供たち、・・・・

あれだけ鳥たちでにぎやかだった沼は、数羽のカモだけ。みんなどこへ行ったんだろうね。

ここに居残っていた白鳥さんの姿も見えません。静か。

 

この日18日からあやめ祭りが開幕しました。

http://www.miyagi-kankou.or.jp/kakikomi/detail.php?id=13221

今年は例年より1週間早い開幕ですが、すでに咲きそろっている花菖蒲たちです。

多くの人たち。開幕したあやめ祭りを視察に市長さんの姿もありました。

 

土日にはアヤメの中での踊りや舞台発表もあるんです。

幼稚園児の鼓笛隊。

圧倒的にかわいい!

祭りにはこれがなくちゃね。

農協の出店で、多賀城生まれの野菜たちを連れ帰りました。

と、姉妹都市縁組している東根市や太宰府市などの観光パンフも。

 

見知った人にたくさん出会った祭り会場。

祭りは7月2日まで。平日にでもまた来てじっくりアヤメと向き合いたいと思っています。

 

入場は無料だよ。皆さんぜひどうぞ。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。