きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:
黒千石大豆って知ってる?
私がこの大豆の存在を知ったのは以前お友達のE子さんからいただいたから。
その時はまだ出回っていなくて、手に入らなかった。

黒千石大豆のことはこちら
1ミヤギシロメ大豆と並べてみました。
色が違うだけでなくて、
2大豆だというのに、ほんとに小さい。これじゃ小豆とおんなじくらいしかない。
この、幻と言われた北海道の大豆、他の黒大豆より大豆イソフラボン、ポリフェノ-ルの値が高くて、しかも、北海道大学遺伝子病制御研究所にて、黒千石から、がんへの免疫を高め、アレルギー症状を抑えるインターフェロンγ(ガンマ)の生成を促す物質が発見された。
 ですって。北竜町のHPより


豆を吸水させて、煮てみました。ゆでたてをつまみ食い。あは。おいしい。
そのままで何にもしなくてもおいしい。 
これに黒蜜とか黄な粉をかけただけで十分おやつになるわね。
北竜町の生産しているお母さんたちのレシピを参考にしていろいろやってみたわ。

まずはクローバー黒千石ご飯
1 お赤飯ではない。ササニシキのうるち米を使った普通の豆ごはん。豆がほんのり甘くて、ちょっとだけ付けた塩味とよく合う。





4 クローバー黒千石カレー。
ごく普通の作り方。
みじん切りした玉ねぎをじっくりいためて、みじん切りしたにんにくも、牛豚合いびき肉も炒め、粗みじんに切ったニンジン、えのきだけも炒めて、赤ワインをどぼどぼ、トマトジュースも入れて煮込みます。
それに柔らかく煮えている黒千石も入れて、火を止めて。
ルーを入れます。溶けたら味見。カレー粉、ガラムマサラを入れて香りづけして出来上がり。


クローバー黒千石と雪菜入り卵焼き
3 のつもりが、だしを入れすぎてまとまらず、結局炒り卵になっちゃった(;^_^A

抜群の栄養を持つ幻の黒千石。北竜町では納豆とか豆腐の製品化もされているんだそうです。
私はどうしようかなあ・・・。いろいろ調理法を試してみようと思います。
まずは黒千石の甘煮か。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

1 今朝起きたら湿った重そうな雪がつもっていたわ。


さあ、雪の多賀城を撮りに行こう それとも雪の松島がいい? 
ちょっと迷ったけれど、雪の多賀城も風情があっていいっちゃね。

2

住宅街を抜けて多賀城跡へ。犬の散歩の人の足跡を追いかけて、歩く。
史跡を除雪のショベルカーが仕事をしている。
へぇぇ・・・ こんなところまで除雪してるんだ。。

3

除雪した道をありがたく歩かせてもらったわ。

4

雪をかぶった城跡の椿。
暖かい日が続き、咲いた椿もこの雪にはびっくりしているでしょうね。

1

城跡。朝早くここに散歩しに来た人が、いる。
そのあとを追いかける。

2

いや、まっさらなところを歩くのもいいわね。ラッセル。

4

階段は工事中?    赤いコーンがよく目立つ。
3

塩釜街道を横断し、壷の碑へ。

1
史跡公園のアヤメ園を抜けて、
さて、どこを通って帰る? 
そりゃ東北本線の国府多賀城駅経由でしょう。
そうだね。来るとき遠かったし。
駅の階段をのぼり、雪に覆われた公園を見下ろしてみました。2

ここから、県境の山々が晴れていればみんな見ることができるのだけれど、もちろん今日はダメ。
階段を下りて歴史博物館へ。

3

博物館に移築されている茅葺の家は今日は管理人さんとお客さんが数人いました。

この後は…カメラのバッテリーがなくなっちゃって写真はないけれど、ここから家まで約30分。
トータルで12079歩。ぐるっとおよそ2時間の散歩でした。

宮城県多賀城跡調査研究所 HPはこちらhttp://www.thm.pref.miyagi.jp/kenkyusyo/

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
このところの常識外れの寒さで、九州では大雪が降ったり、暖かくなったと思ったら、水道管破裂などで断水がまだ続いているんですね。


他人事とは思えません。
あの時、3,11のあと、しばらく続いた停電、断水を思い出しました。

認知症が進んだ母に不自由な思いをさせたくないと、頑張ったわ。

電気は3日程度で復旧したのだけれど、水道は長くかかりました。
給水車を待ち、4時間も並んだこともあったわ。
その給水車は、関西、九州からはるばる被災地支援に来てくださった車だった・・・。ありがたかった。


水道が出なくて大変な思いをしている皆さん、お見舞い申し上げます。 きっと間もなく復旧するはず…。 
頑張って!



多賀城市政たよりの水道局広報誌より。
2
これを毎月重要なお知らせとして広報誌に載せています。


おまけの画像  ピントが合っていないけど…
1

厳しい寒さなので、オットがピーナツを庭の木にぶら下げました。シジュウカラ君、喜んでくれているかな。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
私が味噌作りを一番最初にやったのは、2009年のこと。
その時のいきさつと顛末は こちら

E子さんに教えてもらったことは、いっぱいあるけれど、中でも味噌作りには はまっちゃったわ。
だって、自家製みそはすごくおいしい。もう、買ったみそは食べる気がしません。

それからほぼ毎年生協に頼んで宮城県産の大豆ミヤギシロメを仕入れ、自分で仕込み続けています。




豆を育てたい。自分で種をまいて、その豆を使って味噌を作りたい。
最初に味噌を作った年、そう思って大豆をせまい畑にまきました。
でも・・・ずんだを作りたいと、枝豆、つまりまだ若い大豆すら収穫することさえできなかった…。
カメムシの大量発生に大豆の負け。


どうやったら大豆が畑で上手に育てられるんだろう・・・・。

いろいろググっていて知り合ったのが、まめ母さん。http://ameblo.jp/mame-tsu/
彼女は大豆のエキスパート。プロ。 
まめ母というブログネームでもわかるでしょう?  
ブログの人のつながりって素晴らしいですねー。



2015年。
第2農園(貸していただいた畑)で゜ミヤギシロメをオットが育ててくれました。(感謝)
収穫は992g。1kgに足りない量。 大した量ないじゃないって思う?
 いやいや。我が家にとっては画期的な収穫量なんです。
だって、毎年育てていても、こんなに収穫できたことって初めてなんだもの。


2016年1月25日
やっぱり味噌を仕込もう。洗って、水に浸す。

26日午後。
1kgの1晩水に浸した豆を4回に分けて圧力なべにかけて柔らかくなるまでゆでて・・・

それをフードプロセッサーにかけて細かく砕く。7回かけた。ふー・・・。飽きる。

27日
生協の開店を待って米麹、伯方の塩を買ってきて・・・・
麹を砕いてパラパラにして、塩を混ぜて、
前日用意した茹でてフープロにかけた大豆と漬物用ビニール袋の中で丹念に混ぜて・・・

1

でき上り4,1kg。

いつもの半分しかないわ。

どうせ出来たら半分は親善大使とか言ってよそに行くんだろ? だったら今度は大豆を買ってきてまた仕込んだら?
それもそうだ。

今年の味噌の売りは、種まきをする時から作った味噌。うふ。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(1)

テーマ:
生協で、ウドを見つけました。山歩きして見つけるような緑の濃いウドではなく、むろの中で軟白栽培されたウドです。
香りは、自然の中で見つけるものとは大違いだということはわかっていたけれど、ちょっとだけあの香りと歯触りを味わいたかった。

①まずは、茎は皮をむいて、酢水につけて、サラダ
  塩をしてしんなりした蕪、ウド、くだいたくるみ、水菜を一緒に混ぜてオリーブ油+りんご酢+ちょっと塩のドレッシングでいただきました。
写真、撮り忘れ

1 穂先はやっぱりてんぷらでしょう。
あっさり、揚げたてを抹茶塩でいただきました。

2 皮と、残った部分は、炒め煮に。
うど、干ししいたけの戻したもの、にんじん、刻んだ油揚げ。
干ししいたけって、戻し汁も一緒に使いますが、いい仕事しますねー。


山ウドが収穫できる季節が楽しみです。
食べるたびにいつも思うのだけれど、この香りが嫌いな人はいないんじゃないかしら・・・。
むろで軟白栽培している生産者の方も、この雪の季節でもおいしい香りを届けたくて頑張っているんだなあ、と思うと感謝です。
香りと歯触りを、おいしくいただきました。

おまけ
3 雪菜の小女子あえ





いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。