きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:

1970年には4108人いた人口が、今年の4月現在1850人。高齢化率47・4%と急激に過疎化が進んでいる福島県三島町。(町のHPより)


1 元・西方小学校。 この小学校も、子供が減って廃校になりました。


そのような三島町ですが、日本で最も美しい村連合に加入し、町にもともとある自然を生かし、豪雪の長い冬の生活の中で続いてきた伝統工芸を生かし、イベントを開催し、地域おこしに頑張って観光客誘致に力を注いでいます。


この小学校も、森の校舎カタクリと名前を変えて、宿泊施設になりました。
http://www2.ocn.ne.jp/~morikata/11.html


ここで働いていらっしゃる方々は、昔の乙女。

皆さんとてもバイタリティーがあり元気で笑顔です。



この郷土料理の数々の夕食も、彼女たちが用意してくださったのです。
1



3 にしんの山椒づけ


2 コゴミのマヨネーズ

4 いかニンジン

5 胡麻サラダ

1 山菜の天麩羅

2 野菜とバラ肉の煮物

4 フキノトウ味噌豆腐

カレイの煮つけ

ワカメの酢の物

果物

ご飯


そして・・・・


5
こづゆ


会津を代表する郷土料理。貝柱の出汁と、会津塗の食器で提供されることがこづゆの条件なんだとか。

お祝い事や、お正月など、特別な日の料理なのだそうです。出汁が上品で、おいしかった~



心のこもった料理の数々は、どれもとてもおいしくて、これを再現してみたいという意欲がわいてきます。

山菜の天麩羅やおひたしなどだけでなく、

とくに、ニシンの山椒漬けいかニンジンなど、酒の肴になりそうな一品はぜひ。(笑)



朝。


1


一見豚ばら肉の角煮かと間違う車麩の煮物

三五八漬けの麹の香りがする浅漬け 

ご飯が出て来るまでこれでお茶を飲んでてね、と勧められたカリカリ梅

揚げゴボウ


そして、炊き立てのご飯とみそ汁

味噌も自家製だし、お米もここで作ったものなのよ。

笑顔で接待してくださったおばさんたち、このあと作りたての草餅、菱巻きを、カタクリまつりの会場へ持って行く、とのこと。

29日はカタクリまつり最終日。来てくださる人々を接待するのでしょう。


皆さんほんとに元気です。バイタリティーあるねー。いきいきしています。



6 E子さんがカタクリまつりの会場でおばさんから買った菱巻きを写させてもらった。

私? 

Ha1cの数値(糖尿病かどうかを判断する数値)を、次の健康診断までに下げたいから、買わない(笑) 


E子さんには、食べたいの我慢しないでビールやめれば~? って言われるのですがねー。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

4月28日

山の学校お勉強ツァー2つ目は竜ヶ岳。

道の駅西会津よりっせhttp://www.w-aizu.jp/yorisse/  で昼食のあと、登山口へ車を走らせます。


国道49号線を安座川沿いに右折、磐越道の下をくぐって・・・・・
6 、道標があります。


国土地理院の地図を見ると、この山には登山道が記されていません。

Cさん、やぶこぎ覚悟だぞ。
1 その登山口のお宅。登山客のための駐車場はありません。

車を駐車する許可をもらいました。

まだ雪囲いがしてありました。


9 傍の畑は、まさに今雪が融けたばかり。雪解け水で、畑は水びだしです。


今年はとても雪が多かったから、いっぱい残っているから気をつけてね。

見送りを受けて出発。

2 家のそばから雪が山のように。



3 杉林を抜けると、視界が広がり、絶壁が見えてきました。

これから登るところです。

豪雪地帯西会津特有の山の様相です。



萱場なのでしょう、登山道は、わかりません。萱の上からザクザク踏んですすみます。

7     4

ところどころ食べごろのフキノトウが顔を出しています。

5 萱場の向こうにも植林地が続いていました。


雪に隠れて道が見えない時、道がはっきりしない時には、帰り道がわからなくならないように、ところどころに赤布をつけて行くんだよ。

なるほど・・・・。


Yさん、そこはぬかりなく要所要所に赤布をつけて行きます。

林からの出口、萱場から林へ入るところ・・・・・



1 沢の縁の、ふみあとをたどります。


4 豪雪地帯は、落葉樹たちを押しつぶし、上手に足元を選んで歩かないと、枝が跳ね返るんです。

2  雪に埋もれている標識。ここでどのくらいの雪の深さなのだろう…。


道を探します。右手側に登るのですが…絶壁です。 ロープは? 持ってる。

アイゼンは? 持っていない。まさか、必要なほど雪があるなんて・・・



0     11  

雪は、上からと、下から溶けるんだよね。

踏み抜いて沢に流されたら大変だ・・・・。


豪雪地帯の山は、雪が融ける時に山肌を削っていくのですね。

左側の壁。

3

雪の上に、岩が転がっている。 雪が残っている一番上のあたりにも、今にも落ちそうな岩が張り付いている。

うわー、岩が落ちてきたら、大変だ。こんなところには長居は無用。


5 登山ルートを探索に行っていたCさん、E子さん、Oさんたち、帰ってきました。

登ることが出来たとしても、帰りがむずかしいだろう・・・・何しろ11人だから。


やめよう


標高532mの山に、こんなに雪が多く残っているなんて、予想していなかったね。


名誉の撤退です。


Yさんがつけてくれていた赤布を頼りに、それを回収しながら登山口に戻りました。



0     3

山奥に、1軒ぽつんと住んでいる○○さんの家の周りは、雪が融けて花が咲きだしていました。


1     2


物置を見せてくれました。
4 大型の雪かきの車。

これで冬の間毎日道を確保するのだそうです。

これが冬の間の命綱なのだそう。雪国はほんと、大変だ。


めったに人が来ないのでしょうか…。話し始めると、止まらないくらい山の生活のこと、話してくれました。

車を止めさせていただいたこと、いろいろ山のことをお話しくださったことに丁重にお礼を言って次の目的地 三島町へ。



道が記されていない地図を見ながらルートを決めていく、

残雪期の山登りの困難と対処法、

とても勉強になりました。



撤退することは、決して恥ずかしいことではない、登山隊一行の力量、装備を考えて撤退を決断することも大切なのです。

リーダーさんありがとうございます。


今度は、雪が融けてからぜひ登ってみたいわ。Cさん、よろしく~。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月28日

山の学校お勉強ツァーです。

ここ数日いい天気が続きました。この日も晴天。

須刈岳のふもと 国道49号線西会津上野尻


1 西光寺の駐車場をお借りして登山開始。

駐車場からは、飯豊連山が真っ白に見えている。

2 須刈(すがれが)岳と、国土地理院の地形図にはルビがふってある。地名などの固有な名称は、なんと読むのか、むずかしかったりして。

つい2日前26日に山開き行事をしたんだとか。 


3 古いお墓の周りには、カタクリ。


最初は林道を歩く。 木洩れ日の杉林。枝打ちされた杉の枝がふかふかで気持ちいい。
2 ミズバショウ

杉林を抜けると、細い登山道に変わり・・・・いきなり急登。 天気が続いたために埃が立つ登山道。木や草につかまりつかまりよじ登る。

ここは峠? 林の中の平らな場所。木洩れ日がやさしいここで休憩です。


さらに雑木林の中を急登。


1     2

きつい登りも、道端に咲く花に癒されながら。


5     4
キバナイカリソウ                    ムスカリ


1 後姿もまた、かわいいわね。

豪雪地帯の山なので、雪が融けたばかりなのでしょう、この周りにはイワウチワが斜面いっぱいでした。


ほどなく、尾根に上がり・・・・

3


山頂には祠が鎮座していました。麓の人々は、ここまで上がってきては五穀豊穣を祈ったのでしょう。

登山口の看板にあったように、日照りの時には雨乞いなども行われたのですね。

まさに地域の大切なお守り山。


ヒーヒー言いながらここまで上がれたことを感謝して、手を合わせました。

2

大休止。水分補給をし、Yさんの背中で運ばれた冷たい果物に舌鼓を打ち…


真白い飯豊連峰を眺めました。

一番高いところは、大日岳ですよね。

帰ってきてから地図とにらめっこしましたが、手前の黒い山が不明。鏡山?

みんなで、参座同定に喧々諤々です。(笑)


目を手前に移せばゆったりと流れる只見川、集落、国道を走る車が見えます。


1


2 そばには、コブシ? タムシバ?

周りが緑色なので、映えますね。



休んだ後は、登ってきた道を木につかまりながら駆け下りて・・・・

3 杉林を通り・・・・下山しました。

4 お寺さんの野草園に、シラネアオイが咲いていました。


往復で2時間、軽いとナメていましたが、とんでもない!  急坂が続くなかなかな、楽な山ではなかったわ。



このあとは、道の駅西会津よりっせhttp://www.w-aizu.jp/yorisse/  で昼食。

続いて竜ヶ岳へ

                                                        続く


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

27日。
山菜の天麩羅2日目

1
しいたけ、コゴミ、シドケ、青シソ、ベビーホタテ。

ああ、おいしい。

今日の昼は、てんぷらうどん。



あ、タラノメを揚げるの、わすれた(・・;) ドジ・・・。

まあ、夜に揚げるからいいことにしよう。


2 タラノメ。抹茶塩で。

タラノメは山菜の王様と言ってもいいわね。

4 畑から持ち帰った葉玉ねぎと揚げ、ベビーホタテの炒め煮。
葉玉ねぎって、火が通ると甘くなるのよねー。

甘辛い味にちょっとだけ酢、一味唐辛子を入れて。

はい。亭主の好きな赤烏帽子ですわ。


3 シドケのおひたし


シドケの、あの独特の香りが、とってもおいしかったわ~


鶏肉のニンニク醤油焼き    写真はありません。



天気のいい1日。暑かったわ。日焼けしたくないから、肌を出さない格好で仕事をしていると、タラタラとあせがしたたる。

まだ4月だよな…。とカレンダーで確かめたいような陽気でした。

この陽気、続くんですってね。 畑、頑張らなくちゃ。 トマト、植えよう。


皆様、楽しいGWをビックリマーク

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

山岳会の新年度の最初の山行が、七ツ森です。

昨10月の登山で怪我をした私、この4月からはガンガン登ると決心したものの、やっぱりみんなについていけるか不安で、12日に足慣らしに歩いたのですよ。

http://ameblo.jp/tk18412004/entry-12013487304.html

2週間前です。


2週間という時間が、山の様子をガラッと変えていました。

参加者21名。 

天気 快晴。



1
湖の橋の上から。正面が鎌倉山


2 まずは登る前の元気なみんなの記念写真。

逆光だって? 後ろに泉ヶ岳が見えていたはず。よく記憶していない(;^_^A


3

2週間前にはやっと咲きかかっていたヤマザクラが、すっかり葉桜ですね。

向かい側は笹倉山。


4
山笑う、とはよく言ったもの。林の中は、色々な色の芽吹きで満たされていました。


そして、鳥たちのにぎやかな声。

ちゅぴーちゅぴー 忙しいシジューカラ

ちゅうぴーちゅうぴー のんびりしているのは、ヤマガラ?

こここここ・・・・・・こここここ・・・・・ ウッドペッカーくん。 お嫁さん探しに忙しいんだろうなあ・


5
山ツツジ。場所によってはきれいに開いていましたよ。


6 写真だとあんまり急に見えませんが、岩だらけの道をロープをたよりによじ登ります。


4      2
そんな岩の間にチゴユリやフデリンドウ? が咲いていました。



3
トウゴクミツバツツジ

ヤマツツジより、一足早く花を開くのですね。緑色をバックに、とても映えます。


1
岩をバックにして。まるで、今の時期の主役は私だ! とでも言っているみたい。



1 鎌倉山山頂です。

急坂を登ったからね、大休止。

3

木々の間から真っ白な舟形山。

そして見下ろせば七ツ森湖。 313mという高さですが、山は高いからいいって言うもんじゃないわね。

2

逐倉山への鞍部へ下ります。シロヤシオツツジも咲きだしていました。今年は早いね。

2週間前にはずーっと咲いていたイワウチワは無く、カタクリも種をつけていました。

暖かい日が続いていたとはいえ、2週間という時間は風景をガラッと変えています。


5 それでも、私達を待っていてくれたように、1輪だけ。



4 南無妙法蓮華経

誰がここにやってきて、祈りを奉げたのだろう…。機械もないのにどうやって文字を刻んだのだろう…。





10     6


イワウチワやカタクリが終わっていても、本当にいろいろ花を見つけることが出来ます。

なかでも、ヤマブキが色鮮やかですね。

7     8

9 あら? 逐倉山への登り口ですが、先日には設置していなかった。登ってはダメなんだって。

担当者のHさん曰く、代わりに笹倉山を登ろうと思って町役場に問い合わせたら、伐採作業が行われているから、そっちも登山禁止だと…。 でも連休前には終わらせて山開きするんだそうです。


湿った谷筋の道には、バイケイソウ、そしてニリンソウの群落

ここの緑鮮やかなバイケイソウは、花が咲いたことがないんだとか・・(@_@) 種をつけないで、根っこだけで増えるんだろうか…。

1

2
ナメナメの川筋。ちょっとの日当たりの違いで、けっこう違う植物があるんですよねぇ・・。


4     5
鉢倉山の登り口にいたカンアオイ。じめじめ、暗い杉林の林床。花はこの葉っぱたちの根元に奥ゆかしくありました。花って、目立つためにあるんだろうに、まるで見つけられたくない、って言っているみたいです。

3 ヒトリシズカ。ひとりぼっち。



鉢倉山の登りもすごいんです。

Yさん曰く、剱のカニのヨコバイの予行演習みたいなもんだ。


1
垂直に見える斜面につけられている鎖。少しの足掛かりを探して慎重にトラバースしていきます。

落ちたら大変だよ。気をつけて~と、檄が飛びます。

ヘルメット、お守りにかぶって来ればよかった?


1 はい山頂。周りの景色を楽しみながら、昼食。

私のお弁当は、おかずをぎっしり詰め込んだおにぎり。白菜菜の花の浅漬け、うるいの生姜和え。

みんなのおかずが、行ったり来たりしています。

私は自分の分を背負うだけで手いっぱいだけれど、K子さんは、凍らせた果物、大きな建っパーいっぱいの煮物と、相変わらず登山隊全員にいきわたるような分量を担ぎ上げて来るんです。

しかも、超おいしい。

下りは、登ってきた方と反対側。大倉山との鞍部へ下ります。


2

さらに湯名沢林道の駐車場めがけて下ります。

4 やっぱり、沢筋は素敵だ。


次は七ツ森湖方面へ。
3 この花、何かなあ…。ヤマブキじゃないよ。

道はずーっと登り。

5 ヤマブキの群生が近くなると・・・・・


5望展望台
1 5つは見えていないけれど、降りてきたばかりの鉢倉山を望みました。

さらに登り。
2 きつねのカミソリ広場。 巾2cmか、3cmくらいの長い葉っぱを広げている今は咲いていないけれど、キツネノカミソリが光を浴びて群生している。

この花が咲く夏、標高が低い、きつい山に登ろうという人は少ないから、この花の群生は見た人は多くないと思います。

私も見たことがない。


3 こんな看板もある。七ツ森は里山だけれど、熊、カモシカ等々、いろんな生き物が住んでいる。

4 ほら!! 日本タンポポみっけ!! 下界でのさばっている西洋タンポポじゃないっていうのが、いいねえ・・・。

近年、数を急激に減らしているオドリコソウも、あった。 ヒメオドリコソウの繁殖力がすさまじく、生存競争に負けてる?


5

入山口、鎌倉山のふもとの八重桜。開き始めていました。GWには見ごろになることでしょう。

結果的に、3つ登ろうの予定が2山でしたが、シーズン最初の登山では、この程度がいいのかもしれません。


1 Yさん手作りの地図に歩いてきた道をピンクのマーカーで書いてみましたが、よくわかんないわね。クリックして大きくすると、少しははっきりする、かも。


元気に歩けて、よかった~。仲間と一緒に歩けて、楽しかった~。


麓のダム記念館は、地元の観光宣伝のためのいろいろな展示、産物の販売所でもあります。

もちろん、おみやげは、タラノメ、シドケ、コゴミの山菜と、原木しいたけ。

夕食にさっそく天麩羅にしました。




いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。