きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:

ことさら寒さが厳しい1月も、今日で終わりです。日があっという間に過ぎていきます。

週末ごとに荒天だったこともあって、とうとうまともな山登りの記録をブログに記録出来ませんでした。山岳会の1月山行も参加できなかったし、何しろ、まともに散歩もしていない。


それが、今日は穏やかに晴れ渡りました。

そりゃもう、こんな日は山登り。塩釜神社は、一応、一森の上に鎮座しているからね。


きょうも、いただきまーす!-1 表参道。例年、この神社は東北でも一番初詣の人出が多いのです。ここを登ります。

きょうも、いただきまーす!-3 202段の急な階段。久しぶりなので息が上がる。(ノ_・。)

私たちを高校生が駆け上がってきて、挨拶をして追い抜いていきます。

きょうも、いただきまーす!-2 聞けば、育英高校の野球部、とのこと。

多賀城キャンパスからずっと走ってきたとはまた、ハードな訓練だ。春の選抜に出るんですものね。

宮城県を背負って甲子園へ行くんだから、頑張ってほしいです。

この石段は、社殿とともに伊達家四代綱村公によって今の姿に造営されたと伝わっています。


登り切ると、隋身門があって…

きょうも、いただきまーす!-4 それをくぐり・・・

さらに唐門をくぐると・・・・


きょうも、いただきまーす!-5

拝殿は、今修理中でまだすっぽりと覆われたままでした。

中では修復の仕事が続いているらしい音が響いていました。

きょうも、いただきまーす!-1 ロウバイ。南の地方では、そろそろ咲いたというニュースも聞かれるようになりましたが、ここは、まだまだ。

何か咲いているかなあ、と見て回ったけれど、桜ももちろん梅も硬いつぼみだし、フクジュソウは雪をかぶったまま。

でも、今日の天気は、光だけは春が近いと錯覚させてくれるようです。


きょうも、いただきまーす!-2


神苑から海を眺めました。 まだまだ池も凍っています。

ズームアップビックリマーク

きょうも、いただきまーす!-3


きょうは牡鹿半島の先端、金華山も見えていたわ(^∇^)
海はキラキラと輝いて、いくつもの船が行き交っていました。


寒い間にしまりが無くなってしまった身体、せっせと歩いて引き締めなくちゃね。

たった1時間の散歩でしたが、やっぱり歩くのはいいわねえ。いい気分転換です。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

蕃山・萱ケ崎山・太白山 2013/12/08

蕃山・・・萱ケ崎山 2013/11/23

胎蔵山(山形県 729m) 2013/11/06

龍ケ岳(山形県、福島県、宮城県堺 994m) 2013/10/30

一念峯(山形県 470m)2013/10/30

下見山行 10/27

龍山(1362m 山形蔵王) 紅葉の高原ハイキング 2013/10/14

乗鞍岳(3026m) 紅葉真っ盛り 2013/10/06

乗鞍岳 山麓歩き

錦繍?の舟形山(1500m ) 2013/09/29

岩神山 1103m・兜明神岳 1005m (岩手県)2013/09/21

蔵王大黒天・・刈田岳・・熊野岳往復 2013/09/18

戸隠③ 飯縄山(1917m 長野県)2013/08/12
多賀城市民登山 栗駒山(1627m)縦走 2013/08/03
月山(1980m 山形県)花見山行 2013/07/20

八甲田毛無岱湿原と岩木山(1625m) 2013/07/13~14 ③

八甲田毛無岱湿原と岩木山(1625m) 2013/07/13~14

北海道南旅行⑥ 恵山(618m) 

6月はやっぱり南蔵王縦走路を歩かなくちゃ 2013/06/16

月山自然博物館のガイドさんと、月山の森を歩く 2013/06/09

大頭森山(987m 山形県) 2013/0609

徳仙丈山(711m 宮城県 気仙沼)&復興応援行脚? 2013/06/02

仙人山 (882m 岩手県西和賀町・北上市境界) 2013/05/19
黒鼻山 (仙台市泉ヶ岳の前山 843m) 2013/05/12

立山黒部アルペンルート(2)

春の戸神山 雪中行軍(504.4m 宮城県秋保) 2013/04/21

鳥屋山(福島県西会津 581m) 2013/04/17

金時山 (1213m 箱根)2013/03/08

旧箱根街道(旧東海道)を歩く

雪洞掘り体験 2013/02/17

番ケ森(216m 利府町) 孫たちと登り初め

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


ピザ用のとろけるチーズ、あら?消費期限がまもなくだわ。

やってみました。チーズせんべい。

きょうも、いただきまーす!-1 フライパンに並べて点火。

はがしやすいいように、クッキングシートを敷きました。

きょうも、いただきまーす!-2 ふつふつ、チーズが溶けて・・・・・

縁が焦げないように火を弱めます。
きれいにこげるまで、フライパンを動かしながら、がまん。



きょうも、いただきまーす!-3 ほら! ここまでになると、ふつふつ言わなくなってすっかり乾きました。

火を止めます。冷めるまでそのまま。


きょうも、いただきまーす!-4

適当に割って、焼き海苔と交互に重ねて。

酒の肴一品出来上がり。(^ε^)♪


きょうも、いただきまーす!-1


焼くときに、小女子や小エビを乗せるのもいいかも・・・。


で、レンコンでやってみました。

薄く切ってさっとゆでたものをチーズの上に乗せて焼きました。



きょうも、いただきまーす!-5

これは、朝食の一品になったわ。



きょうも、いただきまーす!-1

チーズは焼くと油が出ます。冷ますと固まります。

その油で卵を焼いてみたんだけれど、イマイチおいしくなかった。失敗失敗。

焼きながら出てくる油は拭き取った方がいいようです。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


冬が旬の真鱈子は、あえ物にしたり、醤油漬けでご飯にのせたりするのが、大好きな食べ方ですが、先日の法事の時にいただいた薄味にさっと煮た真鱈子がとってもおいしくて・・・・。


そしたら、お店で見事な真鱈子を見つけてしまいました。

きょうも、いただきまーす!-3 真鱈子煮

真鱈子を皮付きのまま、4つに切って、

鍋に昆布を敷き、

パックに書いてあるとおりに薄めた白だしでさっと煮て

汁は片栗粉でうすくとろみをつけていただきました。

ふわふわやさしくやわらかに仕上がるように、火を通しすぎないようにグラッと沸騰したところで火を止めました。

しいたけ、ブロッコリーをそえて。刻んだショウガを天盛りして。


うまくいきました。ふわふわに出来ました。でも、だしがどこかちがうのよね・・・・。そこがプロの仕事との違いなのでしょう・・・・。



きょうも、いただきまーす!-2

きょうも、いただきまーす!-1 デザートはでっかいスィーティオ。

とっっっってもさわやか。ジューシー。 おいしくてベロが抜ける。


内緒なんだけど、私、果物ってあんまり好きな食べ物ではないのね。

みんなにえーーーっ! っとびっくりされるんだけれど。

だから、買い物に行っても果物にはあんまり関心がなかったの。

でも、この柑橘、とてもおいしかった。たぶん初体験。


私のように食わず嫌いな人にもおいしく食べてもらおうじゃないの、と思ったかどうかわからないけれど、この果物を育てた人の、おいしい柑橘を作ろうと頑張った努力に脱帽です。

ありがとう。ご馳走様でした。




おまけ


マゴのかっちゃんの絵。カラーで大きく河北新報に掲載されました。 バババカ。うふふ。




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年の1月に亡くなった義弟のいさむさん。1年ってあっという間に立つのですね。

きょうも、いただきまーす!-1 新しいお墓が出来上がって、12月に納骨を済ませました。

親戚みんながお寺さんに集まって、今日は一周忌の法要が行われました。


その後、お寺さんの集会室で和尚さんを囲んで会食です。

場所を料亭などに移動しないでお寺さんでやったのは、出席者の多くが高齢者なので、主催したいさむさんの息子さんの配慮だったと思います。


きょうも、いただきまーす!-2

料亭の仕出し料理。もりだくさん。


きょうも、いただきまーす!-3 お刺身

きょうも、いただきまーす!-5 野菜と海老の天麩羅

きょうも、いただきまーす!-4 三種盛り  左から花寒天 いろいろ野菜の白和え 鰤焼き


きょうも、いただきまーす!-2 真鱈子煮

きょうも、いただきまーす!-1 アンコウのとも和え

きょうも、いただきまーす!-3 野菜の吹き寄せ

きょうも、いただきまーす!-4
メヌケと冬野菜の味噌仕立て鍋

きょうも、いただきまーす!-5 デザート

その他に、

茶碗蒸し

温うどん椀 がつきました。



さらに、持ち帰り用に

きょうも、いただきまーす!-1

タラバガニ、鶏の焼き物、ロールケーキ、白蒸かし、くるみ豆腐。


きょうも、いただきまーす!-2 と、まあ大変盛り沢山なご馳走です。


こういう宴会料理は、家に持ち帰ることが前提で、最初から昔は空の折り箱、今はプラケースが最初から用意されています。

子供のころ、大人が持ち帰るこのご馳走がとても楽しみでした。

甘いくるみ豆腐が大好きだったわ。



たくさんのご馳走を、持って帰れる分も供する習慣が、今でもあります。

この習慣って、全国的にそうなのでしょうか。゜


東京あたりでは、食べきれない分を持って帰るのをレストランから断られた経験があります。そういえば。


我が家は夫婦だけの世帯で、二人分のご馳走を持ち帰っても、喜んでご馳走を待っている家族がいません。こんなにたくさんでなくてもいいのにね。



出てきたご馳走は、どれも家でも普段作る和食なのですが、とても丁寧に作られていて、お出しの味も、ひと味もふた味も違うのですよ。

それがプロの仕事なんですね。



家に帰ってから、持ち帰ったお料理で、いさむさんを偲びました。

若いいさむさんの息子(甥)、娘が、出席した親戚みんなへの接待、心配りがすばらしく、とてもしっかりと成長していることをあらためてうれしく思いました。



ご馳走まだあります。

蟹や鶏は、料理の素材として工夫しようと思います。




いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。