きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:


28日。

7合目花小屋 6;00 ・・・・・・8合目太子館 7:30・・・・・・・・・・・・9:20元祖室(3250m)・・・・・・・12;15浅間神社鳥居

13:40下山開始・・・・・14:25江戸屋・・・・・・・15:10 8合目太子館(3200m)泊


富士山から


小屋から、きれいなご来光を拝むことが出来ました。


富士山から

いい天気です。



富士山から 8合目太子館。青空の下で、寝袋がずらっと干してあります。

ここに下山後泊まります。

ふかふかの寝袋に包まって寝られそうな、うれしい景色です。



富士山から

いい天気は、ここまで。


9時30分ごろから雲が増えていき、
富士山から  9合目の鳥居をくぐるころは、このとおり。


しかし、ここから山頂までの遠いこと 遠いこと!!

1歩・・・深呼吸・・・・1歩・・・・・深呼吸   


ガイドのひろたさんが、高山病にならないために、特別な呼吸法を、くりかえし伝授してくれました。

やっぱり、富士山はそうやすやすとは山頂に立つことを許してくれる山ではありませんね。



山頂到着。 ばんざーい!

一人残らず、35人全員が登頂できたって言うのは、ある意味でガイドさんの力量がなみなみならず、すごかった、と言えます。




風が強く寒い。雲の晴れ間をパチリ。

こんなにきれいに見えていたそのあと、一転して曇ったり、雨がぱらついたり、突風が吹いたりで、やっぱり、天気は不安定です。


予定のお鉢めぐりが・・・・・

風が強すぎる、

ここは、日本のてっぺんだから、突風を避ける場所がない、キケンだ、

ガイドのひろたさんは、そう判断し、ここで昼食のあと、お鉢めぐりはしないで下山ということになりました。

実際に、天気がよくてもこのような理由でお鉢めぐりが出来るのは、3回のうち1回がいいところなのだそうです。

私は、前回の登山の折には幸いお鉢めぐりが出来ました。



 山頂の浅間神社で、登頂記念祝いの杯をちょうだいするパパ。

よかったね。


昼食にいただいたものは、

家から背負ってきたなまきゅうり、トマト、手作りのちまき

だって、今までの経験から、疲れているときは、やっぱり畑のきゅうりがいちばんおいしいんだもの・・。あは。

花小屋で、お弁当はいただいたのですけれど、カロリーメイトなどは、平地だとおいしいのに山の上になると、・・・・。


それから、トン汁。寒いので、これはうれしかったわね。 1杯800円でした

ちなみに、水は、500mlのが、500円です。

高いけれど、高山病を予防するためには水をたくさん飲まなければならないので、こうやって背負わずに水が手に入ることは、とってもありがたいです。



下山。 雨降ったのに、調子よく降りられる砂走りは、耳も鼻の穴も、口の中まで砂だらけ。 お風呂は下山したあと。



これは、太子館での夕食。

カレー、ごはん、ソーセージ1本、漬物少々、お菓子。

ゆうしょく 花小屋の夕食

ハンバーグ、味噌汁 刻みキャベツ、漬物少し、ご飯


どちらの小屋も、水が少ないので食器は使い捨て容器です。

山小屋で、何か食べ物が出るのは、ありがたいですね。その中身はともかく。

高山では残飯の処理が難しかったりするので、残らないように、この程度なのでしょう。

それでも、前回から見ればかなりよくなったと思います。



よくなったといえば、1人が占領できる眠るスペースが少し広くなりました。

以前は、頭と足を交互に・・・・(ノ_・。) トイレに立ったらもう自分のスペースがなくなります。

しかし、今回は花小屋も太子館も、たたみ1枚のスペースに2人くらいでしたから、格段によくなった。

それでも狭いけど。



画期的なのが、トイレ。

富士山もバイオトイレが導入されました。すごく汚くくさかったのがきれいになりました。トイレにはお金がかかります。料金が100円です。

少なくても、垂れ流しは無くなりました。



こうして、富士山もきれいになるように、関係者が懸命に努力しています。

smileyenglish さんからのコメント、

富士山が世界遺産登録できないのは、ゴミがすごいからって本当でしょうか?


富士山には年間で20万人が登るのだそうです。この週末にも2万人を超える入山があったということです。

夏の限られた期間にこれだけ多くの人間が入ることが、ゴミの問題の一番の原因だと思います。


一昨年、ニュージーランドのミルフォードトラック 、昨年は中国の九寨溝 黄龍 に行ってきました。 

どちらも高い国立公園の入山料を取って入山者を厳しく制限しています。


ミルフォードトラック では、歩くコースが厳しく定められ、山小屋の宿泊人数しか1日に入山の許可が下りません。

九寨溝 黄龍 では国立公園内に宿泊施設をもっていません。



富士山では、何が出来るでしょうか。

落ちているゴミというのはみんなの意識が高くなり、ほとんどありませんでした。持ってきたゴミは自分で持ち帰ることは徹底していたように思います。

ただし、ブルトーザーが行き来して、各小屋から空き缶、ペットボトルなどを大量に回収していました。

スバルラインも、混雑緩和のために、駐車場のスペースを限度に通行制限もしているようです。



自然を守るためには、基本的には年間20万人以上の登山者を減らすことでしょうけれど、そんなことが出来るでしょうか。

ヤマケイなどで、入山料を取ることにはいろいろな意見が出ているようだけど・・・・

オーバーユースの問題は、観光関係者の利害ともからむので、むずかしいですね。

自分も富士山に登ってそんなことを言うのは矛盾してるけど・・・。



AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

山登りをするのに、旅行会社のツァーに参加するのが、じつははじめてでした。

富士山は、1994年に登っていて、はじめてではないのだけれど、下山のあとは、ゆっくり眠って帰りたいという理由だけでパパと一緒にツァーに参加を決めたのです。(・・。)ゞ


コースは、河口湖口から富士スバルラインをバスで登り、5合目駐車場から山頂をめざし、お鉢めぐりをして5合目へ下山するという山小屋2泊の旅程です。



7/27 仙台7:00-------14:00富士山5合目16:00・・・・・・・・18:107合目 花小屋泊



バスで登ってきた5合目は、そこはすでに標高が2305m、東北のどこの山よりも高い場所にいるのです。

日曜日ということもあって、下山した人、これから登る人でごちゃごちゃ。 すごい! 富士山が好きな人、こんなにいるのね?



小御岳神社 小御嶽神社に登山の安全をお祈りして。


ツァーだからね、まずは富士山をバックに記念写真を撮って。(このとき、富士山は雲の中だったけど)

雨が降ってきました。


ほどなく雷まで。すぐ近くでピカッ。ゴロゴロゴロ・・・・・。

ありゃりゃ。すごくヤバくないはてなマーク

しばらく待機です。


ツァーには、専門のガイドさんがついています。天気予報の会社とケータイで頻繁にやり取りして出発のタイミングを判断しているようでした。



考えてみれば、5合目でしばらく待機できたことはラッキーです。

理由は、いきなり2300mまで来た身体を、ここで少しでも長く待機することで、より高度に慣れさせることが出来ます。

そして、雨が降れば、砂埃があがらなくなるし。


午後4時。 雨具を着ていよいよ出発です。 ガイドのひろたさんは、雷は通り過ぎていったと判断しました。

参加者35人、周りの会話を聞いていると、ベテランから初心者まで、小学生からかなりの高齢の人まで、バラエティに富んでいます。


雨具のことでひと悶着ありました。

ビニールポンチョを着ていた人に、ガイドさんがそのカッパでは、連れて行けない、と、クレームをつけたのです。


急遽、ズボンと上着の雨具をレンタルして出発です。



6合目までは平らなので、るんるんです。いろいろな植物も、見られます。しゃくなげ、ハンノキ、ダケカンバ・・・


オンタデ オンタデ

斜面がきれいに緑色。上を見上げれば、茶色で、若い火山に植物が入り込んでいく過程を見ているようで、面白いです。

落石シェルター 6合目を過ぎると、背の高い植物は全くなくなり、落石を避けるためのシェルターなども。

富士山安全指導センター 6合目 富士山安全登山センターを通り過ぎて・・・・・


ゆっくり・・・・・ゆっくり・・・・・1歩・・・・・1歩。

ガイドのひろたさんが呼吸の仕方、歩き方を丁寧に教えてくれました。

時々、バラバラッと雨が落ちてきます。

風はそれほど強くなかったのはよかったわ。


雲海 眼下には見事にきれいな雲が広がっていました。


午後6時過ぎ、やっと7合目の小屋に着きました。


雲海は、夕日に照らされて、刻々と色が変わっていきます 。薄いピンク・・・・オレンジ・・・赤・・・青、紫・・・群青

目が離せません。


さらに面白かったのは、ふもとの山中湖の向こうに移動していった雷が、すごい稲光を発しているのを何回も見ることが出来たこと。きゃー!かみなりさんが、下にいる!!

 惜しい! 光った瞬間はやっぱり撮れない。



帰宅してわかったことですが、この天気の不安定さは、各地にかなりの被害が出ていたのですね。

関西のほうでも亡くなった人がいたり、東京で、すさまじい豪雨が降ったり。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
富士山って、やっばり色々な意味で日本一の山ですね。
今八合目の小屋に入りました。
ここから地図で見るような景色がきれいです。
さいわい、高山病の症状もなく、元気でここまで降りて来れてよかったです。
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。