きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:

カロリーをおさえるために、油を使わなくてもおいしいと感じる調理には・・・今、やせる必要があるのよ。私。

鰹節や昆布、魚介類の旨味を利用するのが、なんと言っても手っ取り早い。

やっぱり和食に使われる出汁って優れものだと思います。


これはCOOKPADで見つけたレシピを自己流にアレンジしました。
エビと蓮根のうま煮 クローバー蓮根と海老のうま煮
①蓮は皮をたわしでごしごしこすり、食べやすい大きさに切って酢をたらしたお湯で茹でます。


②海老は、からを剥いて背ワタも取り、洗って水気を拭いたらさっと塩と片栗粉をふります。

熱湯にさっとくぐし、ひきあげます。

パッときれいな赤に変るのが、いいわね~


③冷凍の枝豆はさやをはずしておきます。


④濃い鰹だし汁+薄口醤油+おろししょうが汁に片栗粉を少し溶きいれておきます。

鰹だし汁は材料に調味料がまとまる程度の分量。


⑤全部を一緒にして火にかけ、トロミがついたら、出来上がり。

カロリーを気にしないなら、とろみをつける前に、さっと油で炒めても、おいしいです。

さらに、ごま油を出来上がってからたらすと・・・いい香り。



お刺身サラダ クローバーお刺身サラダ

刺身の分量が少ないので、キュウリと大根も一緒に。これには少しサラダオイルも使っています。

キュウリと大根は、塩水に少し漬けて、かたくしぼっておきました。

塩+ときわさび+醤油+サラダオイル 

油をあまり禁欲的に制限してもね~・・・・・・・このくらいはいいでしょ。


クローバー煮物 干し舞茸、ごぼう、こんぶ

ほんっとに薄味にしたけれど、舞茸とごぼうと昆布が最高の味を出してくれました。


クローバーベビーホタテの吸い物

クローバー黒米入りご飯

夕食
海の恵みバンザイ!! 今日もおいしくいただきました。感謝ビックリマーク


AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

氷点下4度と冷え込んだ朝。この冬の最低気温だったそうです。

県南の山元町はホッキ祭り  が行なわれました。


快晴の寒い空に、たくさんの大漁旗が空にはためいています。
ホッキ祭り 祭りの会場は、すばらしく晴れ上がった空の下、大勢の人でにぎわっています。

会場の入り口にも・・・・


ホッキ祭り 磯浜漁港に係留されている船にも・・・かかげられた大漁旗が強い風になびいています。寒い!

ホッキ貝は、山元の磯浜漁港に水揚げされる冬の味覚です。



この祭りの会場を見がてら、県南をドライブ。


東北の湘南と呼ばれる温暖な気候を利用して、このあたりは葉物野菜やイチゴの栽培がさかんです。

ビニールハウスがずらーっとならんでいます。

あちこちにイチゴ狩りのための赤い旗が立っていて、風を通すために空けられているハウスを覗くと・・・

丹精込めて育てられた真っ赤なイチゴがすでに実をつけているんです。


そうそう、ホッキ祭りの会場でもイチゴが特産品として並んでいました。

栽培技術が格段に進み、イチゴの旬って、「今」なんですね。



海辺からは


蔵王

県境の山がずらっと真っ白い姿を見せていました。これは蔵王連峰。

これより北の山々も見えていましたが、とっても全部はファインダーに納め切れません。

海と、この白い山を眺めながら、ストロベリーロードを走るのは、いい気持ち!


ただ走っただけかってはてなマーク

いえ。パパと今年の畑をどうするか、広々とした田園を眺めながら、連想ゲームのようにしゃべりました。

ハウスを持っていない山の畑 も、そろそろ農作業開始です。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

生の舞茸なら、焼いてポタリと醤油をたらしただけで食べる、と言う料理ともいえない食べ方が大好きです。

なにしろすばらしいかおりですから・・・。

乾燥舞茸 干し舞茸。

それが干し舞茸になると香りも旨味ももっと凝縮するんですよね。


干し舞茸の煮物 クローバー干し舞茸の煮物
水でゆっくりもどした舞茸を火にかける。


 すると家中すばらしい香りが広がります。

もちろん、換気扇を止めてひとときその香りを楽しみました。(*^_^*)

一年中舞茸を口にすることが出来るのは、人工栽培ができるようになったからですね。技術に感謝です。



生シラス丼 クローバー生シラス丼

駿河湾の生シラス。

現地でしか食べることが出来なかった新鮮な生シラスをいただくことが出来るのも、冷凍技術の発達と、高速輸送が出来るおかげ。

生シラスは、キラキラと透明で目だけが点と黒。ちゅるっとして、独特な食感です。

黒米入りご飯にきざみ海苔を敷き、その上に乗せて、わさびと醤油でいただきました。

こういう食材が出てくると、ご飯を相手にビールがほしくなります。ビール


クローバー豚モモ肉ステーキ 大根おろしたっぷりソース


クローバーキュウリの酢の物

夏でもないのに、大袋で安売りされていたキュウリ。でも冬はやっぱりキュウリは飽きてしまいます。

おいしかったんだけれどね・・・。旬でない食材は、からだが拒否するのかな?


クローバーブリ中骨のうしお汁


夕食  以上が昨日の夕食でした。たべすぎ・・・(^^ゞ

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

昔から伝わる、収獲したものを残らず無駄なく食べるための工夫って、すごいと思います。

人々は塩漬けにしたり、 乾燥させたり凍らせせたり、食べ物が腐らないように保存して厳しい冬を乗り切ってきました。。


凍り豆腐 これは、岩出山産のしみ豆腐


もともとは、農家の冬季換金作物として、また冬の貴重なたんぱく源として“斉藤庄五郎さん”が、高野山から持ち帰り、岩出山の風土にあった製法に改良して作り上げたものなんだそうです。。

こちらに岩出山“凍り豆腐”の出来るまでがにあるので興味のある方はどうぞ。

しみ豆腐は、煮物はもちろん、我が家のお正月の雑煮には欠かすことが出来ません。

大根は、貯蔵のためには漬物にしますよね。それから、切干大根にするとか・。

県南の丸森町筆甫地区は、周りを山に囲まれているので冬はきびしい寒さの場所。

そこでは凍み大根(へそ大根)がむかしから作られています。

これがまた、煮物にするととってもおいしいのです。


へそ大根みやぎ生協のHP よりお借りしました。


こんな風に、輪切りにして茹でた大根を綱に通して、乾燥、夜に凍結、また昼に溶けたのを乾燥させると、とっても軽くなってしまうんです。


乾燥舞茸 干し舞茸(釜房湖舞茸生産組合)

今はきのこ類はいろいろな種類が人工栽培されていますが、昔はかなり貴重な秋の恵みだったに違いありません。

舞茸を森で見つけると、舞い上がって喜んだから舞茸と言う、と、聞いたことがあります。

干したきのこは、旨味と香りが凝縮されて煮るととてもいい香です。

寿命が延びた分、食の飽和状態で、健康病気が増えましたよね。成人病、糖尿病等など・・・・・。宮城(東北地方)の冬季の保存食(先代の知恵)は、何があるんでしょうかね??。


400mannika夫 さんからごっつぉうさん  にいただいたコメントに答えて、宮城産の名物保存食を探してみました。。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


b@ごっつぉうさん  副題に、伝えたい宮城の郷土食とあります。

ごっつぉうは方言でごちそうのこと。ごっつぉうさんごちそうさまと同じ食後の挨拶でもありますが、食事に対する感謝の意味が込められています。


昔から、宮城県は、三陸沖の豊かな海と、米が取れる平野があり、東北の中では比較的温暖なところでもあり、恵まれた場所でもありました。

でも、たびたびヤマセ、秋の長雨などで凶作になり、食料はいつも不足していました。昔の人々は、こんな状況の中で四季折々の地場の産物を余すことなく生かし、地域ごとに独特の食文化を築いてきました。(序文より)


私は冠婚葬祭など、家で行なわれていた時代をかろうじて知っている年代なので、この本の中に書いてある郷土食の、かなりの部分を知っているつもりでしたが・・・・・県北から県南まで、リアス式の海岸から山沿いまで、宮城県って広かったのね。

この本でそんな厳しい時代から先人が築いてきた食文化をあらためて知ることが出来たことは、とってもうれしいことです。

ふんだんに載っている写真とレシピが楽しい本ですので、少しづつ紹介していきたいと思います。



今、スローフード、昔からの食べ物、食べかたが見直されています。たぶん、今の激的に変化した食生活のゆがみから来る、生活習慣病の増加がそうさせているのでしょう。


昔の食事をきちんと伝承していくことは、地産地消の上でも大切ですが、栽培技術のめざましい進歩で、冬に新鮮な野菜が手に入るようになった今、塩蔵野菜しか食べられなかった昔と比べて飛躍的に寿命が延びたことも見逃せないように思います

冬にもトマトやキュウリが手に入り、旬というものがなくなっていることにある種の寂しさも覚えますけれど、昔からの食事を知ったうえで、今の恵まれた環境から何を取り入れていくか、見極めていきたいと・・・思う私です。


さて、夕べの食事。

夕食 クローバーブリ大根

クローバー小松菜ののりあえ
クローバー枝豆とキュウリのカッテージチーズサラダ


鶏ハム クローバー鶏ハム 

実験第3段。鶏の手羽肉を2日間塩、砂糖をまぶしてきっちり包んで冷蔵庫に寝かせました。

茹でるとき、ラップできっちり包み、タコ糸で縛って・・・・という方法を試みました。

ふんわりと、とってもおいしい鶏ハム、できましたよ。(^_^)v

しかし、以前に作ったラップで包まないやり方ても十分おいしいのが出来たので、こんな風に、ハムらしく丸くしたいときには包む、ということで十分だと思いました。

クローバー味噌汁 大根、人参、白祭、豆腐

クローバー黒米入りご飯

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。