きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。


テーマ:

DSC001021 ダフェ (虹雉)

ネパールの国鳥になっているダフェ。

そう簡単に出会える鳥ではないだろうと、半分あきらめていたのに・・・


会えたんです。

春浅い畑で、耕している人のすぐそばで掘り返した土の中には、何かイモムシでもいるのでしょうか。盛んに何かをついばんでいます。遠いので、手ぶれ? よくピントが合ってません。虹雉の名前のとおり、艶のある青紫の羽根と、黄色の尾。見る角度によって、色々な色に光っています。


DSC00083

4000m近い高地の草地。ヤクがのんびりと草を食べていました。

まだまだ寒く、新鮮な草はまだ生えていないです。

ガイドさんによれば、このあたりだと、野生ではなくて、だれか飼い主がいる、とのこと。



DSC05822 標高3000mのあたりは、サクラソウの天下でした。

あたりいちめんこの花が咲き競っている様子は、圧巻でした。



DSC05874 これは、チンチョウゲと思われる花。日本のものより、かなり高木です。

そういえば、石楠花がきれいでした。やっぱり、日本のより背が高いです

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ナムチェバザールから、さらに急坂を登っていきます。

富士山の標高を越える高さでは、1歩1歩が重く、苦しい。

シャンボジェの丘を越えてエベレストを見ることが出来るビューポイントに立つロッジ(パノラマホテル)へ到着。

雪が建物の日陰に残っている。苦しい。寒い。体調がよくない。眠い。


さて、次の日。夜が明けてきた・・・・

DSC001171

山に、日が当たり出した・・。

す・すごい!

目の前に、幾度も幾度も本で読み、想像し、あこがれていた山が、目の前にずらっと並んでいる。

信じられない光景。



DSC001191

アマ・ダブラム ローツェそして、左奥にエベレスト。

あれが、あれが、あれがエベレスト。

長い間ずっとこの景色をこの目で見るのが夢だった・・・・


DSC000461

聖なる山クンビーラ


Dsc059971
真正面にエベレストが見える場所にチョルテンが立っていました。

エベレスト登頂50年を記念して2003年に建てられた、とプレートには記してありました。



DSC000891

パパはいつもファインダー越しにしか景色を見ていなかったんじゃないかなあ・・・・

おかげで、たくさんの思い出が写真とビデオに残りました。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2004年ネパール。 首都カトマンドゥからオモチャのような飛行機に乗って、エベレスト街道の玄関口ルクラにやってきました。

ここからエベレストに至る道は幾多の遠征隊が通っていった道です。

DSC000251

街道沿いには、人々の信仰を現すマニ石、旗が立っています。

そばを通るときには、現地の人々のやり方に従って必ず右回りで通過します。


ルクラ、エベレスト街道の玄関口には、大きなマニ車があります。そのマニ車には、チベット仏教のマントラ(真言)オン・マニ・ペメ・フムと、チベット文字のほかに、英語、なんと、カタカナでも、書いてありました。

これからの旅の安全を祈り、何度もマニ車を回しました。



シェルバ族の住む村、ナムチェバザール。ルクラから、歩いて1泊2日。

標高3600mですから、ほぼ富士山の高さに近いです。

まるで、すり鉢のそこのような地形に、ロッジが立ち並んでいます。


DSC000601

トレッキングのお客さんを当て込んだお店、まるで、首都カトマンドゥ かと思うようなしゃれたケーキ屋さんもあります。また、トレッキングに必要な品も、ノースフェースなどのブランド品が、日本で買うのと変わらない値段で並んでいます。ネットカフェもありましたよ。

ここが、山奥の村だということをしばし忘れます。


丁度ついたときには、土曜日、バザールが開かれていました。

ヒマラヤの峠を越えて、チベットから足を頼りに歩いて持ち込まれた中国の製品が衣類、くつ、工業製品など、所狭しと並んでいて、たくさんの人が近隣から集まっていました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2004年、再びネパールへ、今度はエベレスト街道を歩きました。

衛生環境も不十分で食事もけして口に合うとはいえなかったネパール。

風景がすばらしいから、というだけじゃこんなにまた来たいなんて思わなかったと思います。

何ででしょうね?


Dsc060391

ルクラのロッジの若いご主人と、生まれて4ヶ月の赤ちゃん。

あれから、丁度2年がたとうとしています。大きくなっただろうな・・・・乳幼児死亡率が高いって聞いているけれど、元気でいるよね。絶対元気だよね。


ロッジで出てくる食事は、いつもダルバードと呼ばれる豆のスープとご飯が中心でした。

たぶん、こうして遊びに興じている子供達だって、お肉はめったに口にしない、、ダルバードを食べて元気。


Dsc060381


豆の力って、すごいよね。3000m以上標高のある場所で、子供達は元気に山を駆け上がって学校へ通っています。

私は、その急坂がヘロヘロでした。


街道沿いに住む人々は、トレッキングシーズンになると、ロッジで働いたり、ガイドの仕事をしたり、ポーターとして重い荷物を背負ってトレッカーの世話をします。


DSC058631

ガイドさんとポーターさん。

ガイドは厳しい国家資格を取らないと、なれないのだそうです。

ガイドさんは、日本語を一生懸命勉強していて、私たちも彼に貪欲に色々教えてもらったけれど、彼も、日本語の使い方をこれでいいのか、と,私たちに聞きながら覚えようと努力していましたよ。

ガイドさんには、入国してから、帰る日の朝まで、とてもお世話になりました。メールアドレスの交換をして、別れを惜しみました。

でも、手書きのアドレスって、あてになりませんね。どこが悪いのか、送信に成功しないのです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2002年 ゴレパニのテント場からヘッドランプをつけて、暗い中をプーンヒルに登り、日の出を待った。


DSC002781

ダウンのジャケットを着ていても寒い。

やがて、日が上ってきて、雪の8000m峰の斜面を照らし出した。ピンクの山。

それがあっという間に真っ白に輝きだす。

歓声が上がる・・・・みんなの顔も赤く染まっている。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。