ナゴヤキック

テーマ:
TKブログ-110626_155740.jpg

本日はアスナルホールにてナゴヤキック。

第3試合に崎村匡如が出場。

結果は30-28、29-28、30-28で3-0の判定負け。

正直、勝ったかなと思いました。

3R終盤に印象の悪い部分があったので、ドローもありえるかな、ぐらいに思ってましたが、結果は3-0判定負け。


3Rはともかく1、2Rは取られてないと思ったんですが、、。


でもしょうがないですね。

また次戦に期待です。


来週はアマ修斗関西選手権。
AD

アマ修斗結果

テーマ:
竹内さん、バンタム級3位。
1回戦はテイクダウンからパス、マウント、腕十字で1本勝ち。
準決勝はパンチでダウンを奪われ、その後テイクダウンを奪えずポイント負け。
投、極は強いので課題は打撃です。


石田、フェザー級3位。
1回戦はシーソーゲームでポイントドロー、旗判定2-1で勝利。
2回戦は相手の欠場により準決勝へ。

準決勝はタックルに行ったところにニンジャチョークを合わされキャッチポイントを献上。
そのポイントが響き敗退。
もっと手数を出し、先手を打っていけば勝てたのでは。。下がってしまう場面が多々あったのが惜しい。


西、ライト級1回戦敗退。細かいフックを当てるもタックル潰され最後はチョークで1本負け。
相手も強かったですが、組、寝技の基礎をしっかりやる必要があるかな。まだまだこれからに期待!


浦山、ミドル級1回戦敗退。
パンチを2、3発連続で当て、打ち気になったところにタックルを合わされる。その後パス、マウントを奪われ、返したとこに三角を合わされ1本負け。

まず体格差が、、。ミドルでやるにはフィジカルアップの必要がありますが、できる事なら70kgでの活躍に期待!


やはり全体的にレベルが高い。
パウンドが無い事や、ポイント制、ロープの無い柔道場、など通常のMMAとは全く別物と言っていいルールですが、ここで勝ち上がるには打投極全てにおいてある程度のレベルじゃないと難しいでしょう。


7月3日には関西選手権があります。
都築、竹内、石田が出場予定。


今年は小田原に行きましょう!
AD

アマ修

テーマ:
TKブログ-110619_100632.jpg

今日は愛知県武道館で東海アマチュア修斗選手権。

バンタム級に竹内さん、フェザー級に石田、ライト級に西、ミドル級に浦山が出場。


中日ボクシングジムではブリッジが開催され、山本が出場。

岐阜では新日本グローブ空手が開催され、大橋社長が出場。


僕はアマ修斗の会場。

結果は終り次第。
AD