8/30 プロ修斗&9/20 STC20

テーマ:

TKブログ-090728_161708.jpg


8月30日(日)、金山アスナルホールにて開催されるプロ修斗名古屋18に出場します。


前回の修斗は負けていて、修斗での2連敗は避けたい!!のでがんばります。


藤井もアマ修斗ワンマッチで出場予定です。


みなさん、応援よろしくお願します。 チケットはGSBで取り扱っております。





それからストライキングチャレンジ20の開催が決定しました。(詳細は近々)


9月20日(日) 場所はいつもと同じ公武堂MACSタイガーホールです。


みなさんのご参加お待ちしております。



「SHOOTO GIG CENTRAL vol.18」

2009年8月30日(日) 12:30開場/ 13:00試合開始/ 当日券12:00発売開始

会場:アスナル金山アスナルホールhttp://www.asunalhall.com/access.html Tel052-324-8577

名古屋市中区金山一丁目17番1号

RS席¥8.000 / S席¥6.000 / A席¥5.000 /立ち見¥4.000(当日のみ) ※大会当日は全席種¥500増

●対戦決定カードプロ全5試合+アマチュア3試合(名古屋FF16)を予定

・第8試合メインイベントミドル級5分2R
奥野"轟天"泰舗(フリー)vs 久米鷹介(ALIVE)

・第7試合ウェルター級5分2R
梶田高裕(グラップリングシュートボクサーズ)vs 寿丸(秋本道場JungleJunction)

・第6試合フェザー級5分2R
エダ"塾長"こうすけ(PUREBRED京都)vs 赤尾征爾(NEX-SPORTS)

・第5試合バンタム級5分2R
坂元寛史(NASCER DO SOL)vs 佐藤ハヤト(パラエストラ松戸)

・第4試合フライ級5分2R[2009年度新人王決定トーナメント2回戦]
ろん(柔術兄弟)vs 岸本耕治(TKエスペランサ)

※第1~3試合は、「アマチュア修斗公式戦/名古屋フリーファイト16」を開催します。

AD

DEEPJrグラップリングルール 3分2R
●佐藤執斗(GSB) VS 山口友花里(空手道白心会)

執斗、残念ながら肩固めで一本負けをしてしまいました。スタンドでバックを取られたのがいたかった。

負けてしまったけど、小学生であんなリングで試合ができたことは、大きな経験になるんではないでしょうか。

しかし山口選手はやっぱり強かった。体力もあり、極力が非常に強いというのが印象です。

DEEPルール フェザー級 5分2R
●中島崇夫(Team Barbosa Japan) VS 都築博之(GSB)

都築、2R劇的KO勝利! あんな結末になるとは思いませんでした。。

2Rにパンチを受け、効いた様子の都築に中島君は前に出てラッシュをかける。ロープ際で打ち合いになりカウンターで都築の右フックがクリーンヒット! でKO。

あの状況で組みつかず、打ち合った都築はすごい。紙一重の攻防を自分のものにしました。

それと中島君のアグレッシブさが産んだ結果とも言えるでしょう。

中島君とはよく練習したことがあるので、ちょっと複雑な感じですが、両者の技術、積極性、気持ちが出た本当にいい試合でした。

公武堂杯DEEPフューチャートーナメントライト級 決勝 5分2R
●田中慎一郎(GSB) VS 南陽啓(NOS)

田中も1R、TKO勝利!

序盤からパンチで優勢に進め、南選手が飛び込んできたところをカウンターの右ストレート。そしてパウンドで追い打ち→レフェリーストップ。 安心して見ていられました。

南選手のローキックは重くて痛そうでしたが、前回に引き続きパンチでフィニッシュ。優勝です。優勝者にはDEEP本線出場が約束されているということなので、1ステージ上の試合、そして勝利に期待です。

打撃力が本当にUPしています。

メインイベントDEEPルール ライト級 5分2R
●坪井淳浩(GSB)VS パーキ (CMA KOREA)

1R中盤、カットによりレフェリーストップ。

パーキー選手の右ハイキックにより左こめかみ付近がザックリ。。ドクターチェックが入り1度再開されましたが、出血が酷くレフェリーストップ。

こういう結果は悔しいです。代表自身が一番悔しいと思いますが。 しかしあの傷、あの出血の量では即ストップだと思いましたが、メインイベント、そして代表の気持ちを汲んでの再開だったんでしょう。

タオル投入という手もありましたが、できませんでした。。。

再開後の次出血したら即ストップという状況の中、1発に望みをかけ前に前に出て行った姿勢には、心打たれるものがありました。

結果としては残念でしたが、感動を与えてくれました。

それにしてもパーキー選手は本物ですね。試合映像は見たことがなく、強いという噂しか聞いてなかったですが、単純に強い!

韓国人特有の体幹の強さ、パワー、瞬発力、などフィジカルは70kg級を超越しているでしょう。

やっぱり生活、文化の違いがあるんでしょうね。。

GSB以外の試合ではNEXの服部君は完勝の1本勝ち、スプラッシュの加藤君はTKO勝ち、直揮さんは判定負け(この人の強さはあんなものではない!)

出場した選手はもちろんですが、スタッフの方々、おつかれさまでした。


TKブログ-090726_181609.jpg


TKブログ-090726_200243.jpg

AD

試合結果

テーマ:
TKブログ-090726_182542.jpg
執斗、1R肩固めにより1本負け。


都築、2R、右フックKO勝ち。


田中、1R、パウンドTKO勝ち。


代表、1R、カットによりドクターストップ負け

とりあえず結果のみ、詳細はまた明日書きます。
AD