2009年08月17日(月)

Chart-Chooser_結構使える17チャート

テーマ:最近学んだこと

チャートチューザーでは全17種類のチャートがダウンロードできるだけでなく、用途に応じてどのチャートを使ったらいいか教えてくれる、結構使えるサイトです。


こちら ⇒ チャートチューザー  


アメリカのサイトなので、英語表記ですが、使い方はとっても簡単です。

ページ左にチェックボックスがあるのでそこにチェックを入れるだけ。

後は、エクセルかパワーポイントファイルをダウンロード!

数値の部分を置き換えればすぐ使えます


□Comparison(比較)

□Distribution(散布)

□Composition(構成)

□Trend(傾向)

□Relationship(関連)

□Table(テーブル)

ちなみに私はすべてダウンロードしました。

一旦エクセルでチャートを表示しておき、そのチャートをユーザー定義に追加しておけばいつでも利用できます。


と、ここまで紹介してきましたが、オフィス2007を利用されている方はほとんどのチャートがプレインストールされています。。。

「なぁんだ、じゃぁ利用価値ないなぁ~」


・・・そう思うのはまだ早いです。

なぜなら、技術的に使える状態であったとしても、それぞれのチャートの特性がわかっていないとプレゼンには使えません。

例えば時系列データを円グラフで表わしたらどうなるでしょう?

何を伝えたいのか非常にわかりづらいですよね。(チャートを言葉だけで説明するのも苦しいですが)

チャートチューザーの17種類の基本チャートを知っておけば、大抵のことは事足ります。

シンプルなものばかりですが、基本の”型”を知るにはいいと思いますよ。


チャートの使い方について書かれたお勧め本は次回紹介します本

PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード