空気の意見 

過去の規制緩和による捻れた競争社会に、公正な競争を導入し、不当な競争から労働者を保護しよう! 介護福祉は国営化。国が労働者管理機構をつくり、労使へのアクセスとバックアップ、フィードバックを強化し、労働者達へのセーフティーネット強化の土台をつくろう。


テーマ:
【暴力装置発言の発端】

 なにやら問題の発端は、
自衛隊施設で政府批判を行う人物を呼ぶべきか呼ばないべきか、で揉めたことらしい。
で、仙石さんの発言で火がついたという。

 で揉め事というのはこちら、まあ、産経ニュース で我慢してください。
今月3日に一般人の入間航友会会長である88歳の方に、
政権を入れ替えたほうがいいと、政権批判をされたわけだ。
ちなみに会長が行う政権批判は自民党政権からずっと行ってきたとのこと。

 さらにいま、その前に七月頃に自衛隊の納涼祭において行われたという、
民主党松崎議員の自衛隊員恫喝疑惑が持ち上がってきた。
そして管政権は自衛隊と施設内に来た一般人には政治的中立性が適用されると話している、と。


【一般人の痛み入る挨拶に防衛省通達を出すという前代未聞の恥ずかしい政府行動】

まさに、泥沼、恥ずかしい。こればかりは政権末期と言われても仕方ない。

人生の大先輩で本当の挨拶をする人物が自衛隊施設で挨拶をし、
それを「ご挨拶真に痛み入ります」と言わずに、政治的中立性が適用されると喚く。
実際に一般人に行政処分として適用されたらこれは法廷闘争になりかねない。
会長のあの程度の発言なら問題にならない可能性のほうが大いにあると思える。

よくもこんな爆弾を自分から抱え込んだものだな、と管首相と仙石官房長官の浅はかさに戦慄を覚える。
これから自衛隊施設内で一般人に平然と政権批判をされたらどうするつもりなんだろうか……?


【一般人を含んだ、自衛隊施設内での行為における政治的中立性が無視された場合はどうする?】

一般人による自衛隊施設での政権批判=政治的中立性の無さ? 自衛隊法適用??

まず、政権批判を行ったら政治的中立性がない、
など自衛隊法を引用しても一概に認定できるかどうかは判らない。
それは法廷で判断したら、というかそんなこと一切考えてないのが管政権だろう。

文民統制と行政処分などを行うというのはともかく、
文民統制がそのままある施設内にて、
一般人相手に政治的中立性を確保しなければいけないなんていうのは、疑わしいところだ。
あったとしてその基準は自衛隊法だけでどこまでの範囲を設けたものなのやら?

それこそ行政と暴力装置と言われる警察と軍隊との関係、
世論との関係で巨大すぎて文民統制だけでは、政治的中立性なんていうのは、
おそらくとても確定できるラインではない。
問題は暴力装置発言が自衛隊違憲派云々というより彼らが捲くし立てて言う政治的中立性とやらにある。

自衛隊施設で問題があったときにいろいろな名目で捕まえたり警察に突き出したことはあったけれど、
自衛隊法を根拠に、文民統制による政治的中立性が自衛隊施設内で一般人にまで適用される???
あるいは自衛隊法が適用される???

などと一般人と自衛隊員に配慮を求めた政権など管政権が恐らく歴史上初めてではないか?

 こんな白紙に近い通達に爆弾まで下げて防衛省に通達させたのは失策でしょう。
上述の通り、実際の法廷闘争にはちっとも使えそうにはないものを、
元弁護士の仙石さんが適用されると喋るのは不思議だ。
こんな問題で法廷闘争されて最高裁までいったら大変だ。
だから政府も防衛省も自衛隊もどうしようもない威圧するための白紙通達にしか思えない。
法相問責もある時勢でよくこんな分けのわからない通達で揉める余裕があったものだ。
これは民主党政権だからいうのではないのですよ、管政権は本当に恐るべき落下状態に入ってますよ。

航友会会長の痛み入るような文化的挨拶から始まり、
ここまで拗れて政治問題化してる時点でとんでもないことだ。
単に報道に失言の揚げ足取りを取られたー! というレベルを超えてる。
たとえ民主党政権といえども心配だ。本当にもっとまともになってくれないと……。
「ご挨拶真に痛み入ります」くらい言ってればよかったことが政府内、国会であんな騒ぎになり、
本気で施設内での一般人の政治的中立性まで要請してるなんて異常だ。

 もし自衛隊員が馬鹿正直に一般人の行為を自衛隊法により制限します、などと行ったら、
そこで最高裁まで行くような法廷闘争を仕掛けられる。それが狙いだったらどうするつもりだろう。

政治的中立性とやらと自衛隊法と憲法を巡って敗北しかねない裁判なんてできるわけがない。


蛇足
↓久しぶりに本棚から出しました。

非対称的権力観、正統性の信仰、支配の三類型。

『現代政治理論』P33より、また引き引用
“それどころか、正統性の概念は「コンセンサスや政治的社会化とほとんど重なってしまうのみならず、
権力者による『動員』や操作、プロパガンダに還元されてしまう可能性」さえ高いのである(佐々木、1999、94頁)”
佐々木毅、1999、『政治学講義』東京大学出版会、第三章、五章より引用、らしいです。
まあ合法的信仰の支配、日常的信仰の支配ともに管政権は疑わしいところがある気がしますね。
現代政治理論 (有斐閣アルマ)/著者不明
¥1,995
Amazon.co.jp
本持ってないけどウェーバー氏の御尊顔を
マックス・ウェーバー (講談社学術文庫)/安藤 英治
¥1,418
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 尖閣諸島と北方領土の違いはなんだろうか?

北方領土を訪問したメドジェーネフ大統領 → イメージ戦略
尖閣諸島領域で行動をする中国      → 外交戦略・世界戦略?


【ロシアが北方領土の拡張を行わなかったこと】

 僕が露大統領訪問のニュースを目にしたときたいした問題とはちっとも思えなかった。
しかし新聞や政府は大騒ぎの様子、それに併せて、
ロシア人側の外交専門家が「たいしたことではない日本は騒ぎ過ぎだ」
という論調を読んで漠然と同意してしまった。

しかしよく考えると、
プーチンが自分のもとに少女を招いて接待しただのロシアの面白ニュースを知っていた等の事情から考えると、
露大統領の似たような「極東の国民にも優しい大統領」という、
恐ろしく俗物的な共産圏らしいイメージ戦略をなかば面白がってたんだろう。
ここでは、このイメージ戦略こそが外交戦略にまで繋がるのだという話は考えない。

 ロシアは様々な点で北方領土の外交的現状に満足しているように見える。
もしそうでないなら支配地域の拡張を狙っていただろう。
もちろんそれに対抗する北海道の自衛隊駐屯であるし、
それ以上にロシアは、
もし領土問題にて外交的実行をすれば日本を突付けばアメリカが出てくることを重々承知しているのだろう。
これは国際条約以上に重要な点だ。
一時期優位に立ったもののロシアはアメリカとの直接的な衝突を招く事態を慎重に避けている、
これはアメリカも同じだけど、U2をロシアに飛ばしてくる時点で少々アメリカはぶっ飛んでるが。


【中国はアメリカの行動を読んでなかった】

 まあ日本が外交に失敗してないわけではないと思う。ロシアの動きの取り違えなど特に目立っている。
尖閣もまあうまくはない、海保の釈放云々はともかく、
尖閣ビデオを公開して外交抗議でも行い泰然としていればよかったわけだ。
お決まりの抗議、お決まりのアメリカとの協調、中国の絶叫調抗議。予定調和みたいな外交の日常。

 ・中国の東シナ戦略と通貨問題をまとめて解決しようと打って出たアメリカ

 実にオバマ政権らしい突き出しを仕掛けてきた。
ここで中国を突くのに絶好の外交ポイントをアメリカに与えてしまったことが中国の失敗だったわけだ。

つまりアメリカは、
中国の経済制裁や東シナの実行支配は西側自由主義諸国に対する許されざる挑戦だと宣言したようなものだ。
いままでは中国に配慮してか曖昧だった。
経済制裁などはすぐに吸収できるのでどうということもないが、
東シナにおける中国の実効支配は有り得ないことだ。同時に通貨問題も切実になってきた。

 こうして中国の国際外交での強行的な動きが不況下のアメリカに実にちょうどいい口実を与えたわけだった。
日米同盟が尖閣諸島に及ぶこと中国が通貨問題をアメリカのために整えること。

 歴史的に日本とアメリカが多大な犠牲を払って支配をする太平洋や優先的支配を望む東シナにまで、
いかに素材の大きなルーキーであろうと中国は海洋国家の新参に過ぎない。

中国はアメリカとの海洋戦争を当初から考えていないし、
その支配の一部を分けて貰うことを当然のように考えていたけれども、
これでアメリカにその野心が叩き潰された。
あとは日本に鞘当てして、
尖閣諸島の一部を中国なりの中国支配と理論と歴史とやらと引き換えに、
日本をアメリカ?辺りから防衛してやろうという理屈なわけだ。
日本が中国の理屈を受け入れてくれればいいわけだ。

もちろんそんなことはアメリカと一緒にやっているからどうでもいいけど。

 中国の言う管政権への不満は複雑なものがあるようだ。自民党のほうが外交的にマシだったというのだ。
いまは推測する他ないが、
おそらく自民党ならばアメリカが日米同盟が尖閣諸島に入るとは言わせなかった、ということだろう。
外交的についついアメリカに助け舟を出されてももっと慎重に中国と話し合ったに違いない。

だが管政権は中国に配慮したとか言ってよこし、
あくまでも管政権の動きで中国は惰性的な経済制裁などを行う。
そのなかで外交のやりとりの重圧に耐えられなかった管政権が、
中国に相談無しにアメリカの提案に飛びついたために話がここまでこじれたと読む。
単に小さな漁船の船長と国内を満足させるポーズが、
こんな管政権により発展をさせられるとは中国も思わなかったに違いない。

こればかりは管政権と中国の中がよろしかろうともはやどうにもならない。
アメリカに見事に大上段から切って落とされたわけなのだろう。



万年筆 カスタム742 フォルカン(FA)【黒軸】 FKK2000RBFA/パイロット
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 海保が外交を考えて釈放どうこうを表明する時点で嫌な臭いがしていたけど、
ついに尖閣ビデオまでネットリークされてしまった。
アメリカの戦争の事後リークがあったとしても、
日本で堂々と警察機構から現在の重要な機密情報がリアルタイムで流出したのには驚いてしまう。

 はっきりいって時期はともかく司法手続き的に終われば、
尖閣ビデオの全面公開は避けられなくなりましたってことだろう。

 事後にあるだろう尖閣編集ビデオの公開でさえ怪しかったが、
リークのおかげでそこを突破して、噂される、
おそらく逮捕乗船時の日中の乗員達のいざこざなんかを含めた尖閣ビデオ全編を待つばかり。



パイロット 万年筆 カスタム74 ブラック 細字 (F) FKK-1000R-B/パイロット
¥10,500
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。