空気の意見 

過去の規制緩和による捻れた競争社会に、公正な競争を導入し、不当な競争から労働者を保護しよう! 介護福祉は国営化。国が労働者管理機構をつくり、労使へのアクセスとバックアップ、フィードバックを強化し、労働者達へのセーフティーネット強化の土台をつくろう。


テーマ:

 夏山にて遭難のニュース。
とりあえず、ガイドといっても登山経験がある雇用者、
すべての責任や判断ミスの結果を押しつけるのはどうかと。
 そんなこといってしまったら登山者は、
万全の装備と経験と自己責任を持たなきゃいけないような反論が出るのは当然の流れ。

 だいいち、登山・キャンプは緊急時の危険性に比べて習熟者や経験者の団体や資格などが
よくわからんくらいに適当だし、そもそも権限や立場が低いようだ。
そんな重要な人達に十分な権限や安全勧告などの警告系すら出させるような、
社会的地位を与えないほうがおかしい。

 船舶で船長などが与えられる権限のようなものを、登山ガイドに与えて、
過密な行程と人員を予定に組んで登山を実行させるようなツアーを中止させるくらいの権限が必要だろう。
登山装備についての指定も厳しくするべきだし、
ガイド団体によるツアー会社の監督監視を充実させたり、
登山者・キャンプ者の登山免許・資格だとかを徹底するべきだ。

ある難易度と危険性のある山は、ガイドと登山者の比率を1:2あるいは1:3くらいに制限すると
手軽なうえに多数の死傷者を出さずに済むケースが増えるはずだ。


 結局のところ、登山者達が、こういった制限や資格や権限に無関心でいるようなこと自体、
登山文化の底の浅さを露呈しているし、
ガイドに強力な権限と企業と登山者の商売からある程度独立した立場が備わっていれば、
このようなツアーの中断や計画からの練り直しができたはずだ。

それこそ、多くのひとが求める「ガイドの判断」とやらの十全な発揮ができるだろうし、
ある現場での限られた状況での判断について結果だけを眺めてガイドの判断を非難するのは無責任だ。

 今回、後続からの別のグループが無事であったことを考えれば、
装備が充実していたならば決して無理な登山ではなかっただろう。
登山現場での装備の不備、低体温症そのものを引き起こした因果関係を、
行動に置くか、装備のなさに置くか。

ツアーといっても、つまりはただの営利商売である。
警備会社だって命をかけて警備するわけでもないのに、
現状のただの一ガイドに命を守れというのはバカげてる。
ガイドの決断した強行軍のせいだといっても、現代の資本主義の商売は、
利益を尊んで、右から左へ、物事を進めるのだから、
過剰なサービスをする(といってもサービスを仕方なく余裕させられるケースが多いけれど)余裕はないし、
登山客の装備の安全管理は登山客個人次第だ。

金銭のやりとりをもって主張するなら、十分に格安の旅行に、
中身の内容や自身のことも十分にわからずに飛び乗ったことを考えるしかない。
なぜなら格安の飛行機に乗ってさえ事故にあったりするのだから、
それだけヒューマンエラーや整備不良が多いだろうということは、
ガイドの判断を一方的に責めるような声に習えば、予め予見できたはずだろう、となる。

社会的なシステムよりは、すべては個人の判断ミスが悪いのだ。

数学の学び方・教え方 (岩波新書 青版 822)/遠山 啓
¥735
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
  保護者が教師が、なんて教育で揉めてるところを眺めたりします。

まず学校っていうのは教育を与えるだけではなくて国家権力である程度統制されている場。
一般企業のように個人的な要求やサービスを実現させるような場所とはまったく違う。
自由というものを、いかにして集団に属することのなかで個人に再分配されるかを教える場所。

 それに、そこでできなかった学習は、個人主義で努力してやりくりすることが暗黙の前提となってる。
勉強というものはそういったもの。
一定の時間、授業を受ければ自動的に成長するわけではない。
家庭学習として何を行うかが重要。

そこで多くの親は大事な家庭学習を塾なんかに割り振ってる。

それもいいだろうけど、本来は、子どもに辞書を引くことと読書を覚えさせて、
哲学だとか洋書だとか、自然科学や数学の本だとかを与えたほうが本当は良いだろうに。
そこで甘いお菓子として、小説だとかマンガとか娯楽もあればいいし、運動させて遊ばせるのもいい。

 学校は、勉強よりも、まず最初に子ども達同士の不正と暴力を見張って徹底的に、
なぜやってはいけないことがあるのか、人間的に理屈的にその両方を諭して、管理するべきであって、
勉強だとかコミュニケーション能力だとか、
その他の雑多な要望を実現させることは必ずしも面倒みなくてもよいと思う。

 だいいち、公共の、権力の場で親が正当でもない要求を掲げてゴネるのは、
権力者を味方にするかなんとかすればどうにでもなるのだという、
卑怯な価値観を子どもに与えることになるだろうと思う。

それに、資本主義の世界では特別な要望を実現させるためには、それだけの金を支払わないといけない。
どうしても多くの要望を実現させたいならそれだけの追加の金を上乗せさせるのが当たり前。
つまり、そういったすばらしい学校をさらなる金額を自分で出して親がつくればいい。

 結局、教育を与える学校が過剰にサービスをすると、長期的に考えて学校の教育は崩壊していく。
立派な先生や建物が存在しているようにみえて、学校の中は自転車操業になっているからだ。
数人のスーパー先生とやらがいなくなっただけで、完全にパンクするような学校になっていたわけだ。

スーパー先生になるには別にすばらしい授業を提供できる必要はない。
過剰なサービス労働等をやりくりさせれば、どんな先生でもすぐにスーパー先生になれる。

学校において、能力のすごいスーパー先生よりも、
自分が潰れそうな重みに耐えるスーパー先生のほうが、実は出現させるのはまったく容易なのだ。
これは学校だけではなくて、他の職場においても普遍的に通じることだと思う。
サービス残業等を過剰にやらせることによって、流行の、
すごい能力の人間はあっという間に即席で出現する。

 英会話で勉強だとかバカなことが流行ってるけれども、
それなら教師も海外から安い賃金で引っ張ってくればよい。
結果がどうなるかは知らないけれども。
英語圏の教育でも、英語を使っているのに、教育についてあれだけ頭を悩ませている。
なのに英会話で勉強させればよいだなんて、学校がちょっと意外な行動をやっているのはなぜだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 女一人、軽くみられてるなあと感じることありません?

 これ読んでると、基本的に、私が来たときに接客をうまくしろ、
でその場ですぐサービスもしろって要求を誰でも持つんだろうけど。

 接客って難しいんですよねえ。

 まずお客は平等に扱うってことと、誰かこのお客は特別になるけどそうしなきゃいけない。
なにこの矛盾したような感じ?(笑
接客に初心なひとだと皆を平等にしようとする。
うまいひとはひとりに特別な接客をして、
そのあいだに他の客が怒ってもやってきたときに特別な接客をする。
お客が怒ってもそのうまい接客のひとに免じて、そんなに問題にならなかったりする。

 口の悪い話、なにかトラブルやクレームが起こったら他の客は無視、
それでいま接客をしてるひとに焦らずにサービスをしてあげる。
性格も良くて他人受けが良い人がそれをやる。
これで特定のお客は喜んでくれる。
他に怒ったひとがいても丁寧に扱って話を聞いてあげる。
作業の多い仕事場で、そこが立て込んでもする、と。
これでお客のお褒めの言葉とか納得は貰えるんだろうけど、
そこまでできないときは? なにかをカットしなきゃいけないときは?
そこをカットせずになにかお客を怒らせても自分でカバーしちゃう人がいたらこれはもうすごい。
普通はひとを怒らせないけど、怒っても豪腕で捻じ伏せちゃう。

 すばらしい接客サービスがただ遅れてるだけですよ、
ちゃんとすばらしい接客がほらやってきました。それが私ですって感じだ。
なに、平等に接客するのが遅れていて、さらに特別に接客してくれるわけだ。

 接客の達人。

もう、なんでもどんとこいって感じだ。
でもそこまでできるような人はなかなかいない。
人格の良い人だって、お客に嫌なことされたりする、でも気にしない。

 性格も良くて博愛主義者で献身的なひとがすごい評価を受けるのが接客の世界かな。
そんな人と喋ってたらトークの内容なんてたいして問題じゃない。

で、それを延々と毎日続ける。

 横柄でしょうもない男も来たりする。
 自分が女だから軽くみられてるって女も来る。

 仕事なんだからプロなんだから接客サービスちゃんとしろっていっても、
接客でそれだけの金を貰えるのはほんのごく一部の職業だけ。

なんでセルフサービスがあるか知ってますか?
あれは便利だからあるんじゃないんです。
セルフっていうのはサービスを受けただけの対価を
支払えないもしくは払いたくないひと達のためにあるんです。

 それだけ、道行くひとであれ、仕事であれ、これだけやれっていうなら、
サービスの分だけのチップだとか復活させて欲しいね。
お客のそういった要求が行き過ぎて、医療と介護がぼろぼろになってる。
これはちょっと飛躍しすぎかな。
でもサービス分の代金をそれぞれの機会に本当に値段つけたらとんでもないことになるだろう。
それに技能分の代金をつけたら、支払う金額を見た瞬間、失神する人だっているかもしれない。

 この国は、水だけではなくて、たいていのサービスもタダだと思って、消費してる。

 接客するにはそういったお客に怒られる覚悟と、
自分が特別なサービスを平等に皆にまわしますってことをやらなきゃいけない。
運悪くそれができなかったら? どうしてもお客が怒ってしまったら?
そんなことは考えないで、起こったときに対応する。きっとお客にこころが通じると思わなきゃいけない。

 接客やってるひとで、あなたが怒っても私は大丈夫です。しっかり接客して私のファンにします!
なんて人は雲の上の接客達人だ。
そこまで辿りつくのは厳しい道。ぽんと自分を火事場に放り出さなきゃいけないような感じだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。