空気の意見 

過去の規制緩和による捻れた競争社会に、公正な競争を導入し、不当な競争から労働者を保護しよう! 介護福祉は国営化。国が労働者管理機構をつくり、労使へのアクセスとバックアップ、フィードバックを強化し、労働者達へのセーフティーネット強化の土台をつくろう。


テーマ:
 一躍、有名人になった田母神氏を知っていますか。
突如、論文の内容を咎められてしまい、その内容と彼の処分について、
スキャンダルを起こした氏がいろいろ活動しているようだ。

ここでちょっと「公私」について僕の意見のまとめを書いておきます。

「公私の判断を、個人および限定された圏内だけの解釈論だけで左右できるのならば、
 それはつまるところは「私」だけの恣意でしかない」


 さて、「旧軍人の悪口は責められないで、良くいうと騒がれるのはおかしい」という意見を目にします。
まず考えてほしいのは、この国は、「敗戦した」という事実です。

 事実、軍人の派閥闘争、明治憲法の天皇制解釈論争により、結果、致命的に社会を機能停止させ、
外国への宣戦布告に至ったのは、彼ら旧軍人達の政治認識が非常に甘かったせいだ。

 いま見る意見に「謀略にかかった」「A級戦犯はまちがい」だというものがあります。
しかし、満州事変や廬溝橋(ろきょうこう)事件などや、
関東軍、石原や牟田口達、と高級将校または彼らの会派は、謀略を乱用するに躊躇しないところがありました。
それに北一輝と二・二六事件の顛末だけ眺めても、
彼らのいう道義的裁判の要求はその土台からして怪しいものでしかない、
しかも軍人や軍隊が盗みや強請行為を行い、日常社会からきわめて迷惑な存在となっていた。
さらに海軍は軍縮会議で日本にしては充分な内容を得たのにも関わらず、
後には、これでは満足できないと態度を変えるなど、海軍からして次第に危うい方向に進んでいきました。

 彼らのいう「軍人偏見」や「昔の国の美点を見ない」という、非難するためのやりくちを点検しても、
決して彼ら自身が自分で自己肯定できるような内容があるとは思えませんね。
むしろたいして中身のない、過去の解釈論争の延長線上をひとつもでないものでしかないでしょう。


『美点を強調するていどの内容は「論文」とはいえない』

 それで、なぜことさら観念的に美点を強調することしか彼らはできないのでしょう?
ある種の論文ならばすでに『補給戦』『戦略論』『戦略論の原点』などたくさん世にでている。
そして第二次世界大戦の資料だって概ねまとめられている。

 ここで分かってきたことは、彼らがするべき仕事は、
いかに旧軍の意思決定能力と組織が優れていたか、あるいは、
中国と太平洋にまたがった戦略がどのように達成させられたか、
点在する戦場で補給はどの程度機能していたか、を論じることであり、
それらがもしも素晴らしい帰結をもたらすのなら、自然に、旧軍人といえども、
必ずしも評価されなくはないといえるでしょう。

ここにおいて指摘できるのならともかく、
彼らのような単純な、敗戦した旧軍の賛美が、
あくまでも道義的に良いという表面のことだけしか問題にしないならば、
多くの若者達の判断を誤らせることになる。
むしろ美点を強調する程度の仕事しかできないのならそれは知的な仕事でもなんでもない。

 突き詰めるところ、彼らの悪い点は軍国的礼賛というよりも、
論文でうまく軍事活動と軍事により変化する状況の成否を判定できない点にあるし、
それにじっさいのところ、バーナード・クリックのいうように戦争とは
クラウゼヴィッツのいったような「別の手段をもちいた政治の継続」ではなくて、
ただの乱暴な権力の行使であり政治権力の破綻なのだ。
政治をいまだに行っているという前提は消失してしまっているし、
この状態は権力の実行をただ政治そのものだと思い込んでいるだけでしかないでしょう。


『軍事の消える場所』

クリックがハンナ・アレントから援用した考えをさらに進めると、
もしも、政治がその言葉だけ残して消えてしまえる状態があるとすると、
軍事組織というものも、戦闘できる人間と兵器を置いて、霧散してしまう現実の瞬間がある。

このような政治と軍事すら完全に形骸化してしまう場合が現実に起きるとしたら、
冒頭に書いた「公私」の形骸化は少数の個人と組織による身勝手な解釈が起きた場合であり、
そして悲惨な状況がわれわれの社会において現実になる、あるいは、なった、
のだと、僕はそう思えてしまう。

そこでは民衆は戦闘できる人間と兵器に常に脅かされている。
まさに世界中のいま起きている紛争はこのような政治と軍事の消失のせいで起きている。

たとえば携帯電話を持ったからといって僕達がNTTやソフトバンクの社員になれるわけではなく、
同じように銃器を持ったからといって軍人になれるわけでも広義の民兵などになれるわけでもない。
結局は、何かを殺せるか破壊する能力を手にしただけだ。
ましてや安直にテロリストになるわけでもない。

許された政治活動なる行為をしていると叫ぶこういった少数の戦闘者は、
実のところは彼らは政治的なふりをしていてもそうではないし、別に軍事的でもゲリラ的でもないのだ。
自分と兵器に見合うだけの勢力を拡大したいだけともいえる。
彼らはただ自分の能力に見合ったものを要求しているつもりなのだけれども、
政治と軍事の消失の場において、戦闘できる戦闘可能者と兵器というものは、
誤った存在の仕方で社会に立っているだけでしかないうえに、
前提としていた社会手続きすらも形骸化させ、ついには自身の誤った主張の結果、
社会を通して自分自身を二重に形骸化してしまい、
あらゆる観点の道義的責任に自己を晒してしまった。

 つまり戦闘可能者と兵器のつくりだす場とは、
僕達の広範な地球または世界にまたがる、
国際社会の道義あるいはそこに偏在するあらゆる国家の文化的極論に、
いかようにも押し流されてしまう場なのだ。
社会のなかの政治と軍事の消失がこの場を可能とさせている。

それは僕達のうまれた日本がもっとも致命的で深刻な問題を抱えて到達した、場、だったと思う。

この場を、「否社会の場」と呼んでみてもいい。
この場は戦闘可能者により社会と同時に政治と軍事は消失してしまい形骸化しているものの、
少数の者と組織により政治と軍事はあるような存在とされ、同時に、
非常にきまぐれな道徳と道義による要求により、社会は彼らの評価や価値を押し付けられている。
そして形骸化こそしてはいたものの、人間の存在によりかろうじて社会活動が残り、
そのおかげで形骸化しても実体としてなお存在できていた社会ではあるが、
この場にあって、実体社会が完全に崩壊したとき、

彼らを取り巻いていた自己以外の道徳と道義に制限なしに無防備にさらされてしまう場なのだ。

 日本が敗戦したとき発生したのは、複雑な事情はあれども、本質としてはこういうことだったのだろう。 
日本の勝利は他国の人々に一時的に評価と価値を押し付けた。、
それから事態がかわり今度はこの国が敗戦したとき、そしていまでもその影響を受けていることが、
感じられるように、否社会の場により一時的な押し付けが僕らの社会にも及んだのだ。
それは当時の国際社会のあらゆる外国の国々と人々により押し付けられた。
僕らの社会にそうなってしまうだけの歴史があったわけだ。

 だから僕達はこのようにして敗戦したということだ。


『「否社会の場」の充足』

 いま述べたように、僕は、
もはや現代では、単なる道義あるいは愛国や憂国にて過去の歴史を再評価できるとは思っていない。
レポートで、ある時点の社会の美点を展開させて道徳にたどり着くなど、
万歳突撃や集団自決や従軍慰安婦をただ安直に正当化させたいだけでしかないでしょう。
最初から議論を先取りして「すばらしい過去の国と良い軍人」を主張しても、
三島由紀夫のもういちどの繰り返しにしか過ぎない。

 本当に、過去の軍人と軍事行動に、評価すべき点があるならば、
いかに中国と太平洋とインドまでに渡る戦略が達成されたか、
どれだけ補給線は膨大な地域に人員と物資を輸送できたか、
どのようにして戦闘において効果的な戦術を駆使して撤退ないしは進軍できたか、
観念的愛国論だけでは軍事行動の再評価すらできない、人間的美談などもうけっこうだから、
彼らの軍事行動と社会統制について再評価できるのならできるとして、レポートを書いてもらいたいものだ。

  いまでは『補給線』『戦略論の原点』『戦略論』等、多くの再評価が試みられているのに、
論文で若い人たちに訴求できるところが、御先祖様は崇高な道徳心のゆえに大戦を決断されました、
だけではどうしようもないでしょうから。
それとも彼らのいう過去の美点、美徳というものの目的は、
社会を、僕のいう否社会の場にまた巻き込んで、混乱させることなのだろうか。

 いまの僕達の教訓は、
「否社会の場」をもたらす少数の公私の道徳的道義的解釈による押し付けを行う人間に、
僕らの社会の管理を任せるにはとてもじゃないができないということだ。
すべて公開された議論を経なければいけない。
そうでなければ少しずつでもこの場を越えて充足していくことは期待できないでしょう。
内輪の組織では大丈夫だったという言い訳や社会の合意を覆すような、論文でさえない私見の説明を、
公職についたまま個人として垂れ流せるような恣意の強い状態で放置することはいまや危うすぎる。
政治家の「日本は単一民族の社会」だとかという、
歴史と国家認識とは違った古い解釈の押し通しはもう通用しなくなった。
どうしてもやりたいのならさっさと公職から降りて個人で活動すればいいだけの話だ。

承認欲求―「認められたい」をどう活かすか?/太田 肇
¥1,575
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 誰かと誰かが言い争うとき、とにかく論争するとき、その前にどんなことが起きると予測できるか?

『哲学的なひと、論理的なひと』

 まずは、
哲学的な肯定も否定もしていないような言説に足場を置くタイプと、
論理的な筋道の明晰さに足場を置くタイプが居る。

それ以外の種々のタイプはとくに気にすることはないです。
だって哲学的でも論理的でもない言い合いなんて、
だいたい両者の問題認識はすれ違い、ただお互いともに馬鹿にしあうか脅しあいになるだけしかないので。

 そこで「哲学」と「論理」といえば似通った圏域の仲間なのにどうしてタイプとして分かれるのか、
と考えると論争したときに、

「どこにそれがあるの? どうしてそういえるの?
 肯定してないよ、否定もしてないよ。いわば概念を点検してるだけだよ」
といった存在論的認識的言説に逃げ込む哲学的タイプと、

「論理として、こういう筋道あるいは構造なんだし、肯定か否定、ちゃんとどちらかに読めるでしょ。
 え、読めない? 別にそう言い張っても、相手はどちらかに読むわけだし、
 そもそもどっちでもない態度だと言っている割に、あなたの文脈はそのどちらかに決まってるよ」
といった、当然である、論理の方向に頼る論理的タイプがいる。

哲学的なひとが存在論的あるいは懐疑的であるとすると、
論理的なひとは自明に根拠を置くかそれか概ねは帰納的であるようだ。


『問題がないわけではない』

 こういった別タイプである人間達同士の論争は、
結局は反論してもたいして強力な攻撃ができないので、
関係あるようで関係ないようなどうでもいい話の導入をすることもある。

でも別に僕はどっちが良いとか悪いとかいいたいわけではありません。
(僕のこの言葉こそどこかで聞いたような主張ですが)

問題なのは、どちらのタイプの人間であれ、
自己弁護的になる要素があるわけで、結果的に議論のなかで自分の弱い部分から逃れるのは難しく、
そのために論争したときに勢いあまって中傷的手法に訴える場合がある、ということです。

 その手法のもっとも代表的な手口は、
論争相手に「名誉毀損」等、あるいはその経歴があると責めながら、
相手の過去や問題を、
論争に関係があるようでまったくないのに公開してしまった自分自身が名誉毀損にならざるを得ない、
というような自己矛盾を含んだ非難でしょう。

とくだん、相手の悪性部分や法廷闘争の結果を追求することが、
論争において自分自身の言説の正しさの証明になるわけではありません。
もしも論争すること自体にそういった善性資格が必要なら、
逮捕された人はすべて形式的な裁判を通して有罪になるだけです。
なぜならすでに論争の余地はないわけですし、疑わしいとされた事実だけでも非常にけしからんのです。

 要するに「お前は、社会不適合者だ、犯罪者だ」なんて追求を論争で見かけたら、
そういった指摘は論争の良し悪しの評価に値しないことだけ覚えておきましょう。
つけ加えますと、まさにこういった方向性により、大昔に、(*1)ソクラテスは有罪になってしまいました。
 さらに、歴史上に起きた裁判の有罪判決の理由が曖昧になってしまい、
「人道に反する。不道徳だから。」という結末は珍しくありません。
A級戦犯、北一輝、共産主義者と自由主義者、
右翼軍人だろうと左翼だろうと中道だろうと、
臭いと看做されれば、同じような理由で有罪になってきたのです。


『論争の中身』

 上記の、関係のない不当な非難の一例を知っておけば、
面倒くさい記述が満載された現実の論戦をさっさとチェックすることに役立ちます。
安直にいってしまえば、たいていは、
しょうもない非難を浴びせたことによってしょうもない議論が展開されしまうのです。
自分が正しければ相手を完全に論破できるわけではありません。
お互いが自分の使ってる論法の説得力を公開しあっているだけの状態に陥ってしまい、
内容をよく追えば、タイプの組み合わせはともかく、両者ともに隙があり、
「完全に正しい」といった論理構造はありえても、
そこに当て込めればなんでもとにかく正しくなるわけではありません。
ですが「正しい」ということ自体はいったいどういうことなのでしょう?
なにに根拠を求めたら正しいといえるのでしょう。

神の正しさ、司法の正しさ、哲学の、論理の、科学の、・・・・・・。

そういった問題により数学の公理も「完全な正しさ」を離れて「仮定」に移ったわけです。
ユークリッド幾何学とは別に非ユークリッド幾何学が登場したのもそこに綻びがあったせいです。

 行き着くところ、論争の見学者は彼らの根拠の綻びを見抜ければそれでいいので、
一見つじつまのあったように見えるだけの中傷的手法をまず発見できれば、
「なぜ彼はわざわざこんな言及をするのだろう?」
と考えてみれば、彼らの文章に構成されている仕組みが見えてきます。

 これだけではなく、他にも、論争したり眺めたりする前に、気をつける点は以下の各ポイントです。

1、哲学的なひとをあまり突っつかないこと。
  存在や認識とか、道徳に倫理とか、うるさいし、じゃあなんでそんな批判ができるんだよ、
  と突っ込むとたいてい決まった反応しかかえってきません、というか返せません。

2、論理的なひとをあまり突っつかないこと。
  ある論理が成り立たないケースに対応するまで過敏に反応して混乱してしまうので。
  つまり権威に価値判断をおいているので権威を直接批判できないのです。

 *哲学にせよ科学にせよ、
  これらは比重が分析に偏りがちなので前提となる権威から逃れられないのは仕方ありませんけど。
  というか画期的な論文なんて簡単にできたりしねーよ! ウワァァァン! が、普通の現実でしょう。

3、自分の過ちを一旦認めたようにみせて実際は認めずに相手を攻撃している。
  「なるほど、私にも落ち度があったかもしれませんね。でもあなたはこれこれだし、やっぱりこれです」
  こういった立場の度外視ができるなら「私のあなたへの批判」とやらもずいぶんとあやしいものです。
  これの味噌は、「かもしれません」とか「そうですね」とかいった言葉に重要性がないことでしょう。
  実際の論争ではこれがほとんど中傷に近いようなケースで展開されたりします。

4、きわめて思弁的であったり、肯定も否定もしないような人、
  それでいて文脈や論調には含みをもたせようとするひとには、親になった気持ちで相手にする。
  「すばらしい発見じゃないでしょうか、将来、認められるといいですね」とか。
  「あの論文いいですねえ、○○に掲載されないなんて信じられません」とか。

 いかがでしょうか?
たいてい思弁的な評論家先生達は論争を歓迎していません。
弁証法のような手続きをやって重要なものを導出することが目的っぽいのは分かるでしょ?
そんな急に横から叩かれても、あんた、ちょっとひどいじゃないか。
そういった手続きの途中にわざわざ勝手に乗り込んできて批判してくるなよ・・・・・・、
これがこっちの仕事なんだからさあ・・・・・・、
と言いたくなるのもわかります。
こういった方々にとって議論をふっかけられるのはルール違反に近い。
なぜなら彼らの仕事を奪ってしまうからです。別に奪われてもいいんですけど。

 上記の四つの予測ポイントを押さえて置けば、
ネット上の論争にあなたが挑む前の手助けになるかもしれません。

簡単にまとめれば、
ネットの膨大な文章やそれに関わる論争をいちいち全部精読する必要はないわけです。
論争を中傷的手法やポイントを設けてさっと眺めれば重要そうでないことは、まさに一目瞭然です。
ネット以外でこういったことが起きているとしてもあまり気にしてはいけません。
ほとんど、彼らが大人気ないだけか、たいして仕事をしていないのでしょう。

そればかりか、間違っているひとも、犯罪者も、新聞の一面などに登場できることはひとつの事実ですが、
でも彼らはたいした結末をむかえていないわけです。
例えばいまでは森鴎外の非科学的な頑迷さを表した戦争食談話は有名になり、
いまでは森軍医が脚気を巡る問題のなかである程度間違っていたのはあきらかです。
しかし麦飯たんぱく派であり都市貧民追放派である高木男爵は間違ってなかったのでしょうか?
結局、問題を解決できるビタミンを発見したのは別の人達でした。


『たいていの論争が無益そうだとしても、まだどこかになにかが潜んでいるといえるか』

 当然、科学の世界のことなのですから論理的正しさや哲学的正しさしか主張できずに、
研究と発見ができなかった人々は、いわゆる常識と非常識の境界線上で争っているだけで、
明確な境界線を引いているわけではない、といった弱点が最後まで続くわけです。
目にする論争はこういった類のものです。

 また「実験」と称して他人の同意に関わらずそれをいたずらに試したりする人間は賢明でしょうか。
なぜならもしも単に実験だけが真であればいいのならば、
観測者や発案者が、次に実験で試されても真だからです。
重力は、りんごを落としてもニュートンを塔から落下させても等しく働きます。
だから先生や研究者が断崖から突き落とされるなりして、
永遠の侮辱や永遠の不幸に見舞われてもまったく大丈夫です。

これって本当に正しいでしょうか? 僕のいいたいことがわかって頂けるといいのですけど。

 ということで直観だけに頼って考えてみると、
幾分の弱点あるいは仮定を背負って突き進めない人たちには、
重要な仕事は難しいのか、残されていないのかもしれません。
とくに科学だとそうでしょうし、
哲学でも本質とやらにあまり拘りすぎるよりは、
展開していくことに意義を見出すひともいるかもしれません。
 だからといって自分の弱点を無視して論争するひとは、確実に、
相手を無視することに繋がってしまうのです。
 現実の数多い論争の海で、
これでいったい誰となら無駄にならない論争が成り立ちそうなのか予め見極められるかもしれません。


『終わりに』

 どうやら「本質?」に迫る作業は地味な手続きすぎて派手な論争に顔を出すことはあまりなさそうだ。
まあ最初からそれなりの場所にだけ顔をだしていればいいのかもしれませんけれども。
しかしポアンカレ予想についてのペレルマンの証明の件を考えると、
ネットにそういったものが転がっていないわけではないのだ。
やはり本質なるものを証明したかどうかは大変困難なようです。
(いつも親の気持ちで見守って頂きありがとうございます)


*1 
おそらくペロポネソス戦争の敗因は、
「防壁で堅牢に閉じた都市構造による疫病被害」
「兵站ルートの破壊」
「艦船の造船がもたらした経済的負担」
「停戦講和の拒否」
にあるのであって、
たぶんソクラテスが人々を民主的にしてしまったことに戦争の敗因があるのではありません。
むしろ民主をとりこんだ共和政ローマが強大になった史実を考えれば、
場合によって武器を手にすることのできる人民というのは実に驚異的な存在だったのです。

こういったことと、
志願制による適正な人民の選抜と資本を投下された技術に支えられた現代の軍隊と
人民の徴兵に依存しがちな近代的な軍隊の違いが見えてくるようです。
(資本と技術、国民皆兵が混入しているケースについても、テロリストの武器についても)

岩波数学辞典
¥17,850
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 さいきん「デフレかバブルか」といった経済談話をよくみかけますけれど、
デフレのうえに大不況になり、さらに外因のバブルに寄りかかるしかなく、
経済的に健全?になったうえのデフレに関わらず景気後退してしまって、
「どこが健全なデフレだよ(笑」といわれると、なるほど、と思い、感心しますね。

 「健全な」とか「尊敬される」とかいう言葉が経済に対して使われていると警戒してしまう。
じっさいそういった言葉は有意義でも無意味でもなんでもないから。
ナンセンスだ。つまりうまく繋がってないものを繋げて見せて貰ったところで有り難味はないのだ。

 今回の不況、景気後退でもいわゆる健全な経営の中小企業はたくさんあったはずだ。
しかし資金繰りに厳しくなると、どんな企業だって絶対に潰れないわけではない。

健全につぎの給油所までぶんの距離のガソリンだけ給油して走り、
あるいは健全にガソリンを満タンにしておいても、
ガソリンスタンドが休業すればどうにもならないし、
ガソリンスタンドの休業ないしは倒産だって、健全の結果だ。
そして、さらに尊敬される円について・・・・・・となると同じ悪循環になるので省きます。

 さて金利上げ、あるいは金融引き締めが大好きな人達はなぜ金利を上げろと言わないんでしょうか?
金利上げは、健全な利息生活をしたい人々にうってつけ。
金利が低いと利息生活の危機ですよ。不況でもデフレでも金利上げが正義。

効果がないのに協調のために金利を下げた、っていうさいきんのお偉いさんの苦しい言い訳、
すると金利を上げても効果がないんですかねえ、
小数点単位でわずかに金利を下げるよりも金利を上げたほうがもしかしたら・・・。

そもそもろくな政策ポリシーもなく、
あやふやな国際的足並みとやらが、日本の金利に重要な影響を与えているのなら、
金融政策も各国のある程度の標準的政策判断にあわせて足並み揃えないの? としかいいようがない。
こういった行動をしているから日銀の金融政策は馬鹿にされてしまうのだろう。


死と愛―実存分析入門/V.E.フランクル
¥2,520
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。