空気の意見 

過去の規制緩和による捻れた競争社会に、公正な競争を導入し、不当な競争から労働者を保護しよう! 介護福祉は国営化。国が労働者管理機構をつくり、労使へのアクセスとバックアップ、フィードバックを強化し、労働者達へのセーフティーネット強化の土台をつくろう。


テーマ:
 ヒューマンエラーが起きやすい私的行事を即刻禁止しない時点で
海自もしょうもない組織だな、と思えてしまう。
政府はこのような格闘と心理的攻撃を伴う私的行事を全面禁止にするべきだ!
そうでなければ次の衆院選は自民には投票しない!


 「加害者 と 被害者」

の構図があるとして、
場合によってはある行為を同意することによって

 「加害者 と (自分自身への)加害者(被害者)」

 被害者が自分への加害者となってしまう場合もある。
売春行為なども売り手はこういった自己への加害者となります。

 結局、イジメか制裁か、はなむけか送別か、
は本人の考え次第あるいは周囲の考え次第なのだといった、単純な意見を待たずして、
上記の「本人による自己加害の同意」を一個人の私的な提案に任せずに、
それらの私案を排除する考えが必要なのではないだろうか。

 だからイジメか制裁か、といった論は、まったく別の各々の心象、印象についての論争であって
本質的に意味をなさないと僕は思ってしまう。

 自衛隊員のような重要な人員を私的な行事にて負傷させ死亡させるのは完全な損失でしかない。
またさっきの話のとおりにヒューマンエラーをコントロールしにくい
徒手格闘の打撃などを屈強な人間といえども対戦者ともに相手のダメージまで
コントロールできると考えるのは間違いでしかない。

ボクシングでも観戦していればわかるのでしょうけれども、
パンチが顎などにクリーンヒットした場合、
グローブがあろうとなかろうと大変なことになる。
多数との格闘で本人がすでにグロッキーな状態でありながら、
こういったパンチを防げということは不可能でしょう。

このようなことが起きた場合に受けた側の人間は、
倒れる、ではなくて、崩れるようにして地面に落ちるので、本当に危険なんですよ。
頭部がどんなふうに床に接触してどうなるか、
たとえマットがあっても安全性の確保はかなり難しい。

しかし用意されたグローブとマットが逆に三等海曹への長時間の訓練を可能にし、
頭部へのダメージを蓄積してしまった結果となったのでしょう。

教官も発案者の隊員達も自分たちの私的行事をコントロールできずに
結果的に死亡事件に発展させた。
そして本来の課程にない私的な提案による
隊員への加害行為を勝手に許して行わせてはいけない。

ガリレオの指―現代科学を動かす10大理論/ピーター アトキンス
¥3,150
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 率直なところ、あれだけ論調がアメリカへの大見得きった反省しなさい論調だったのに、
いまは日本も危ない論となっているんだからばかばかしいもんだなあって感じがします。

日本でもこんな破綻予測できてたわけで、
遠く無難な場所でサブプライム批判をつなげてアメリカ非難をしたかっただけなんですかね。

 拉致は国家犯罪、拉致はテロ。
と日米で考え方が違いますが、でも日本政府の認識って、
ジョンイルが暴走分子のテロ的行為だと言った釈明を丸呑みするような考えなんですよ。
それでいままでアメリカに要求のんでもらってたんだから、
もう切られて当然だろう、と。世界の安全保障を重視して交渉したほうが日本もいいでしょ?
ってことなんですよね。

 で、なぜ、日本がこんなことしてたかというと、
国家犯罪への追求は難しいからでしょう。まさか、実力行使できないし。
それなら粘り強く交渉し続ければいいんだけど、
譲歩を含めて綱引きできないから硬直化してしまった。
だからアメリカ頼みで拉致問題をやってもらってたけど、結局は、
国家の責任だから、諸外国は手伝いはしてくれこそ、主体的に動くわけはない。

 北朝鮮に拉致された人間は、日本と韓国だけでなく、
さらに複数国に渡る可能性は黒に近いのだから、ここらへん、
諸外国に宣伝と外交でもっと訴えるべきなのに、なんだか、たいしたニュースは聞こえてこない。
そういった外交形成を政治家ができなかった時点で、アウトだなあ。
せっかく、国連やフランスでも自国民の拉致の可能性や実態が知れ渡って認識してもらったのに、
ひとつも活かせなかった。

 拉致は北朝鮮の周辺国だけの問題じゃなくて、
かなり多くの各国の人々を拉致した国家犯罪であることを、
浸透させるべく外交戦略を動かせばよかったのだ。
なんのために脱北した人々を韓国が保護しているのか考えたほうがいい、
人道的な面だけでなくて、北に配慮して問題が広がならないように政治的にしているのだ。
ノムのときにそのように利用された可能性が高い。

 そもそも、国家が勝手に、拉致された国民の証言を制限しているのは行き過ぎた介入だ。
政策のためだというならもっとうまい外交を展開してほしい。
そうではないと、なんのための、保護や口封じや制限なのかまったくわからない。

 拉致問題が暗礁にぶつかることを予測できてたんだから、
さっさと、次の手のために行動していればいいのに、
制裁はすぐに解除されないから心配しないで~、
とかそうじゃないでしょう、と言いたくなるけど。

毒になる親―一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)/スーザン フォワード
¥819
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。