空気の意見 

過去の規制緩和による捻れた競争社会に、公正な競争を導入し、不当な競争から労働者を保護しよう! 介護福祉は国営化。国が労働者管理機構をつくり、労使へのアクセスとバックアップ、フィードバックを強化し、労働者達へのセーフティーネット強化の土台をつくろう。


テーマ:
 小沢の国連待機部隊は隊員が集まるのかすらあやしいと思う。
警察や消防などから募集するということになっているはずだが、
自主的に応募するような人間が果たしてどれだけいるのかさっぱりわからない。
だいいち紛争地域や戦争地域へ投入するにしても訓練はどうするつもりなのか?
自衛隊はアメリカ軍から対テロ戦の指導訓練を受けているが、
例え警視庁のSATであろうとも自衛隊より劣ってしまうのは明らかだ。
劣らないにしてもとても人数が足りない。
部隊の人数は何人を予定しているのかよくわからない、
そもそも装甲車などの正面装備はどうするつもりなのだろう。
指揮車や装甲車などの移動時や応戦時の連携も訓練が必要だろうに。

 いまでは海外派遣された部隊の活動が数多く映画化されているからDVDでも借りるとみればいい。
アメリカのブラックホークダウンに、イタリア部隊の映画もあるし、コソボ等の映画もある。
最近のニュースではアフガニスタンへの派遣部隊に被害が出たというのもあった。
彼らは軍事訓練を受けているからまだ対応もできるが、それでも死傷者は出てしまうのだ。

 そもそも国連活動ならば憲法に抵触しないのなら自衛隊でいいじゃないか。
「国連待機部隊」という名前になれば憲法にも抵触しないというなら自衛隊の名称をそっちに変えればいいだろう。
国連部隊や国連活動の、錦の旗を振れば問題ないなんて頓珍漢な解釈だ。
九条には「~国際紛争を解決する手段としては、~」と記載されているじゃないか。
自民党でさえ「自衛」や「後方支援」という建前があるのに、
小沢はいきなり日本の国連待機軍に「交戦」でもさせる気か?
自民党と同じ建前のつもりならば自衛隊でも十分のはずだ。
平和な日本なら専守防衛論も通じるが・・・。
自衛隊であれ、国連待機部隊であれ、
自爆テロや銃弾が飛び交う場所で専守防衛などさせていれば、自殺させに送っているようなものだ。
 国のために神風特攻をさせた軍事政権と一体なにが違う?
 装備つけて紛争、戦争地域で行動しろ、絶対に死ぬな、応戦するな。国益のために。

 それ以上に不愉快なのは、国連待機軍がただのお飾りであり、派遣するような気もなく、
国際社会を欺き、さらに国連待機部隊の存在をもってして自衛隊を削減していくような姦計を狙っている、
かもしれないというケースである。小沢ならやりかねない、と僕は思っている。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 核武装について大事なことがあるとすれば、
いくら核武装したとはいえ核ミサイルを他国から放たれた状況があったとしたら、
つまりそれは核ミサイルで先制攻撃をされた場合でありますが、
日本は核武装していたとしても核ミサイルによるカウンターアタックしか選択できないということです。
 核ミサイルを持っていても他国の先制発射を防げるわけではなく、
第二次、三次攻撃を防ぐための対象国の核ミサイル攻撃能力を打破するために核を打ち返すことになる。
 そもそもが、核の傘を信じないのに核の傘を持つという不可思議な状況ができている気がします。
アメリカの核の傘を信じないなら、いくら日本が核の傘を持つ、
核武装しようとも先制攻撃される不安は拭えないわけです。

 そこで重要なのは直接か間接か、そういった核の傘の質の違いなのでしょう。
防衛上の不安やアメリカへの不信などがあるのでしょうか。
しかし核武装が直接、他国の核攻撃の抑止になるのではなく、間接的なものになってしまう。
ミサイルの照準を日本にあわせたままの国なんて他にもいますし、(中国とか)
相手を監視し続け相手が撃ったらこちらも撃つというのが核ミサイルの攻防です。
そうなると核ミサイル発射能力を事前に破壊する敵地攻撃能力も必要になるうえに、
MDみたいなミサイル撃墜システムもできたら備えておきたくなる。

 簡単にいうと、核ミサイル運用システム+敵地攻撃能力+ミサイル撃墜能力を備え、
発射前、飛来中、着弾後等に対処できる三段構えを構築することが必要なのです。
よく考えると核ミサイル運用以外だと日本にはそこそこの準備ができつつある。
 まー、北朝鮮が核ミサイルを撃ってこないと信じられるのなら、
転じてアメリカの核の傘の有効性も信じられるのではないかな、と思ったりもしないわけでもないですが。
 なにが言いたいかというと、核武装までするなら半端はよくない。
三段構えとあとはシェルターも一応はつくっておいたほうがいい。
だって先制攻撃されたあとで、「ここに核ミサイルが落ちませんように」
なんていう神頼みするしかない状況は皆嫌でしょう。

 でも欧米だってフランス、イギリス、アメリカくらいしか核武装してないはずですし、
それに核の傘もいまのところ信用性が崩壊したわけでもありません。
本当に核戦争を戦い抜く覚悟がないなら、中途半端にやってもどうかなあ、と考えてます。
核武装するならすればいいですけど、それなら徹底的にやらないといけません。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。