空気の意見 

過去の規制緩和による捻れた競争社会に、公正な競争を導入し、不当な競争から労働者を保護しよう! 介護福祉は国営化。国が労働者管理機構をつくり、労使へのアクセスとバックアップ、フィードバックを強化し、労働者達へのセーフティーネット強化の土台をつくろう。


テーマ:
 実際、現実に謝罪するなら謝罪するで政治というものは、
そのときに目的というか戦略が裏になければ、無為無策の無能政治になってしまう。

 たとえその謝罪に誠意とか誠実が多分に含まれていたとしても、
「誠意」とか「誠実」とかそういったものを持ち出し中心にすえるなら、
「無償の愛」といったところに近づいていかなければほとんど真実味が薄れてしまう。
そういった打算と誠実にさいなまれながら現実の政治に対して決定を下し、
あるいは戦略を変更していかなければならない。
そこで、あくまで算盤をはじき通すか。
それか、あくまで宗教的、哲学的な精神を、つまり愛情や思想を主体にするべきかが問題になってくる。
しかし僕達の、前世代からの試行錯誤により、
民主主義が民主主義ならではの危険性を含みながらも、
福祉政策と国際社会への無償有償の援助を政策に取り込んでいった結果、
民主主義と資本主義社会は他の体制よりは優位を勝ち取っているところであります。
 それを想像してみると、人間が口に算盤をくわえ、
空いた手足で福祉と援助を不恰好に抱えている状態なのかもしれません。

 小泉はバブル崩壊後から前クリントン政権時代の、
あの日本冷遇から放置されていた関係を見事に(日米同盟を強靭に)鍛えなおしたとも考えられます。
もちろんその結果アジア外交はぎくしゃくしたでしょう。
 あの頃バブル辺りには、好景気の勢いを背景に、
日本の知識人にも傲慢さが見え、日本人のアメリカ軽視も表面化していた。
(アメリカは嫉妬しているのだ、という反発心であります)
アメリカは日本の輸出と対日赤字に神経を尖らせ、日米お互いが過剰に過敏に反応しあった時期で、
日本のバブル崩壊とその後の財政悪化により、一応のある程度の決着がついたということでしょうか。
 現在のトヨタ自動車などのアメリカ進出企業が、アメリカの雇用を支えているという評価を考えれば、
日本企業の努力は素晴らしいものがあります。
苦しい、様々なルール変更や市場解放を行った結果、逞しく生き抜いている。
すべてが小泉の手柄ではりませんが、改革路線に信憑性を感じさせたことと、
日米同盟を強化させたことは評価されてもいいのではないでしょうか。
(それがどう正しかったは、今後の話ですが)

 はっきりいうと、日本はアメリカに圧力をかけられれば強引にも同盟を強化させられたかもしれない。
けれどもベストフレンドとして参加するか、嫌々参加している顔をしているかでは心証がかなり違う。
日本と韓国をアメリカからそれぞれ眺めれば、いまアメリカ国民の目にどう映っているか?
将来、そういった印象的な効果がなにと繋がるか、とても興味深い。

 最後に、「戦略は?」と訊ねられて「平和であること」と答えるのはおかしい。
平和という状態は大抵いつも達成される目標の一つに入っているけれども、
「平和」は戦略そのものではないからおかしい。
例えば「中国、台湾間での軍事衝突を未然に防ぎつつ、
かつ中国の海軍力に対抗する軍事力を持ち続け、人民軍の軍事行動及び日本領海内の不法行為を抑止する」
くらい話せば、賛否はあっても具体的に何をしようと考えているのかはわかるのではないでしょうか。

 話が戻りますが、ただいたずらに強硬になったり、謝罪したりするのは無能であります。
小泉は強硬して掴むものはなんとかあった。しかし謝罪をしようと主張した側になにか掴むものはあったのか?
「アメリカに恩を売った」と考えている人はもちろんいるでしょう。
 けれどもあの段階で中韓に謝罪をして、石油問題、コピー商品、竹島問題、
対馬での韓国漁船による不法操業、歴史問題、あるいは民主党の沖縄への政策、
などなどを解決させられるという説得力、信憑性、そこから発生する利益を、
国民に想像させ印象的に与えられなかった時点で、あの衆院総選挙敗北は必然だったのかもしれない。

 「政権交代」は達成される目的の一つだけれども、戦略でもなんでもない。
そんなものを必死に錦の旗にしても、国民にはまるでピンとこない。
 いざ、自分たちの提案された政策に与党が妥協したならば、
政策決定を放棄して飛んで逃げていくようではダメだ。
これでは政権交代をさせようとしても、民主党や野党は走って日本海に飛び込んでしまうだろう。
ついでに、彼らがそのまま溺れているところの近海に、ミサイルが落下してしまうかもしれない。
もちろんそれでも彼らは無傷だろうけれども。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 米朝2国間協議がまた失敗に終わったときはどうするつもりなんだろうか。
まさか無策だとか? 2国間が失敗したら効果無しだった6カ国協議再開してもしょうがない。

 旧ソ連は経済どころか体制が潰れるまでアメリカと競争できたが、
中国にはそんな度胸はないだろう。
経済的に潤ってどれだけ生活が変わったか、
それは中国の貧困層より富裕層のほうがよく知っているはず。
大金持って国外逃亡までする中国人はともかくも、
中国で暮らし続ける富裕層にとって豊かさを失うことは耐えられないだろう。
もちろん日本人だって耐えられないが、中国は貧困の桁が違う。
 北朝鮮に厳しくなったのも国際社会の声とアメリカの圧力が効いているんだろうなあ。
ロシアは資源も技術力もあって、いまでも腐っても鯛だけれども、
中国はロシアみたいにはなりたくないと思っているんじゃないかなあ。

 しかし「核の傘」の戦略性と有効性が完全消失していないのに核武装直行はちょっと、ね。
まあ議論は各国への牽制の意味も含めておおいに議論したほうがいいでしょう。
安全保障の議論するくらいに不謹慎もケシカランも無い。

 日本でも弾頭開発からミサイル運用まで1~3年はかかりそうな気がする。
潜水艦での運用まで考えるともっとかかりそうだ。
技術大国日本といえども一朝一夕に核兵器運用までたどり着けるわけでもないし、
「半年後には核保有国」などと粋がっても運用できなければごみ同然。
 心配なのは何年もの間、日本は国際社会からのあれこれ飛んでくる批判に耐えられるか。
核弾頭製造して核実験して、南アフリカのようにすんなり放棄できればいいが、
陰謀論が好きな人間は世界のどこにでもいるわけでして、
「実は日本の核が~」などと、いまでさえ「日本は核を隠しもっているんだろ?」
なんて疑っている人間は結構いる。
 日本みたいな準大国が一度、核実験をしてしまうと、これから先ずっとその噂も抱えるわけだ。
放棄したとしても、核実験前より一層真実味を帯びた陰謀論に振り回されてしまう。
 議論するにしても
「核を持つ、核実験する、ミサイル&潜水艦などで運用する、後に放棄する、核保有国クラブに居座る。」
までいろいろ考えて欲しいものだけど。
もしもまた経済封鎖されれば、日本なんてすぐに核ダンビラまで抜かなきゃいけない。
その場合は戦前と事情はたいして違っていないし、そうなると北朝鮮のように瀬戸際外交するだけだ。
 食料自給率なんていっても、燃料がなければ平時と同じ生産性を保てるわけでもない。
通常で100%といってもそれが有事に何%に減るかわからない。
燃料がなければ手作業で農業するか、それか少ない燃料を農業用にまわすだけだ。
戦後のように闇市が出現して食料が高騰したり、盗まれたりちょろまかされたりされないように
厳しい統制をしかねばならないだろう。
すると、お百姓さん達はかなり厳しい統制下におかれてしまうかもしれない。
というか食料自給率がどうのと言っている人達はそこまで考えているのだろうか。
石油のない時点でよくいう「旧石器時代」に等しくなるわけで、
食料があっても現代社会としては崩壊したも同然ですね。

 え、日本は北朝鮮の脅威のために核武装する?
始まりはそうであっても、政治というのはいつどうなるかはわからない。
ないと信じたいが、いつ国際社会が一方的に日本をまたぼこぼこにしようとするかは、わからない。
どういうふうに国際事情が変遷し未来に待ち受けているかはわからないわけです。
つまり、核武装を議論して保有するのはいいけれども、
いまだけの情勢だけでなくもっと先も考えたほうがいい、ということです。
 しかるにまだ「核の傘」は国際的には有効だと信じられている。
核の傘があるうちは、これを利用したほうがいい、日本はWW2の敗者で核の傘に守られる保護国ですから。
日本は敗者ですが、敗者の立場を活用することもできる。
だいいち、アメリカが「パールハーバーの核攻撃版を日本がやるかもしれない!」
と考えてしまうかもしれませんし。
アメリカのネガティブモードにスイッチを入れる要素は少ないほうがいい。
 確かに核兵器保有国が相手ならば日本は軍事的には敗北しているでしょう。
だが「敗北してるけれど、それで?」と言うこともできる。
いや、まさに世界の大半は大国の元にそういった開き直りをしてきたわけです。

 そして軍事的な話ならば核兵器をもったとしても、
核戦争という最終戦争まで生き残り、勝ち残る気がないなら、焼け石に水です。
核抑止力が信じられないなら、核戦争に直行する事態まで考えていってもおかしくはありません。
お互いに核兵器を持って、撃ち合って、滅亡しかない事態こそが、まさしく、不毛な世界です。
しかも行政も軍事力も、立ち直るだけの国民も生存しなかったなら、
一瞬で歴史から消滅するだけという素敵な状況です。
はっきりいって核兵器を持っても核戦争を生き残るだけの覚悟がないなら、そこまで意味がありません。
いま、たまたま相手は北朝鮮ですが、核兵器を持てば、他の大国と今以上に擦りあうことになる。
そういったことまで考えてないなら、やめておいたほうがいい。
だから「大国」などと軽々しい自己評価を持たないほうがいいのです。
 欧州などとは違って国民を収容するシェルターも不十分なわけですし、
いくら日本の建築構造が良いといっても、核戦争になれば大半が死滅するわけですし、後遺症ある。
 こういった核兵器の最終戦争も一つの未来の姿として世界は考えてきたのですが、
どうせ核保有論議をするなら最終戦争まで含めて考えないとダメだと思う。
核の傘の有効性も、とりあえずはWW2以降には核戦争や核攻撃が起こっていないのですから、
まだまだ完全に失効したわけではない、といえばないわけですから、よく考えて議論したほうがいい。
「核兵器」といって「最終戦争」まで行き着かないところが、
まだまだ日本は平和ボケしている証拠でもあるのではないでしょうか?
無自覚に自然とアメリカや国際社会に頼っているわけです。
いつでも日本にベストな状況があるわけでもないし、
日本が壊滅的危機になっても国際社会が善意で助けてくれる、なんて思っているのではないですか?
ある程度のことならまだしも核戦争や最終戦争をおっぱじめた奴らに助けなんてくるでしょうか。
復興するのに幾ばくかの無償援助と莫大な借金を背負わせて助けてくれるかも知れませんけれども。
 独力で最終戦争に勝ち残れるからこそ、「大国」と呼ばれているわけでして。
それで、日本には大国の覚悟がありますか?
 北朝鮮は確かに危険ですが、もしも先制核攻撃なんてしたなら、
それこそ現代社会の常識を光速でぶっちぎったことになります。そんなこと旧ソ連でさえしなかったのに!
そうなれば旧ソ連、現行ロシアを越えた世紀の悪の国家誕生です。
ほぼナチスや日本のファシストと同格かそれを越えたか上回る悪の体制。
 経済制裁がうまくいけば、まあ大丈夫だろう、これ以上悪化させないための制裁だし、臨検であるし、
周辺事態適用でもある。日本の政治家達はどこまで考えてるんだろう?
野党はアホみたいな合従連衡やってる場合なのか。マスコミももっと真剣にやったほうがいい。
いま重要なのは、「ケシカラン」じゃなくて、もっと未来についての真剣な議論だ。
核保有するならどこまで覚悟があるのか? そういったことを話すべきだろう。

 で、そういった北の核兵器保有を韓国のノムヒョン大統領は、
「災い転じて福となす、になるかも」とか言ってるわけですから、
相当危機感がない、あるいはイカレている可能性が高い。
同胞同士で、いまだ戦争状態の癖に日和見にもほどがあるな。
核兵器を持ったなら、どうあろうが韓国と共有するはずがないじゃないか。
もしも、北が立ち直ったら韓国は徹底的に脅迫されるだけだろうに。

(「最終戦争」などというとオカルト臭くて、なんだかいけないなあ)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
エベレストでチベット人巡礼者を撃つ中国人民解放軍 (Youtubeの動画)

http://www.asahi.com/international/update/1013/0  (朝日新聞の報道)

 中国国境警備隊が欧米?辺りの登山隊に一緒に同行してきて、
その合間に巡礼者へ射撃を行っている動画です。
死体のクローズアップがあるような衝撃的な場面はなく淡々とした映像です。
 一人のチベット青年が登山隊の簡易トイレにまで逃れてきており、
登山隊から食料を手渡されています。

国境無き記者団の北京五輪ボイコット

 あなたも署名に参加しませんか?
左端の「Personal identifiers」のなかの名前かHNの項目とメールアドレスに記入し、
「Submit」で送信すると「Please confirm your signature: Sign for the boycott」というメールが届きます。
あとはメールを開き送信アドレスをクリックすれば署名終了となります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。