空気の意見 

過去の規制緩和による捻れた競争社会に、公正な競争を導入し、不当な競争から労働者を保護しよう! 介護福祉は国営化。国が労働者管理機構をつくり、労使へのアクセスとバックアップ、フィードバックを強化し、労働者達へのセーフティーネット強化の土台をつくろう。


テーマ:
 全国特定郵便局長会(特定郵便局長 約18000人)と全日本郵政労働組合(組合員 約8万5000人)。
全特の方は過去に100万とも言われる集票能力を持っていたが前回参院選では45万票の集票能力に
下がったといわれ、今回の衆院選では特定局長らが政治団体「大樹」を使い郵政反対派候補を
支援したが落選者が続出した。

「私的団体に民営化を容認されなければならない?」
 これほどの影響力を持ちながら全特は外郭団体にすら認定されていない
ただの私的団体にしかすぎないようだ。特定局長婦人会という関連団体の局長婦人達は私人扱いの
ため選挙活動を助ける黒子的存在になっている。
 『全特内では「もはや法案反対の陳情をしても仕方がない。民営化されるなら、
我々の要望が取り入れられる戦略に転換していく」(幹部)(*参考記事より引用)』
といった方向性に移るようだ。

「民主党郵政対案では郵政公社の質を変えて存続させる。
   巨大な影響力を持つ労組、日本郵政公社を何故叩き潰せないのか?」
 民主党の支持基盤は日本最大ともいわれる日本労働組合総連合会とされている。
日本郵政公社労働組合 (JPU)は組合員約14万人という郵政公社労組のなかで最大数。
JPUは自身のサイトにてJPU重点候補として民主党の小沢鋭仁、赤松広隆、大出彰、山花郁夫を
支援している。
全日本郵政労働組合(JPLU)は87,200人の組織で日本労働組合総連合会(連合)に加盟している。
JPLUは組織内議員として民主党の中井 洽 を支援し当選させている。
 労組の影響力甚だしい民主党の対案が日本郵政公社を民営化、非公務員、天下り禁止までするならば、
何故、日本郵政公社自体を叩き潰せないのか? コレが民主党の限界なのだろうか。
衆院選で社民党と協力しあっていたうえに労組の支援で不健全な議員を党内にむかえ、
郵政民営化対案を提出する調整にさえ手間取っている。
民主党と労組との幼児遊戯的な対案は先の衆院選挙公示後に大抵出し尽くされ、
そのうえ選挙に惨敗したにも関わらず、ここに到ってようやく郵政民営化を日本郵政公社存続などを
条件に容認しだしたというバカバカしさだ。

「ネットワーク維持のほか、収益源である貯金、保険事業を民営化後も長期間、
 特定局が継続できるようにすることなども求めていく考えだ。」(*asahi.com下記参考記事より引用)

「郵政労組は大勢を左右できなくなった」
 民主党は「民営化絶対阻止」を掲げ選挙に影響力を行使した強大な労組を叩き潰したらどうなのだ?
民主党がいくら郵政関連法案の対案を提出しようと、郵政労組を切り捨てた小泉自民党の
郵政改革に及ばないだろう。
自民党と民主党の郵政政策と対案自体の質を問う前に、労組の影響力の有無が問われている。
子泣き爺 のように労組が泣けば泣くほど民主党の重みになっていくのではないか?
先の衆院選にて労組の影響力が大勢を左右できないほど弱まっているという現状が
まだ骨身に染みないのか。自民党が使い古した集票能力を手に入れて大勢の無党派票を逃した。
より健全な政党になりたいのなら、背中で泣いている労組を路肩に放るべきだ。


*参考記事及びサイト
全国特定郵便局長会、郵政民営化を容認へ  asahi.com
日本郵政公社労働組合
全日本郵政労働組合
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 民主党 前原代表 (各党代表質問にて)
「自民党公認候補が『比例は公明』と連呼した。
小選挙区の票の引き換えに比例票を強要する公明党も公明党だ。政党政治の形骸化につながる」

公明党 神崎代表
「民主党大敗北について、無責任な政策の失敗という自覚もなく、
自公の連携の強さを批判するとはまさに言語道断」「(自民候補に票を)強要したことはない」

 前原代表も迫力があって頼もしい「これで保守だったらなぁ」と思っていたら
民主党も社民党と協力して支援しあってたんじゃないか。(*詳細は下記参考記事へ)
福島党首が演説でポロッと喋ってたようですよ。
それを9月10日に取り上げていた「確かな野党」日本共産党としんぶん赤旗。
なんだかおもしろくて笑ってしまいそうになった。
前原氏は「自民党候補が『比例は公明』と連呼するのは、国民への信義則違反ではないか」
と指摘していたが何故今頃になってそんなことを指摘するんだ。
そう感じていたなら選挙期間中にしっかり糾弾しなければダメじゃないか。
公示後、民主党が自身のサイトで岡田代表絡みのネタを更新したら「違反だ」と指摘されたでしょ?
それと同じように違反だと思ってたならば何故糾弾しなかったのか。
民主党は後ろめたいことが自分自身にあったのか。
みすみす相手の違反を指摘せずに見逃していたのなら民主党がとんでもなく無能だったということだよ。
 自民党が2007年の参院選に向けて公募制や広報戦略強化を目指しているのに民主党は大丈夫か?
杉村太蔵 氏みたいなケースもあるが、未熟な反面、派閥、政党にも特定の政治思想にも
染められていないまっさらな議員が公募から飛び出させる機能を持ち、
自民党に新しいタイプの政治家層を発生させる公募制。
他の政党は公募制に変わって何かインパクトある選挙システムを採用できるのだろうか?
杉村氏の謝罪会見のような失態もあるし杉村氏への厳しい指摘と非難もあるだろうけど、
この政治家登用システムが目新しさを伴って自民党を引っ張るかもしれない期待感がある。
 公募制を頓挫させたり失敗例とならないように杉村氏は衆議院議員として4年間頑張って欲しい。
なにしろ杉村氏が公募制から生まれる政治家の未来を担っているからだ。
もちろん杉村氏には先輩政治家の失言を真似せずに(できれば保守の道へと)立派な政治家を
目指して欲しいところだ。

 2005年度政党交付金の試算を日経新聞が行なっていたそれによると
自民党が157億7900万円、民主党が117億6500万円。
民主党は約4億円減額さらに国会内控え室の部屋割りも自民党の半分くらいになったりと
郵政造反組みの影響を受けても政党交付金を3億円以上増額させた自民党と比べると明暗がハッキリ。
 27日の平沼氏の発言「信念に基づいて行動した結果で、何ら恥じていない」 (郵政反対票について)
平沼氏には影響力を取り戻して強い保守として活動して欲しいがいつになることやら。
あと小泉首相は4島返還を求めていく考えを示しました。

*参考記事
「民主党としっかり組む」 協力認める 社民党・福島党首  しんぶん赤旗
自公の選挙協力巡り応酬・民主「比例は公明」を問題視   日経NET
自民、公募制の定着目指す方針を確認  日経NET
平沼氏ら招き自民・伊吹派が会合…新体制に異論も  読売オンライン

*興味深い記事へのリンク
21世紀中国総研 矢吹 晋氏 ナショナリズム熱中症の中国「バブル大学教授」  

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 日経は先週あたりに政府系関連企業数の規模の大きさや源泉徴収などの比較から
政府系関連企業について記事にしてたのだけどネットでは抜粋記事しか見当たらない。
いかに政府関連企業が膨らんでいるか数字で比較してたのに参照できなくて残念。
日経は政治方面に関しては左よりの記事が目立つが政府金融改革には賛成のようだ。
日経は政府系関連企業の図体のでかさを指摘しただけはあるなぁ。

 日経、産経、朝日各社の社説の質が明らかに違う。
五月病とは医学用語で「適応障害」と呼ばれる。
こういった用語を駆使した野放図な社説は朝日お得意の芸当だ。
朝日は本当に所信表明演説を見たのか疑わしいほどひねくれた社説なので「ヤレヤレ」と思ってしまう。
結局、野党可愛さのためだけの朝日社説。
左よりでも日経の社説のほうがずっと冷静であり、
小泉の郵政改革の意気込みとその達成を評価しながらも、その後を求める記事を書いている。
さらに日経は27日に諮問会議で小泉首相の方針に肉付けをつけるという動きを取り上げているため
稚拙な批判記事を書くはずがない。

 民主党は郵政公社の公務員を非公務員にして、郵貯を大幅縮小に、簡保を07年に廃止へと
少し郵政関連法案の対案内容が変わってきたようだ。
前原代表達は中共中央対外連絡部二局の李軍局長と意見交換したようですが、
たいして重要な議論もなく、今まで通りの日中協調いわゆる中国配慮の確認に終わった。
 読売の全国世論調査でも19%の有権者が民主党から自民党へ流れたと記事にしていた。
同社の調べでは世論の59%が小泉改革に期待感を感じているという。

 28日の衆院本会議にて民主党前原代表は政治家としての資質が試される。
民主党の具体的な対案の方向性やカードはすでに出尽くした感がある。
いまだに慎重論の声もあり民主党内合意が危ぶまれるうえに、
民営化と廃止案を明記しようとも、岡田前代表時代の郵政関連法案をある程度修正しただけの
対案になるだろう。目新しさがほぼ無いうえに、対案を出すのにこれほど時間がかかってしまっては、
政策の不味さと不手際は前原新体制となっても何も改善できなかったのではないか? と考えてしまう。

*参考記事
社説 政府金融改革を大胆に、早急に(9/26)  日経NET
首相は「郵政後」の課題をもっと語れ(9/27)  日経NET
諮問会議、「小さな政府」へ工程表を提示(9/27)  日経NET
政府系金融改革に各省事務次官から慎重論相次ぐ(9/26)  日経NET
【主張】所信表明演説 官のリストラに指導力を  産経WEB
首相の演説 「5月病」でしょうか(9/27)  asahi.com
第163回国会における小泉内閣総理大臣所信表明演説  首相官邸WEB
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。