消毒法・・・希釈の解き方(希釈倍数用いた計算とエタノール)編

2011-02-24 22:45:34 テーマ:消毒法(希釈)

消毒法


消毒法には解き方が色々あります。
自分のやりやすい方法でやるのが一番なので、参考程度にー



例として

0.05%グルコン酸クロルヘキシジン水溶液は、5%グルコン酸クロルヘキシジン製剤の
10mlを水90mlで希釈する。





0.1%両性界面活性剤水溶液は10%両性界面活性剤製剤の1mlを水499mlで希釈する。





0.1%次亜塩素酸ナトリウム水溶液は10%次亜塩素酸ナトリウム製剤の10mlを水990mlで希釈する。




まずは。この問題を解いて見ましょう。



:式としては希釈前5%のグルコン酸/希釈後0.05%のグルコン酸
5÷0.05=100   ・100倍に希釈されている事がわかります。
そして製剤10ml水90mlとでているので10ml+90mlで全体の量が100になる事がわかります。
後は簡単で、全体の量100/希釈倍数100
100÷100で=1   製剤の量は10mlとなっているので1では×


希釈前と希釈後がわからない方は希釈する前の濃度は大きいと覚えたら大丈夫?ヾ(・∀-`;)だと思います。。。。



簡単にゆうと0,05%の希釈後と希釈前の5%と製剤と水の量がでてる問題なら
大きい数字5%のほうから0.05%の小さい方割って製剤と水足して
その二つ全体量÷希釈倍数しちゃえば製剤の量でるから○か×かわかる!


ま、解ければいいやって人は↑で覚えたらok(・∀・)


↑これでわざわざ濃度とかの事わからなくても解けるはずー
式も書かなくてもいい解き方(o´・ω-ですー





:次の問題ですが、今の式を使って解いてみましょう。

大きい濃度の数字10小さい濃度の数字0.1
10÷0.1=100   100倍

製剤1mlと水499mlとゆうことは、
1+499=500   全体は500ml

全体÷希釈倍数( ´艸`500÷100=5

製剤1mlとでているのででは×





3:もうわかると思うので、省略して解きます。

10(大きい数字)0.1(小さい数字)=100

10+990=1000

1000÷100=10

製剤10mlとでてるので答えと一致しているのでこれがとなります。


↑のやり方が個人的に一番簡単ってゆうか、慣れたら数秒で解けると思うので、

試験時間の節約にもなると思います!。



他にも数字が全部でていなくてすぐに解くことができない問題もあると思います。


次はそちらの説明をします。





では問題です。


■99.5%エタノールを希釈して80%のエタノール水溶液を1ℓ作る場合に必要な水の量は196mlである。



エタノールの問題は苦手な方が多いみたいですが、↑も簡単に解く事ができる式があるので、

解説します。



まずこの問題で一番簡単だと思うのは比例式を用いた計算式です。

a:b=c:d のような式を見たことありませんか?

なければ(´・ω・知らなくても問題ないのでお気になさらず。


まずは、99.5%のエタノールが希釈前だとゆう事を理解してください。
希釈する前のが濃度が高いのは当たり前なので大きい数字ととっていただいても解くだけなら問題がないと思います。



そして80%のエタノールが希釈後とゆう事を理解してください。

80%のエタノール水溶液を作ると書いてあるので80%にすることが目的とわかるので
後だとわかると思います。


そしてここで使うのが、
希釈前の濃度比:希釈後の濃度比  ← これを体積比に直します。
a:b  ←が希釈前の濃度比:希釈後の濃度比だとすると体積比に直すには
b:aという状態にする必要があります。

濃度比などというと難しいかも知れないので。単純に逆にすると思ってくれたらいいと思います。

では解いていきましょう。


希釈前の濃度比99.5%希釈後の濃度比80%  ←99.5:80
これを体積比に直し、  ←  80:99.5 にします。

そして、希釈前のエタノールの体積がわからないので希釈前のエタノール量Xとします。

そして希釈後の水溶液の量を1ℓにしたいと書いてあるので、
 1ℓ=1000mlなので1000に直します。

これで前後の数字が分かったと思います。

それでは二つを組み合わせてみましょう。

80:99.5=X:1000    ←
比例式使用

比例式とゆうのは簡単に説明するとa:b=c:d  ←の式があるとします  

これを解くには外がわのad
中のbcを*かける必要があります。

外は外どうしーで中は中どうしーって感じで考えればokです( ´艸`)

では解いていきましょう。


個人的にですが、Xとかける方を先に解くほうがやりやすいのでそのように解いていきます。


99.5×X=80×1000    中のペアと外のペアに分けます。


そして99.5×X=99.5X
80×1000=80000

この二つの式を解いたら

99.5X=80000   ←のようになります。

Xを知りたいのだからX=の式に直します。

X=80000/X側についていた99.5     *分母になるのはX側についている数字です

80000÷99.5=これを解くと804.020101.............となります。
しかし四捨五入して切り捨てでいいので804とします。

804とでたら後は1ℓで作ったときと書いてあったので  

1000ml-804ml=196ml  となります。

これで196mlは一致するので、答えはとなります。


ま、実際はエタノールを1ℓで希釈するときに必要な水の量=196mlって
覚えたほうが早いかもしれません(*・∀・)笑


この式は他の問題でも使えるので、いちよう覚えておいて損はないはずです!



色分け適当だから目がチカチカしたらm(o´・ω・`ごめんなさい









AD

[PR]気になるキーワード