自分が嫌いになるとき…

クラブではおさわり当たり前なところがある。


キャバクラがないというわけじゃないけど、クラブってもっと紳士な人が多いと思ってた。


でも違う。


おさわり当たり前。


お店の女の子は生チチ触られて当たり前。


姉さんクラスになると、人によるけど、席でキスもする。


亜紀はそういう雰囲気に耐えられない。


今のお店に入ったとき、おさわりは一切ないよって言われて入ったのに話が違う。


いくら亜紀がおさわりやキスを嫌だと思っていても、周りの子達が許していたら亜紀だけ嫌だとは言えない。


みんな指名を取るためにそこまでするしかない。


お客さんはキャバクラみたく一般の人は少ない。


一流企業のお偉いさんか、一社長ばかりだ。


お客さんは高いお金払ってるんだからそれぐらい当然だと思ってる。


嫌だと思っているのに拒否れない私…。


どんどん心が腐っていく気さえする。


水商売を始める前はもっと純粋で明るい子だった気がする。


今は水商売をしていない同世代の子とはあまり話がはずまない。


同じ高校だったり、昔からの知り合いなら別だけど…。


今は自分に対して不利なことが起きたとき、すぐにどうでもいいやとか、あきらめのサインが出てしまう。


どうしたらいいか分からない私。


恋愛もうまくできなくなってきた。


人を信用しようとしない。


友達にさえ疑いの心を持つ時がある。


そんな自分に吐き気がする。


腐った自分…。


亜紀は人間に戻れるのかな…。




AD

これが六本木色??

最近ヘアメイクに不満があるんだよね…。


新宿で働いていた時はダウンで巻き髪にしてくださいと言えば自動的にお姉巻きにしてくれる。


けど六本木は違う。


先週、ヘアメイクさんに


「ダウンで巻き髪にしてください」


と言ったら


確かに下ろし髪だけどやたらと頭をデカクされちゃった。(´Д`)゜。


とりあえずデカイ…。


周りの子もデカイ


でもその日の亜紀の髪型はお店で1位2位を争うほどでかかった(涙)


個人的にデカクされることがかなり嫌だから相当へこんだ。


次の日は学習して雑誌の写真を見せてお願いしました。


「この写真みたいにしてください」


と言ったけど、


やっぱりデカイ(’Д`∥)


写真と全然違うじゃん!!って思うんだけどそこまで嫌味を言うわけには行かないのでガマンしてる日々。


でも髪型が気に入らないとどうもテンションが落ちちゃう亜紀…。


明日からは自分でやろうかと考え中です。


六本木はデカクするのが当たり前なのかな??


ママも姉さんもみんなデカイし…。






六本木はお客さんも不思議な人が多いです。


今日は50代の社長さんの席に付きました。


亜紀がつくなり、


「お前何歳だ??」


と聞かれたので、


「22歳です。」


と答えました。


社長は、


「22歳なんてダメだ。若い女は世の中を知らんからだめだ。この店にはもっとまともな女はいないのか。」


といきなりダメ出し…。


「はぁ、すみません」


その後も質問に答える度にダメ出しをされました。


謝りつつ社長をヨイショする亜紀(笑)


明らかに嫌われているんだナーと思って交代の時、すぐに席を退こうとしました。


すると社長は、


「そんなにこの席に居たくないのか」


「そんなことないです。いたら迷惑かと思って」


「別に居ればいいだろ。」


「…はい。じゃあそうします。」


で、そのままボーイに指名をかけた社長。


散々亜紀はボコボコにけなされたのになぜ!?


社長レベルになると何がよくて何がダメなのかさっぱり分からない…。





これが六本木色なんですかね~??


勉強勉強!!


AD

VIPさに感動

えーと、駆け出しホステス始めましたw


1ヶ月近く働いていなくてかなり焦り始めていた時、六本木でスカウトのお兄さんが拾ってくれました。


本当はキャバクラで働きたかったけど、キャバクラは安定した収入がないのと、もう少しステップアップしてみたいという気持ちからクラブに入ってみた。


月曜日に面接して、火曜日体入。


今日から本入でした。


一番初めに驚いたのは、お店の高級感のすごさ。


はぁぁぁ高そう…。


お店の中にグランドピアノがあるぜぃ!!


とりあえず始めの2時間くらいは待機席で放置されていた気がする…(笑)




初めてついた席は団体様。

「おじゃましまーす」

なんて言って座った。

亜紀が席についた時、ちょうど乾杯の前で、姉さんらしき人が人数分のお酒を作っていた。

体入なのにあんまりでしゃばったことはしない方がいいかなって思って見ていたら…


ママ:「手伝ってあげるのよ」

そしてちょっと冷ややかな笑い…。


「あ!すいません」゜(´Д`∥)゜。

ひぃぃぃ!怖いわぁぁぁ…。



亜紀はキャバクラで敬語なんて全然使わないタイプだったから言葉使いにかなり緊張したよぉ(汗)



2組目は30代前半でしょうか??

2人組みでノリも若く、話しやすい方達でした。

でもその席にはわずか5分程度しかいなかったと思う。

すぐに呼ばれてVIP席に移動。




その日最後の席はなんと…

亜紀のお客さんではないですか~!!(≧▽≦)

一応連絡しておいた人。

その人がたまたま来たらしい。

ラッキー♪

前のお店の一番来てくれていたお客さん。

緊張していた亜紀にはオアシスに見えた(感動)

けど、体入なのにもかかわらずアフターに行くはめに…。

そりゃ姉さんから「行ける~?」なんて聞かれたら断れないっス(汗)

けどさすがに六本木だね☆

タクシー代2万もくれました♪

もったいないから始発で帰ったんだけどねw


AD