イベント☆②

3人で飲んでたらあっという間にボトルが空いちゃった。

T君がトイレに行っている間に、空ボトルにお水を入れだしたMちん。


亜紀:「何してるの!?」


M:「いいから、いいから。後で分かるよ♪」


何がしたいのかは分からないんだけど、T君が帰ってきたところでゲーム再開☆

何度も言いますが亜紀はゲーム事はかなり苦手なので、MちんかT君に便乗してることが多いですw

賭けたほうが負けた場合は一緒に飲むみたいな。


亜紀:「じゃあ今回はT君に賭けるよ☆」


M:「俺が勝つ!」


…ゲームの結果はMちんの負け。

T君に賭けてよかったと思ったけど、この負けの勝負…本人には確認してないけどわざと負けたんじゃないかなぁって思う。

Mちんはボトルに入った水を一気飲み。

T君はすごい!って顔してたけど、亜紀は知ってる(笑)

さっき空ボトルにお水を入れてたのはこのためだったんですね??

でもT君にお披露目しても意味ないような…。

プライド!?




ふと気がついたら恵美と花がいるじゃない。

でも別卓に通されてる。

なんで!?


亜紀:「ねぇ。なんで恵美たち来たのに別卓なの?」


M:「ここじゃ狭いでしょ?」


亜紀:「じゃあ亜紀もあっちの席に行きたい。」


M:「なんで?俺と二人きりじゃ不満?」


亜紀:「そんなことないんだけど…。」


M:「俺は二人でいたい。」


亜紀:「……。」


なんでいきなりそんなこと言うんだろおって不思議に思ってたけど、その理由は帰りに分かった。

恵美が言うには、ちょうど恵美たちの席の隣りがMちん指名の子が座っていたみたい。

だからかぁって納得。

けれど彼は頭いい人だナって思った。

理由を聞かれて即座に気転が利くわけだし。

うまいなぁって。



その後ぐらいに酔っ払い度はピークで、亜紀は調子にのってて気づいたらMちんは帰ってるしw

で、Mちんのお客さんが帰ったからって亜紀は恵美たちの席に移動。

恵美も今日はK君と遊びに行ってくるって言って先に帰っちゃったし。

花と亜紀だけ。


T君はMちんが帰っちゃったからって亜紀の席についてくれてた。

亜紀は酔っ払ってる勢いでT君に聞いてみた。


亜紀:「ねえ…。T君は亜紀にイロかけてたでしょ??」


T:「なんで??かけてないよー。」


亜紀:「いいじゃんもう前のことだし、聞きたい。」


T:「イロとかじゃなくてさ。」


亜紀:「やっぱり趣味!?(笑)」


T:「いやほら、顔がタイプだったし。」


亜紀:「うん(笑)」


T:「地元も一緒だし…家近いじゃん?」


亜紀:「うん(笑)家近いね。」


T:「性格も素直でかわいいと思ったよ。」


亜紀:「うん。」


T:「…で…俺も男じゃん?」


亜紀:「うん。」


T:「俺のお客さんは20代後半とか年上が多いんだよ。」


亜紀:「うん。」


T:「久々に若かった…。」


つい…亜紀は大爆笑w


亜紀:「(笑)そうなんだ。」


T:「でもMには言ってないよ。」


それって、Hしちゃったこと??

ってかそんなわけないじゃん。

Mちんに受け渡してるわけだから大体のことは知ってるでしょ…。

それは覚悟の上だけど。



とりあえず趣味彼伝説完結って感じで(笑)

AD

コメント(6)