M君初指名☆

12月2日。




行く前にT君に電話。

もう指名替えするって言ってしまった後だから、電話するのは心苦しいけどこれが最後だと思って。


亜紀:「おはよう。今から行きたいんだけどMちんは出勤してるの?」


T:「ああそっか。出勤してるよ。Mに伝えとくよ。」


亜紀:「お願いします。」



この頃から恵美はK君がベタベタしてくるから嫌だって言って、R店のお気に入り君のところへ行くようになった。

この日も恵美と一緒に来たんだけど別々のお店に行くことに。



お店に入ると当然のごとくT君のお客さんだと思われる。

ヘルプの人が来たけど、T君の話題だし…。

けど言いづらくてそのまま会話しちゃう。


しばらく待ってMちんが来た。


M:「おう。おはよ。」


亜紀:「おはよう。」


分かってはいたんだけどやっぱりぎこちない…。

たぶんいきなり指名替えですなんて言われても今までヘルプだったんだからやりづらいよね??

こんな経験は初めてじゃないはずだけど。


M:「仕事帰り?」


亜紀:「うん。」


頭見れば分かるでしょ?w

M君は何も聞かない。

T君から聞いたんだと思うけど。

何も触れられないと逆にきまずいじゃん…。


ちょっと話してヘルプの人が何人か席についた。


ヘルプ:「Tさんて~(省略)なんですけどいいやっぱり男って思いましたよ。亜紀ちゃんは男を見る目があるよね。」


M&亜紀:「……(苦笑)。」


その後ヘルプが空気を察したのか、すみませんって顔してた(笑)

しかたないよね。

今まで誰もがT君のお客さんだと思ってたのにいきなり変わってたら分かるはずがないよねw


その日は何度かそんなことがあった。

けどそれも何日かだと思う。

人の噂も49日って言うし(笑)



だいぶ遅れて恵美がお店に来た。

きっとR店が終っちゃったから。

亜紀のこと迎えついでに来てくれたんだけど。


相変わらずK君は恵美にベッタリ…。

その時の恵美の嫌そうな顔が恐いw

恵美は亜紀が指名替えするって言った時、『本当は私もしたい』って言ってた。

K君は最近マジで嫌らしい。

クジで指名を決めちゃったことを後悔してたし。


ホストクラブの永久指名って難しい。

同じお店の中で指名を替えるって亜紀は嫌だけど、K店だけはお店が好きだったから。

T君も優しいから許してくれたけど、本当は心の中で気分悪くしてるだろうし、恨まれてもしかたないと思うもん。


この日って別に何を話したわけでもなくゲームとかして終っちゃった気がする。

指名替えしたから番号くらい聞いてくれるカナって思ったけど、それもなかったし…。

やっぱり指名替えなんてされても迷惑なのかなって思いつつ。



でもM君は話しやすくて好きです♪

T君みたくアフターもなければ一緒に帰ることもないのだけれど、それでもいいかなと。


AD

コメント(4)