1日1分!「しあわせ思考」レッスン

「思考のクセ」を変えるだけで、しあわせが勝手にどんどんやってくる♪人生が100倍楽しくなる「しあわせ思考」をレクチャーします。


テーマ:
*******************************

私のおいたち その1 その2 その3 その4 

私のもう1つのストーリ その1 その2 その3 その4 その5

*******************************



急に『優等生キャラ』として見られるようになった高校時代。


自分のドロドロしたどす黒い思い、

宮崎勤みたいと言われる兄の事、

ヤクザみたいな母の彼氏の事、

ゴチャゴチャな家の事、

色んなことを隠してました。


でも、嘘をつくのは苦手やから、隠してたというより

自分と切り離して、すまして毎日過ごしてたって感じかな^^;


クラスメートからは『頭いいね』とか『上品やね』とか

『女らしいね』とか『性格いいね』とか

『家はお花屋さん』とか(なんでやねん 笑)

勝手に色んなオプションを付けてくれて、

そんな噂話を耳に届けてもらうたび、

有り難さ半分、

でも、これ、本当の私じゃないんやで~^^;っていつも思ってた。

そんな高校時代でした。


まずは、ポチをお願いします!!
にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
↑『子育てアドバイザー』現在2位です!!

ちもです。


今日でこのストーリーは最終回。。。

もうしばらく、お付き合いくださいね。


色んな事を犠牲にして、勉強に時間を費やした事もあり、

運が良かったこともあり(笑)

同志社大学へ合格しました。

あんなに落ちこぼれやった小学校の私から考えると、

ほんとあり得ない事。


昔から『誰々が同志社受かった』とかは、親の間でも

子供達の間でも話題になる程、

地元京都では『同志社』は断トツのネームバリューが

あったので、

『同志社大学』に行った事で、

私が見返したかった奴の間でもきっと少しは話題になるやろう。。。

それで、小学校以来の念願が果たせたと思いました。

(あ、大学の時にあった同窓会で、小学校の時から見返してやりたい
と思ってた男子に『頭良かったんやね、すごいね』
『きれいになったね』と言われ、
『ありがとう』とすまして言いながら、
『うぉっしゃーーー!!!!!勝ったー!!!!!』
心の中でガッツポーズしました。
当時は誰にも言わなかったけど 笑)



人からしたら、なんてちっぽけな事やと思うでしょう。



でも、昔の私にとってはすごく大きな事やった。

それくらい、

自分の劣等感に小さい頃から、

すごく苦しんできました。



その思いが成仏できたからかな。

ドロドロした黒いエネルギーもいつの間にか消えて、

小学校の時は周りに味方なんて1人もいないと思ってたのに、

高校時代は『優しい人』『私を認めてくれる人』が沢山いて、

世の中の人は自分が思ってるよりも温かかったんやなって

感じる様になりました。

何より、自分に自信がついた事が大きかったんでしょうね。

自分で言うのも何ですが、あんなに屈折してドロドロしてたのに、

気がついたら、人を妬んだり、恨んだり、羨んだりする事も

あまりなく、わりと素直な人間になってました。(笑)

憑き物が取れた感じ(笑)。


でも、一方では大学に受かった事で目標も無くなり、

燃え尽き症候群ってこんな感じかな。。。

なんか、何をしたらいいかも分からず、無気力な毎日を送ってました。


大学ではもちろん『優等生キャラ』もリセットされ(^^;)、

じゃあ、私って何?

って事でまた悶々と悩み始めます。

『存在にすら気付いてもらえない』

昔の小さいちもちゃんに戻ったみたいでした。

特に話が得意でもなく、特に可愛くもなく、特にかしこくもなく、

私が人と違うところってどこ?

私が人より目立つところって何?

個性って何?

誰かにここにいるって気付いて欲しい。

誰かの『特別』になりたい。


何千人もの人が通う大学は

広くて、大きくて、行っても行かなくてもよくて、

行っても行かなくても、私が何をしてても誰にも気付かれない。


ちっぽけな私は、大海原に放たれた稚魚のようでした。


大学生活はサークル活動を楽しむ事もできず、

バイトに集中する事もなく、

大学のネームバリューだけに惹かれて入学して、

結局自分が本当に学びたかった事と違う道を

選んでしまったんじゃないかとか、

じゃあ何がしたくて、何ができるんだとか、


ただ、自分とは何かを探してた4年間でした。

そんな中で、化粧を研究したり、おしゃれを頑張ったり、服を作ったり、

習い事をしたり、コンパに行ったり、(。。勉強は?笑)

(人から見たらただ遊んでるように見えるだろうけれど^^;)

実は自分とは何かを証明するために、

色んな事を必死で試し続けた4年間でした。

(大学生ってみんなそうなのかなぁ。。。)


で、しばらくして、やっぱり私は、

何かを目標を持って頑張る事が生き甲斐なんや!と気付きました。

かつて、勉強を頑張る事で自分の居場所を勝ち取ってきた

ように。


だから、色んな事にチャレンジしてきました。

それは武装する様に、色々な物を身につけてきました。

私はここにいるよ!!って少しでも目印になるように。


中途半端で終わるものも、もちろん沢山ありました。

でも、それでも次々にチャレンジしてきた。

私は『頑張ること』にアクセルがあって、

『認められること』が私の生き甲斐だったから。

それに救われてきた人生やと感じてたから。


『もっと頑張って人に認められたい。』

心理学を勉強する事になった理由の1つでもあると思います。

インテリアのブログを続けてきた理由だって、きっとそう。

みんなに何かを発信して、何か反応を返してもらうのが、

1人でも多くの人に『認めて』もらうのが、すごく喜びだった。


私が頑張ると『すごいね!』って周りの人が言ってくれるのが

嬉しくて、そして何より私が『頑張ってる自分』を感じてるのが好きだった。


でも、心理学を勉強してわかった事、

「私、頑張っても、頑張らなくてもいい」

って事。


「私、頑張っても、頑張らなくても

認められてるし、愛されてる」って事。。。



これは私にとっては衝撃的でした。

いやいや、そんなはずないと最初は思いましたよ、もちろん(笑)。

だって、だから頑張ってきたんだもの。。。^^;

この話はまたいつか。


わたしのもう1つのストーリー、

またまた長編になっちゃいましたね。

私がこだわって頑張ってきた『認められる』って

事をテーマに、書いてみました。


私より大変な思いや、辛い思いした人なんていくらでもいると

思うし、『大変さ』を背負って生きてきた覚えもないけど、


でも、これまた文章にする事で、忘れてた(忘れようとしてた?)

思いに触れる事ができて、私自身、すごく気付きを得る事ができました。

『悲しい』とか『辛い』とか思わないようにして生きてきた私が

当時、本当はどう思っていたのか。。。その思いにしばらく耳を

傾けて、小さなちもちゃんを抱きしめてあげようと思います。


長らくのお付き合い、ありがとうございました^^。

あなたのポチが更新の糧になります!!
にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
↑『子育てアドバイザー』現在2位です!!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

あなたを「幸せ体質」に変える心理カウンセラーおむらちもさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります