Timのお気楽ゴルフ日記

ゴルフの練習・ラウンド記録や気付いた事、日本、米ツアーのお話など
ゴルフ全般の雑談です。お気軽にコメント下さい。


テーマ:
。。。

以前の記事で、意外にというか予想通りというかチェ・ナヨンはやっぱり人気者。


少しあどけなさが残るキュートなルックス。

細身でフォローでのへそ出し。

書いていたら怪しいブログになってしまいそうですが

ちょっとこの「チェ・ナヨン」を研究してみようとネットで検索してみましたら・・


$Timのお気楽ゴルフ日記-nayon

検索候補「チェ ナヨンかわいい」って・・・

かわいいと思うがそれ、検索してどーすんの?


画像もイッパイ出てきましたね。


$Timのお気楽ゴルフ日記-nayon2


プロフィール(GDOコピペ。。)

生年月日 1987/10/28

身長 162cm

2008年5月の「サイベースクラシック」では優勝したロレーナ・オチョアと1打差の2位タイ。7月の「エビアンマスターズ」ではプレーオフの末に2位タイと、ルーキーながらツアートップクラスの力を持っていることを証明。特筆すべきは、シーズン通して予選落ちなしという、およそルーキーとは思えない安定感だった。翌2009年に一気に花開き、シーズン終盤に2勝を達成。この年も予選落ちはゼロと抜群の安定感も健在で、今後の活躍に期待は高まるばかりだ。



安定感が抜群。

僕の印象が残ったプレーで今年来日した試合、
池越えのパー3で手前のピンを果敢に狙うも池ポチャ。
打ち直しでそのピンそばへ。さすがUSLPGAの賞金女王。
顔に似合わず強気。


LPGA2010年のデータ。

$Timのお気楽ゴルフ日記-nayeon

全く穴がない。素晴らしい成績 !!

五部門で1位
バーディ数、ラウンドのアンダーパー率、60台で回る率、アベレージスコア、サンドセーブ


以前はショットに比べパッティングの完成度がまだまだと言われたが
合計平均パット数28.76(スゲー!)ホール平均1.75 パットもスゲー上手い。


ちなみに昨年の藍ちゃんが
合計平均パット数28.67(2T) ホール平均パット数1.73(1)さらに上手い。。




切り返しでかなり鋭く腰を切ります。

特徴的なのはインパクトからフォローの腰の動き。

フォローで少し腰が戻る!

$Timのお気楽ゴルフ日記-nayon3



こ、この動きは・・

$Timのお気楽ゴルフ日記-tuisuto1


$Timのお気楽ゴルフ日記-tuisuto2


$Timのお気楽ゴルフ日記-tuisuto3


ツイストです。

ベルトの向き見ると分かり易いです。



最近は野球でもこのツイスト的な動きを取り入れてる選手が多いです。

分かり易いのが阿部選手ですが体を開かないように変化球に対応するとの事。

イチロー選手がゴルフ的なスイングと言われるのはピッチャーに胸を見せない打ち方

つまり上半身を開かないからですね。野球は素人ですが。。


他のゴルフのツアープロ(小田龍一とか)でもツイスト的なイメージを持ってる人は聞きますが

しかしチェ・ナヨンほどはっきり分かるのは珍しい。




$Timのお気楽ゴルフ日記-nyon4


この動きの秘密はフットワークですね。

右足が外側へ粘ります。踵もなかなか浮きません。

右膝が内側へ折れませんね。

フォローで右踵が少し下がります。なかなか上がらずに粘る人は多いけど

逆に下がる人は初めて見ました。



いや、いた!腰が戻る人。

なんと!






マキロイ! エイオキさん風に言えばマッキャロイ。




時の人。マキロイも同じ動きをしていた!しかもこれUSオープンか?

でも他の動画じゃなってなかったんで偶発的なものかも・・





僕は右膝が内側へ折れる様に入り込むと右肩が下がって

力が溜まっていないスイングになってしまいます。

ツイストとはいかないが右腰が軽く浮いて回転しない様にどちらかというと

グッっと抑え込んで右サイドで(でも左にスライドするように押し込みつつ)

右膝は外に向いたまま踏ん張って

胸は右向き、右サイド腰まで手元を下ろしたら

クラブは上からボールの先へ斜めのラインで振るイメージです。


って書いてみたら僕のイメージはなんだか文章が矛盾しているような。

書いてて訳分からんし。。

言葉にするのは難しい。




$Timのお気楽ゴルフ日記-nayon5

切り返しの形がイイですね~。

華奢な体なのに安定した下半身がスバラシイです。



マキロイ。
$Timのお気楽ゴルフ日記-mc2

マキロイはダウン始動のシットダウンが強烈ですね。

しかもその後も全然浮かないし。

スイングは「鋭い」この言葉がピッタリ。


チェ・ナヨンもマキロイもかなり強烈に腰を切りますが

左の壁が強固です。

ツイストの動きは強い腰の動きが左サイドの壁に当たって戻ったって感じ?

左に流れず振りぬいた反動なのかも。


もし意識的にやっているようならインパクト付近で止める事で

腕がさらに加速するって事でしょうね。

実際、ツイストの意識で打ってるプロもいますからね。


僕の頭では全然、結論出ませんがなんとなく凄いの伝わりました?



ツイスト打法、そういえば・・

増田プロが本出してました。買ってみるか?(と言っていつも買わない・・)

“ツイスト打法”で飛ばそう!―誰でも10ヤード飛距離アップできる (サンエイムック―ゴルフ未来.../増田 哲仁

¥580
Amazon.co.jp







ややこしいんでツイストの動きは謎のまま終了。 終

(ここまで読んで頂いた方からクレーム来そうですが。スミマセン)土下座



チェ・ナヨン。また来日して欲しいですね。



$Timのお気楽ゴルフ日記-nayon6
いいね!した人  |  コメント(6)
PR

[PR]気になるキーワード