チモッコブログ

うさぎのオヤツ timocco とあれこれ

NEW !
テーマ:

目下オヤツを作っております。

平昌オリンピックもあと数日、

みなさまいかがお過ごしですか。

 

途中までオヤツの話ですが、

途中から無駄話となります。

 

お忙しい方は、ご自分の時間を、

大事になさってください。

 

+ + +

 

さて今月のゴボウを使ったフレーバーについて、

数件、ご注文時の備考欄に期待の声がとどき。

 

期待していただけているというのは、

うれしいことではないかと思っております。

 

ゴボウには食物繊維という強みもありますが、

なにより、あの香りが特徴的なのではないかと、

思う部分があります。

 

みなさまのうさぎたちは、

ゴボウにどう反応するでしょうか。

 

ゴボウはハーブとして、または、

漢方としての効能も紹介されています。

 

といっても、それが、うさぎにとって、

どうなのかは、調べきれず、分かりません。

 

yahoo知恵袋といったようなところで、

いろいろ書いてあるのをみかけたこともありますが、

専門家気取りでいろいろかいてるようにも、

見受けられなくもなく、

 

なんといいますか、結局は、

 

人間にとっても、小動物にとっても、

個体差がありますし、

 

食べてどうだったか、というのをよくよく観察し、

それらの効能とみくらべて、

多少・・・そうかな?くらいのことを、

確認するしかないように思います。

 

結局こういうものは、半分は自己責任、

といいますか、飼い主責任でありまして、

 

もう半分のところに、当店がいっていることも含む、

周囲にちらばっている情報であるとか、

病院のセンセイのおっしゃることであるとか、

そういうところを頼りにするというか、

責任があるように思います。

 

+ + +

 

ところで。

 

責任、といいますか、

判断、といいますか、

 

そのあたりのところで、

他人の判断、他人の情報に、

おんぶにだっこになりすぎたり、

カリスマな人をもちあげるのが大好きで、

その人のいうことをうのみにしすぎたり、

 

結局は、自分の判断責任を、

回避したくてしょうがないだけじゃないの?

というような方がたまに、

いらっしゃるようにも思いますが、

 

それは、個人的は、あまり、よろしくないと、

思えます。

 

健康食品とか、健康補助食品とか、

そういう類のものは、

 

他人がいっている効能は半分くらいでとらえて、

個人差、個体差であったり、

情報発信者の商売としての立場であるとか、

権威欲みたいなものもある場合もあるだろうし、

あとはよくよく観察してその都度自分で判断するしかない。

・・・と、思えるからです。

 

それを受け入れられないような人は、

いつもなんでもかんでも、他人のせいに、

してしまうクセがついているとか、

他人に依存するのが常であるような、

 

そんな傾向のある人であるのかも、しれません。

 

+ + +

 

わたくし人間個人がゴボウを食すにあたっては、

ゴボウは消化器系を活発にしすぎるくらいで、

やはり食物繊維の多さの実感があります。

あとはですね、香りが、心をおちつかせてくれます。

 

しかしそれはみながそうとは限らず。

 

うちのうさぎたちをみますと、

ネッコを食べたいという欲で、

食べている以上のことは、

確認できていません(笑)

 

話がすこしそれますが先日もかきましたが、

レンコンにつきましては、

 

あまり動物むけの食べ物の効能として、

みかけませんが、

人間の喘息などの発作時に、

レンコンのしぼり汁が効く、というのはあります。

 

耳鼻咽頭あたりが常にグズグズしている、

1匹のうさぎにすりおろして与えますと、

くしゃみはなみずがおさまります。

 

これは、何度もためして分かったことですが、

病院のセンセイはそれはきいたことがないと、

いっていました。

 

そんなものかと思います。

 

+ + +

 

さていよいよ以下オヤツと関係ない話となります。

 

私は店をやるにあたっては、

お客様は神様のようなかんじには、

誠に勝手ながら思っていません。

 

どちらかというと、

お客様とお店はお互い様、くらいに、

思っています。

 

私たちは同じように、うさぎをはじめとする

小動物がおそらく、好きであり、

 

おそらく日々、同じように、

仕事をしたり、家事をしたり、子育てをしたり、

それぞれの生活をするために、

または社会全体のために、

いろんなことをしているかと思います。

 

そういう中で、私は、

うさぎのオヤツを作るという製造業をもって、

みなさまと通貨をもって価値の

交換しています。

 

さらに私はこの製造業をもって、

億万長者になれるわけでもなければ、

なろうとも思っていません。

 

つまり、ぼったくりはしていない、

ということです。

 

そしておそらくですが、

私のやっている作業工程をすべてみたら、

商品の1つ1つの価格などについても、

納得いただけるかと思います。

 

+ + +

 

また、一般的に流通する、

うさぎのオヤツの価格と比べましても、

 

例えばですが、

大手メーカ「マルカン」さんの、

おからむねと多少共通点のある、

「こしたてプチ豆腐」は、

アマゾンにて16gで448円。

100gあたり2800円

 

おからむねSサイズは20gちょっとで

648円ですので、

100gあたり3240円。

 

おからむねMサイズは40gちょっとで、

1080円ですので、

100gあたり2700円。

この時点で「マルカン」さんより100円お得。

 

さたにおからむねLサイズですと、

120gで2916円ですので、

100gあたり2430円。

ここでは「マルカン」さんより370円お得。

 

というように量によっては、

価格で「マルカン」さんを、

追いあげている部分もあるのです。

 

手作りのわりには良心的じゃん?

・・・と思うのですが、いかがでしょう。

 

+ + +

 

さらには、使っている材料も平凡すぎるため、

みなさんどうぞ想像にまかせて、

手作りなさってくださいと申しておりますし、

 

別に、当店はオヤツを専売特許として、

主張したがっているわけでもありません。

 

ただただ、私は、個人的に、

うさぎのためのものであれば、

ふるったり、練ったり、型をぬいたり、

袋詰めしたり、といった単純作業が、

快適に仕事としてできる作業であり、

作業が、あきらかに、むいているから、

仕事としてこなさせてもらっているに、

すぎません。

 

うさぎ好きをアピールしたいわけでもなければ、

うさぎオヤツのパティシエールであるとか、

なんらかのカリスマになりたいわけでもありません。

 

なにしろ、やってることが単純だし、材料も平凡だし、

すべてこれといって特別ではないからです。

 

承認欲求を満たす、というよりは、

作業欲求を満たす、といった感じです。

 

とにかく、練りたい。

ふるいにかけたい、型をぬきたい。

 

うさぎがよろこぶから尚よし。

・・・といった感じです。

 

とにかく私は職人でしかないのです。

 

+ + +

 

話がすこし戻りますが、

大手メーカーさんのものは紙の箱の中に、

ポリエチレンかなにかの袋にいれた、

オヤツが入っているものであるとか、

 

ポリエチレンの袋そのものが、派手で、

ゆとりある雰囲気のものもあり、

量が多めにみえるようなこともある一方で、

 

当店のオヤツは、ギッシリはいっていますので、

少なくみえるなどして、

 

「高級オヤツ」を思われてしまうことも、

あるのかもしれません。

 

しかしさきほどもかきましたように、

グラム単位の価格を計算すると、

「マルカン」さんとさほどかわりません。

 

あしからず。

 

そして価格で勝負するというところで、

工場で作らず手作業の範囲の場合、

おそらく、私の作業ペースを超え、

低価格におさえるのは、

難しいでしょう!!!!!!!

 

あしからず。

 

+ + +

 

いろんなことを思いますが、

1人で仕事していて大変ですねと、

ねぎらっていただくことがたまにあります。

 

しかし私といたしましては、

数人で仕事、または、大人数で仕事していて、

大変ですねと、思うことの方が多いです。

 

私は仕事以外の場所でも、

グループ行動が苦手というのもありますし、

いままでやったたくさんのアルバイトの中でも、

周囲の人と話も価値観も、

あわないことの方が、多く。

 

そのた、その職場で売っている、

モノやサービスについて、

心から共感し肯定的かどうかという点において、

 

世の中の多くの人は、

給与は我慢料だというようなことを、

いっているにもかかわらず、

 

できるならそうではない方がいいという、

理想を追わせてもらった結果、

今の仕事をさせていただいている、

という部分があります。

 

しかしながら、学生を終えてから、

いろんなことをやって、迷い、

アルバイトもいくつやったかわかりませんが、

約10年でしょうか、

どうにもならなかった時期があります。

 

このオヤツ屋はもうすぐ、まる7年になりますが、

ほかのバイトをしなくても採算取れて、

まともな生活をおくれるようになったのは、

2017年くらいから。

オヤツ屋をはじめてほぼ6年目からです。

 

10年フリーターをやって、

定職についていないという不安定な状態を耐え(笑)、

さらに、うまくいくかわからない、

うさぎのオヤツ屋というものを、

資本金もないところから、バイトかけもちで、

小さくほそぼそとはじめる。

 

そういうことに、すべて、

自分で責任をもち、自分で遂行する、

ということそのものは、

 

たしかに、何一つ言い訳できませんし、

1人で大変だったかもしれません。

 

しかし私は、空気のわるい職場で仕事をするより、

そっちのほうがよかったのです。

 

上司がこうだから、会社がこうだから、

給与が低いから、

 

そういうことをいう相手はおらず、

すべて自分の責任というか裁量にまかされています。

 

しかし、さきほども書きましたが、

私は、オヤツをつくる作業工程が好きなので、

それがきちんと売れるとすれば、

なにも大変なことは、ないといえます。

 

ことさらになんとかなっている今においては、

大変なことは、ほぼ、ないです。

 

いまだに実質的には貯金がないという、

困難があるにはありますが。

 

しかしながらこの仕事であれば、

1日10時間働こうと、12時間だろうと、

私はへーきなのです。

 

私にとっては十分な環境に、

あるといえます。

 

+ + +

 

・・・ながいですね、だらだらと。

あともう1つ無駄話をかこうかと思います。

 

もうすぐまる7年になるこの店で、

商品を送ったのに入金がない、ということは、

2件ありました。

 

これは多いのか、少ないのか、

私にはわかりません。

 

以前は、入金前に送ることもあったので、

それが1件。

それ以降、発送は入金後にするように、

しています。

 

もう1件は、うさぎの緊急事態にすぐお送りする、

緊急オヤツ。

 

うさぎの状況優先で未入金でもすぐ送るのですが、

それにご入金いただけなかったこともあります。

 

未入金の方には、

メールでお知らせすることもありますが、

返信がない場合、携帯のSMSに伝言したり、

または留守録をいれたりすることもあります。

 

それでも返事がないときは、

最終的には封書でお知らせします。

 

どうなさったのだろうと思いますが、

それ以上のことはやりようがないので、

記録をのこして放置するしかありません。

 

+ + +

 

いろいろ思うところがありますが、

 

長文メッセージをお寄せくださる方には、

2とおりいらっしゃいまして。

 

1つは、見返りを求めない方。

もう1つは、どこかで見返りを求めている方。

 

または、

 

店と客の分別のある方と、

店と客の分別をふみこえようとする方。

 

ひどい言い方ですが、

 

その・・・なんといいますか、

メッセージのやりとりで、親密になったと、

思ってしまう部分が、あるとします。

 

しかし、こちらといたしましては、

たとえば、うさぎがオヤツでこんな反応をした!とか、

すごくたすかった!とか、

そういう伝文は、大方、

ありがたく蓄積させていただくのですが、

 

一方で、長文+細かい特別なリクエストを、

いただくことがあります。

 

さらに、そういう長文の方の中には、

毎回お振り込みがおそい傾向がみうけられる部分も、

あるといえる部分が、なくもないです。

 

長文の方は、振込がおくれる理由も、

おくれたあとの謝罪のメッセージも、

長文であることが多いのです。

 

+ + +

 

店をこえて、私個人に、

なにか親密な思いをもち、

それをもって店で特別な待遇を期待している部分が、

あるとしましても、

 

少なくとも、私個人にとって、内容によっては、

依存心や甘えによるところと思えることもありまして、

個人的には、そういう方は

親密にはなれそうもないタイプでありますし、

 

店としては、

事務的に対処するしかない部分があります。

 

それまでの入金の遅延はすべて記録済ですので、

それが度重なるものであり、

お伝えいただいた諸事情の累積が、

許容範囲をこえた場合、

 

はっきりいいますよ・・・

 

「めんどくさ」

 

・・・と、思うまでです。

 

いくら、お客さまと店の関係であっても、

そういうものでは、ないでしょうか。

 

大抵の店はそれを、

表にだすことはないことと思いますが。

 

+ + +

 

お客さまは神様説が大好きな人は、

店は利益のためにお客さんに心を売るから、

 

お客さんは、

ゼッタイにありがたがってもらえる、

ゼッタイに親切にしてもらえる、

ゼッタイにちやほやしてもらえる。

 

・・・という一種の拝金主義ともいえることに

依存しすぎて、

 

金で心を買えると思っているのかも、

しれません。

 

または、ご自身の社会的立場などに、

なんらかの乏しさ、不満足さを感じていて、

そのうっぷんをここぞとばかりに、

こういうところで晴らそうとしているとか、

 

または親切にしてくれる相手を、

会ったこともない店の人間に、

買い物するのとひきかえに求めすぎている、

ような部分が、あるのかもしれません。

 

しかし、前のところでかいたように、

私は、店とお客様はお互い様と思っていますので、

誠に勝手ながら、その認識の範囲で

対応させていただいておりまして、

 

さらには私にも人間関係であるとか、

人間性に好みがありまして、

 

そういった好みがあるだろうことを無視するか、

客であればすべて受け入れてあたりまえと、

思っている、または、潜在的に、

そう思ってしまっているような方は、

至極苦手であります。

 

+ + +

 

こちらの思い違いというものもあるでしょうし、

人は変わってもいきますし、

 

店とお客さんとの関係が、

どういうものが適切なのかということについても、

もしかしたら、変わっていかざるをえなく、

なることもあるのかもしれません。

 

ともあれ、なんとなく察していただきたい、

というようなことがあるような、ないような。

 

そんな、一般的には、お客様に対し、

おそらく大変失礼で迷惑でもある、

長文ではありました。

 

+ + +

 

お届けは来月初旬となります、

いましばらくお待ちください。

 

http://timocco.net

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。