2016-04-06

「来年度からの遠征計画」

テーマ:冒険の記録

舞台は冬季・極北カナダ。
スタート地点はウィニペグ湖、目的地は極地冒険の聖地レゾリュート。

まずは全面凍結したウィニペグ湖を縦断。
更にグレートスレーブ湖・グレートベア湖とカナダ3大湖を全踏破。

3大湖の間は、冬季間のみ川・湖が凍結する事によって現れる道・ice roadで繋ぐ。
ice roadとして確立されておらず、地図に載っていなくても、ある一定の緯度に達すれば冬季カナダの川・湖であればほぼ凍結しているので、そこを歩いて行く。
森林地帯のトレイルを歩く事も出来るだろう。

グレートベア湖を抜けた後は、ツンドラ地帯を踏破して北極海へ。
北西航路を東へ1000km(1000kmの間に村は一箇所)、更に北へ1000km(1000km完全無人)歩きレゾリュートに到達。

スタイルは単独・人力(スキー・徒歩をメインに自転車も検討)
氷上を歩く僕が行動できるのは、氷が発達する冬の3~4ヶ月のみ。
4年(冬・シーズン)かければレゾリュートに到達出来ると思っている。

大きなテーマは3つ
1、カナダ3大湖全踏破

2、地図に載っているice roadを、単独・人力という条件で何処まで踏破可能なのか?

3、自力での極地冒険の聖地レゾリュート到達

補足

1、カナダ3大湖について
 僕が勝手に言ってるだけで世間的に3大湖なんていう定義はありません。この3つの湖には数年前から冒険対象として目をつけていた。数年前の僕であれば1冬かけて1つの湖を踏破するだけでも精一杯だったろうが、今の自分であれば1つの湖を踏破してもさらに前進するだけの体力・気力は維持出来る筈。そこで、断続踏破という発想に至った。

2、各湖間のルートについて
ハイウェイ完全無視で、全て川・湖・森林で繋げれば理想的だが、補給や通行不可能になり、数箇所はハイウェイに出なければいけないだろう。
しかし、そこも含めて面白いと思っている。全ては現場でジャッジ。
何より、無理矢理ルールを作って自分を縛りたくはない。
自分の気の向くまま、好きな道を歩いていこうと思う。

3、自力について
本当の意味で自力というのなら、まずは日本から船で太平洋を渡り北米に行き、レゾリュートに到達するまで一時帰国もしてはいけない。これこそが完全な自力。
しかし、そこまでする気は無いし、そもそもそれは僕がしたい事でもないので、「僕が」納得するスタイルでの自力という意味。
補足以上。

あまりに範囲が広く、過去の踏破記録も極めて少ないので、まともな計画は、現時点ではまだ立てられていません。
本当にこんな事が出来るのかすら分からないが、やってみたいと思ったのでやってみる事にした。

マイナス50℃の極寒。
数百キロは当たり前、最大で1000キロの無人区間。
海に出ればホッキョクグマがウジャウジャしている。
莫大な資金も必要になるだろう。

それでも、やってみたい。
何よりラインが美しい。

植村直己・大場満郎・河野兵市・荻田泰永。
クソガキの俺に夢を与えてくれた男達が北極冒険の起点にしていた、極地冒険の聖地レゾリュートへの自力到達を目指して、生きてみようと思う。

赤・三大湖
青・ice road、通行不能になればハイウェイ
茶・ツンドラ
黄・海(北西航路)


地図拡大図(前半部)



地図拡大図(後半部)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

関口裕樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。