計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。


テーマ:

昨日は群馬県多野郡神流町において

第9回神流マウンテンラン&ウォーク

開催され、計測工房でタイム計測を担当

させていただき、私・藤井が計測ディレ

クターを務めさせていただきました。

 

 

プロトレイルランナー鏑木毅さんがプロ

デュースするトレイルレースですが、ここ

神流町は人口2,000人、少子高齢化と

過疎化が進む限界集落です。

その神流町で開催される今大会に、

約800人のトレイルランナーが参加する

という町の一大イベントになっています。

大会の公式サイトでは、以下の3点が

特徴として挙げられています。

①「日本一温かい大会」を目指して。

②トレイルランナー鏑木毅氏がプロデュース。

③限界集落を抱え過疎・高齢化に悩む

 地域の人々の想い。

 

 

 

今大会では4地点の計測をおこないました。



スーパークラス(50km)、およびロング

クラス(40km)のスタート地点です。地面

にはタイム計測用アンテナマットが設置

してあります。

 

 

ロングクラス(40km)のスタート風景。

 



ミドルクラス(27km)のスタート地点です。

地面にはタイム計測用アンテナマット

設置してあります。

(計測工房スタッフY氏撮影)

 

 

ミドルクラススタート風景。

(計測工房スタッフY氏撮影)

 

 

スーパークラス(50km)、ロングクラス

(40km)のコース途中で通過する塩沢峠

(標高1073m)からの眺望。

(ロケハン時に撮影)

 

 

第6エイド・安取峠(あとりとうげ)です。

地面にはタイム計測用アンテナマット

設置してあります。

(計測工房スタッフA氏撮影)

 

 

第6エイド安取峠の周辺。

(計測工房スタッフA氏撮影)

 



フィニッシュ地点です。地面にはタイム

計測用アンテナマットが設置してあります。

 

なお、今大会では参加者の皆さんの足首

に装着されたアンクルバンドに入ったIC

チップにてタイム計測をおこないました。

 

 

最も参加人数の多いメイン種目である

ロングクラス(40km)の総合優勝は、

森本幸司選手でした。フランスからの

招待選手であるSylvain COURT選手に

10分差をつけての優勝でした。

ロングクラスの男女それぞれ優勝者は、

フランスのニヴォレ・リバード大会へ派遣

される特別制度があります。

 



フィニッシュ地点脇の計測テントで計測

オペレーションおよび完走証発行をおこ

ないました。


西上州の豊かな自然と、地域の人々の

おもてなしを堪能してのフィニッシュ。

 

 

フィニッシュ後は、完走タオルと、おしぼり

が渡されます。

 

 

そして各自のタイムと順位の印刷された

完走証が発行されます。

 

 

さらにその隣りで、お楽しみ抽選会が

あり、様々な景品がもらえます。

 

 

フィニッシュ後には、豚汁や飲み物の

エイドがあり、思い思いにくつろぎます。

 

 

表彰式の様子です。

 

 

神流マウンテンラン&ウォークは、町を

あげて選手を歓迎するホスピタリティに

満ち溢れており、非常に参加者満足度

が高いです。

スタートやフィニッシュに添えられたプラ

ンターには地元の小中学生からの手書き

メッセージが。

 


計測工房社長・藤井拓也のブログ-121111-001

今年は我々は参加していませんが、大会

前日のウェルカムパーティでは「神流の

郷土料理」を中心とした、食べ放題・飲み

放題での歓待。場所が体育館とあって、

素朴な昭和レトロ感と温かみを満喫でき

ると評判のパーティです。

(数年前の大会で撮影)

 

 

 

神流マウンテンラン&ウォークは2012年

に、「平成24年度過疎地域自立活性化

優良事例表彰団体」として総務大臣表彰

を受賞されています。→こちら

 

トレラン関係者の間では、「神流モデル」

として名高い事例となっています。

 

神流町に限りませんが、一昔前、山あい

の過疎の寒村は「観光資源もなく、山しか

ない」でしたが、トレイルランニングの普及

は、寒村を「素晴らしいフィールド」に変貌

させる力を持っていました。

 

もちろん、トレイルランの大会1つで全て

がハッピーになる解決かと言えば、そんな

ことはなく、1つの切り口に過ぎませんが、

日本は国土の7割が山地であり、神流町

同様の環境も多いと思います。まだまだ

山岳スポーツには可能性を感じます。

 

そんな神流マウンテンラン&ウォークも

来年はいよいよ第10回の節目を迎えます。

 

 

 

This is timing man.
We are professional timing man.
Born this way.
This is an everlasting journey.


今回も一期一会の貴重な仕事の
機会を頂戴したことに感謝です!
この現場が次の現場に繋がり
ますように。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。