計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。


テーマ:

一昨日2017年10月14日、群馬県利根郡

片品村の尾瀬岩鞍スキー場において、

第3回尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター

が開催され、計測工房でタイム計測を

担当させていただき、岡本が計測ディレ

クターを務めさせていただきましたので

そのレポートです。

(計測工房スタッフF氏撮影)

 

 

スカイランニングの中の1カテゴリーで

あるバーティカルに特化した大会で、

趣旨は、"SKYRUNNING TOURISM"

つまり「スカイランニング」x「観光事業」

で地域活性化を図り、参加者に大会を

通じて尾瀬の里・片品村の魅力を知って

もらおうという大会でもあります。

(ロケハン時藤井撮影)

 

 

今大会は、2017年のスカイランナー・

ジャパンシリーズの中のバーティカル

全7戦のうちの最終戦となっています。

 

通常のバーティカル同様、5km(1000m+)

のコースで開催されるエキスパートと、

難易度の低い3km(700m+)のコースで

開催されるチャレンジという、バーティ

カルの中でさらに2部門に分かれて開催

されるという国内では珍しいまさにバー

ティカルだけの大会です。(他にキッズ

レースも併設)

 

 

スタート地点。尾瀬岩鞍スキー場。

地面にはタイム計測用アンテナマットが

設置してあります。そしてスタートは選手

を称えるレッドカーペットから。

岡本撮影)

 

 

バーティカルは基本的に遅い選手から

順に1人ずつ等間隔でスタートしていき、

有力選手は後方からのスタートになり

ます。写真は、宮原徹選手。日本国内の

バーティカルでは無敵で、”皇帝”の異名

を持ちます。(岡本撮影)

 

 

そして何といっても、今回、最後尾から

スタートしたジョセフ・グレイ選手。

マウンテンランニング(≒スカイランニ

ング)世界王者が参戦です。

なお、結果はグレイ選手が40分49秒で

圧勝。宮原選手は43分5秒で2位でした。

岡本撮影)

 

 

レース中、最大斜度50度の斜面を上から。

下から見ると壁のようで、畏怖を込めて

”ジャイアントウォール(巨人の壁)”

と呼ばれています。

(ロケハン時藤井撮影)

 

 

フィニッシュ前、最後のゲレンデを下から。

(ロケハン時藤井撮影)

 

 

フィニッシュ地点は標高1700m弱。

地面にはタイム計測用アンテナマットが

設置してあります。

(計測工房スタッフF氏撮影)

 

 

フィニッシュ前最後の頑張り。

(計測工房スタッフF氏撮影)

 

 

そしてフィニッシュ。

なお今大会では選手の皆さんのゼッケン

に装着されたICチップにてタイム計測を

おこないました。

(計測工房スタッフF氏撮影)

 

 

岡本がオペレーションした計測テント

はスタート地点にありました。

フィニッシュからのデータを受けて、

計測処理をおこないました。(岡本撮影)

 

 

 

 

This is timing man.
We are professional timing man.
Born this way.
This is an everlasting journey.


今回も一期一会の貴重な仕事の
機会を頂戴したことに感謝です!
この現場が次の現場に繋がり
ますように。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。