計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。


テーマ:

昨日は群馬県の中之条町と草津町にて

第4回スパトレイル〔四万to草津〕2017

開催され、計測工房でタイム計測を担当

させていただき、私・藤井が計測ディレ

クターを務めさせていただきました。

四万温泉から野反湖を経由し草津温泉

まで72kmを走るSTSK72Kと、旧六合村
野反湖から草津温泉まで38kmを走る

KTK38Kの2種目で開催される人気の
トレイル大会です。



大会プロデューサーは、ともに群馬県

出身の鏑木毅 さん(右)と松本大 さん

(左)。鏑木さんはプロトレイルランナー、

松本さんはプロスカイランナーです。

鏑木さんも松本さんも、それぞれトップ

アスリートとして、そして各大会のプロ

デューサーとして活動されていますが、
2人一緒に揃って共同プロデュースと

いう大会は地元ならでは。

 

大会公式サイトより抜粋。

スパトレイルの魅力は何といっても

国内屈指の自然度の高い上信越国境

の森を巡る楽しさにあると思います。
これほどの人里離れたダイナミックな

自然に触れることができるにも関わらず、
ラン心をくすぐる走れるコース設定も大

きな特徴だと思います。
そして何よりも温かい雰囲気でもてなす

日本の原風景の趣を残す集落巡りの

「旅」であるという面も大きな魅力なのだ

と思います。 」(鏑木毅氏コメント)

 

 

「風のような旅人」として四万から草津

まで至る72km・38kmの旅を楽しんで

ください。温泉と温泉をつなぐ山の旅。

途中の山村での郷土食のおもてなし。
これほど素晴らしい日本的なテーマの

ある旅は世界中を見渡してもそうそう

無いのではないでしょうか。

(松本大氏コメント)

 




STSK72Kのスタート地点は中之条町の

四万温泉。地面にはタイム計測用アン

テナマットが設置してあります。
なお、今大会では参加者の皆さんの

ゼッケンに装着されたICチップにてタイ

ム計測をおこないました。

 

 

STSK72Kのスタート前。

 



弱雨の中、朝5時にSTSK72Kのスタート!

 

 

鏑木さんがハイタッチでお見送り。

 


今回、計測工房で計測した地点は全部

で12地点です。


給水所(ウォーターステーション)の

万沢林道峠です。地面にはタイム計測

用アンテナマット
(計測工房スタッフF氏撮影)

 

 


通過していくランナー。



1Aの和光原パークランドです。
地面にはタイム計測用アンテナマット
(計測工房スタッフK氏撮影)


150515-2
スパトレイル〔四万to草津〕のハイライト

でもある野反湖。天空の湖とも呼ぶべき

標高1500mにある野反湖は天然湖では

なく、人造湖(ダム)です。それが一層、

際立った絶景となっています。
(2015年ロケハン時撮影)


160626-10
野反湖はKTK38Kのスタート地点でも

あります。(2016年撮影)



2Aの野反湖キャンプ場ビジターセンター

です。地面にはタイム計測用アンテナ

マット
(計測工房スタッフK氏撮影)
この地点はINとOUTの2つを別々に計測

します。この写真はINです。



そして2AのOUT。
(計測工房スタッフK氏撮影)



CP1の野反峠です。地面にはタイム

計測用アンテナマット
(計測工房スタッフU氏撮影)

 


野反峠を通過していくランナー。

(計測工房スタッフU氏撮影)

 

 


この先、コース最高点である標高1650m

の弁天山に向かいます。
(計測工房スタッフU氏撮影)

 



3Aの根広ねどふみの里です。
地面にはタイム計測用アンテナマット
(計測工房スタッフS氏撮影)



特設関門の世立八滝入口です。
(計測工房スタッフK氏 撮影)


160624-4
160626-12
世立八滝の区間は、プロデューサーで

ある松本大選手が設定した「スカイ

ランニング風」の激登り区間です。

(2016年撮影)

 


4Aの中之条町ふるさと活性化センター

です。地面にはタイム計測用アンテナ

マット。(計測工房スタッフF氏撮影)



5Aの田代原ザゼンソウ公園です。
地面にはタイム計測用アンテナマット

(計測工房スタッフI氏撮影)
この地点もINとOUTを別々に計測です。
この写真はIN。

 



そしてこちらが5AのOUT。
地面にはタイム計測用アンテナマット

(計測工房スタッフI氏撮影)




5Aを通過するランナー。
(計測工房スタッフI氏撮影)



それぞれの計測地点では写真のような

計測オペレーションをおこないます。

(計測工房スタッフF氏撮影)

 

 

道中には、要所要所に両プロデューサー

からの手書きメッセージが。




そしてフィニッシュ地点は草津町の

草津国際スキー場です。
地面にはタイム計測用アンテナマット



STSK72Kの男子の部は、大瀬和文選手

が優勝しました。フィニッシュ後は鏑木

さんからインタビューを受けます。
タイムは7時間15分27秒でした。



それぞれのジャーニーを終えての

フィニッシュへ。



フィニッシュした皆さんには、各自の

タイムと順位の印刷された完走証

発行されました。

 

 

また、フィニッシュ後には記念品として

六合の深山から切り出した白樺等を

使用したオリジナル木製メダルも授与

されました。

 

 

表彰式風景。

 



私たちが計測オペレーションをおこなっ

た大会本部内です。

ロングのトレイルレースでは、単なる

タイム計測というだけでなく、レース中

の人数管理も極めて重要です。
スタート人数、各地点の通過人数、

リタイア人数、フィニッシュ人数。

ロングレースになればなるほど、安全

管理上、その重要性は増します。

その課題のために開発したのが・・・、

 


160626-20
今回も、計測工房の独自サービス

TRAIL SEARCH 」を実施しました。


WEB速報システムと、レース人数管理

システムの両面の機能を併せたWEB

サービスです。

全長72kmの今大会においては、スタ

ート地点からフィニッシュ地点まで

途中の全エイドを含む12地点の計測

をおこない、全地点の通過速報が閲覧

でき、選手・応援者・関係者にとっては
速報サービスになります。

 

そして大会主催者にとっては、各地点

の通過人数と未通過人数が表示され、

またDNF情報も管理しているため、
「誰が(何人が)どこを走行中なのか、

DNFなのか」「この地点はあと何人通過

するのか」という主催者としての業務の

助けになります。

選手向け機能という側面と、主催者向け

機能という側面の両面をあわせもつこと

が「TRAIL SEARCH」の特徴です。

そして「TRAIL SEARCH」はこのスパトレ

イル〔四万to草津〕が発祥の大会です。

今では年間6大会で運用されるように

なっています。

 



This is timing man.
We are professional timing man.
Born this way.
This is an everlasting journey.


今回も一期一会の貴重な仕事の
機会を頂戴したことに感謝です!
この現場が次の現場に繋がり
ますように。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。