計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。


テーマ:

昨日は滋賀県大津市の比叡山にて、

比叡山インターナショナルトレイルラン

2017 が開催され、計測工房でタイム

計測を担当させていただき、二見

計測ディレクターを務めさせていただき

ました。私・藤井はサポート役として

従事しました。

 

 

プロトレイルランナー鏑木毅さんが

プロデュースする大会で、メイン距離は

50km(累積標高3700m)ですが、今年

から上級者のみ参加可能な50マイル

(80km。累積標高5000m)の部門も新設

されました。

大会のコピーは、「挑め、己の限界に」。

 

(以下、大会公式サイトより引用)

欧米での厳しいロングレースを自分の

心の内のなかでは常にこう位置付けて

いる。「自然を慈しみながら、己と対峙

し、そして新しい自分に出会う旅」
そのために全身全霊を込め、究極の

境地にまで自分を追い込むことで、
自分の知らない世界にまで己を高める

のだ。1200年の歴史を有する比叡山。
荘厳な森のなかで仏に近づくために

幾多の困難を越えてきた人々の道が

そこにはある。現在人の琴線にふれる

道がそこに存在する。
長大な50kmのこの山道を越えること

でしか見ることのできない境地。
己を見つめ、壁を乗り越え、そして人は

生まれ変わる。
21世紀のスポーツ「トレイルランニング」。

その原点に触れる旅がここにはある。
(以上、引用)
 

 

 

スタート・フィニッシュ地点は、比叡山

延暦寺のど真ん中、根本中堂前。

地面にはタイム計測用アンテナマット

また、コースが8の字になっており、

ここは2Aでもあります。

 

 

新設の50マイルの部からスタート!

なお、今大会では参加者の皆さんの

ゼッケンに装着されたICチップにて

計測をおこないました。

50マイルは制限時間11時間30分。

 

 

続いて50kmの部がスタート。

50kmは制限時間11時間。

 

 

2A延暦寺会館でのエイド風景。

 

 

レース風景(大会事務局提供)。

 

 

レース風景(計測工房スタッフU氏撮影)。

 

 

途中計測地点である滝寺給水所。

地面にはタイム計測用アンテナマット

(計測工房スタッフU氏撮影)

 

 

滝寺給水所を通過していく選手。

(計測工房スタッフU氏撮影)

 

 

滝寺給水所での休憩。

(計測工房スタッフU氏撮影)

 

 

50km男子の優勝は、近藤敬仁選手。

5時間16分26秒の大会新記録。

 

 

プロデューサー鏑木氏よりインタビュー

を受ける近藤選手。

 

 

フィニッシュする「しょうぐうさん」。

 

 

そして50マイル男子の優勝は土井陵

選手でした。記録は9時間1分36秒。

 

 

50マイルの部は「鏑木毅からの挑戦状」

というサブタイトルが付くほどの上級者

向けコースで、栄えある完走者には

1枚1枚に鏑木氏手書き入りの木製の

完走証が授与されました。

 

 

フィニッシュ後は、こちらで完走証が発行

されました。

 

 

各種目3位までに授与される特製の

プレートは、協賛社の京阪電鉄さんの

電車の先頭車両に付ける本物の鉄道

プレートです。

 

 

表彰式。

 

 

制限時間は夜の20時20分。

プロデューサー鏑木さんが1人1人を

出迎えます。

 

 

フィニッシュ脇の計測テントで二見

オペレーションをおこないました。

ロングレースではタイムの計測だけで

なく、レース中の人数管理が最も重要

です。

 

 

最後に鏑木さんを囲み、スタッフ一同

での記念写真。

 

 

50kmは定員1,150名、そして50マイルは

定員100名の計1,250名の定員が一杯

に埋まる関西の人気大会。鏑木さんの

fbでは「関西のトレイルランの祭」のよう

な大会にしていきたいとのコメントも。

 

 

 

This is timing man.
We are professional timing man.
Born this way.
This is an everlasting journey.


今回も一期一会の貴重な仕事の
機会を頂戴したことに感謝です!
この現場が次の現場に繋がり
ますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。