早いもので15回!
ビデオSALON連載中「トリタイ映像研究所」
撮りたい映像をなんでも節操無く撮る企画。
老舗のビデオカメラ雑誌で、唯一のおふざけページ
かと思いきや、為になったとの越えもよく耳にする!

何でも撮るといっても私の個人的な趣味でSFチックなCGと
綺麗な女性とのコラボレーションが多くなりがちですが
読者の皆さんにとっては問題ないですよね。
最新のカメラ機材の特集もありますい!
アフターエフェクツに興味があるが、難しそう。
そう思ってる人は必見。
簡単な扱い方から、モチベーションの保ち方まで
すぐ使えるネタ満載で、実用的です。
https://www.youtube.com/watch?v=ySDDRUOXB6I

雑誌とWEB動画の連動企画となっております。
といってもWEBだけでも作例は見れてしまいます。
短くて為になって面白いので是非。
音楽も、注目のアーティストから提供してもらって
のりのりですのでそこらへんも宜しく!

特にカメラやCGに興味が無い人でも楽しめる
内容になってます!


ビデオSALON.WEB
『トリタイ映像研究所』動画一覧

http://www.genkosha.com/vs/toritai/


AD

新連載!!

最近は漫画と映像で頭を使いすぎてクラクラする。
漫画は「もっと!」が来月に発売されるので、その原稿を描きつつ
新連載の準備で頭を抱えてる。

そんでもってまだ別にもうひとつ新しく連載が始まる。
月刊ビデオSALONだ。
このブログで「さめない映像日記」を書いていたのがよかったね。
その名も「トリタイ映像研究所」3/20発売の4月号からだ。
日々人知れずやってきた研究を今後は仕事として追求することになる。

一回目をほぼ作り終えて、正直タフな仕事だと思い知らされた。
雑誌とwebとの連動企画なので記事と撮影編集を
両方やらなければならない。まー望んでいたことさ。

自主映画の限られた予算や条件の中で
クオリティの高い映像を撮るには日々の研究が必要で
一人ぼっちで勉強してきたが雑誌と読者と
一緒になってやれることはとても心が強くなる。
とにかくやり抜こう。

ちなみに初回の雑誌掲載は少し先だが
今回は宣伝を兼ねて先行して映像を見れるようにした。
真面目にバカやってるから見てね宜しく!
http://www.genkosha.com/vs/salon/cat780/cat813/entry/salon4.html
漫画関連の話はまたすぐ書くよ。


AD
ポーラーサークル『未知なる漫画家オムニバス』
皆様のおかげで無事最終日を終えました!
初日も最終日も100人ものお客様に来ていただき感謝感激でございました!
短い間でしたが、とんでも無い数の出会いと勉強の日々でした!!

オムニバス全体のバランスも評価が高かったし
各作品個別の評価もよかったです。

僕が監督した『男女大戦』もとてもよい評価を頂きまして
手ごたえがありました!
素晴らしいキャストとスタッフのおかげです。

下手をすれば身内の中で終わりそうな
インディーズ映画の上映ですが、
今回はそれとはかけ離れた、多人数に来ていただき
興行をしている!という実感を得ることができました。

勿論漫画を読んでもらう人数には遠く及びませんが

漫画違って一人一人のお客様と対峙して一席一席
買ってもらう感謝の経験は、漫画を描くときにとても役に立つと思いました。

今後も映画漫画問わず、一人一人を楽しませる作品作りを肝に銘じ
勢い止めず成長していきますので今後とも宜しくお願いします。

タイム涼介
AD
多摩映画祭、TAMA NEW WAVE、タマシネマフォーラム・・・
どれが本との名前でしょうね?

とにかくその映画祭で我が男女大戦が招待上映されました。
凄いことですね。緊張しましたよ。

舞台挨拶もしました!こちらは緊張しませんでした。
なんだろう、よくないぐらいに最近イベントに慣れてるのだな。
$タイムのブログ $タイムのブログ $タイムのブログ $タイムのブログ

$タイムのブログ

ただ、一緒に登壇した若い俳優さんたちの緊張が伝わってきて
頑張らねば!!っと思いました。

ブレザーのハンサムは主演の高橋和生さん
青いスカートの美少女は松井琴乃さん
赤いカーデガンの美少女は小泉ここさん
まあるいおっさんは蔭山さん
帽子のおっさんが俺タイムっす。

他の監督と話をする機会があったのですが
男女大戦の評判はすごくよかったです!

自信を持って、12/7からのオーディトリウム渋谷の上映ができます!!
12/7~12/11までの5日間限定レイトショーですよ!お見逃しなく!

ちなみに僕、タイム涼介は12/10の上映後にトークショーをやります
秘蔵映像もだします。これは面白いです。
ゲストも予定中。
ぜひタイムに会いにきてください!!
12/10はタイムの日。ほんと助けると思って!!


そして、とても素晴らしい方からまた嬉しいコメントを頂きましたよ!
筧監督ありがとうございます!!

『美女缶』『死神の精度』でおなじみの筧昌也監督から『ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス』へのコメント


映画って本来、もっと自由でもっと「作り物」で良いはず。
なのに、こと邦画においてはリアリティが重視されすぎ、
娯楽映画にあるべき遊び心や「やんちゃ性」が失われている。
ほとんどの商業邦画は小さくまとまっている。
それに引き換え「ポーラーサークル」は真逆だ。
現在の邦画にないものばかりが散見され、素晴らしいと思いました。
漫画家ならではの自由な発想がいまの映画には
必要なのかもしれません。

グラフィカルな構図と人工的な彩度。そして物語の規模感。
特に『男女作戦』はそれを強く感じました。

筧昌也(映像ディレクター『美女缶』『死神の精度』)


沢山の著名人からコメントを頂いてます。
http://ameblo.jp/michi-manga/

僕の新作映画『男女大戦』が映画際TAMA CINEMA FORUM
ある視点部門に選ばれましたよ!

いや~嬉しいっ・・・というか助かった・・・
この歳で新しい挑戦をするのは本当に怖いもので

大したキャリアは持っていなくとも、今まで漫画で
やってきたことに泥を塗るのも辛いことだし。
只只楽しく遊んでるだけと思われてるのも感じていたので
素晴らしい映画際に呼ばれるというのは
何か本気が伝わってくれたという安堵感が大きい。

映画は作っててたのしいです。それは認めます。
でも楽しそうにう見える撮影なんて3、4日だけだし、実際は戦争。
僕の場合CGやらのVFXもあるので1人っきりの編集作業が
その後2、3ヶ月かかります。

好きでやってることなので苦にはなりませんが
「漫画家にはストイックで地味でいて欲しい」
これが世間の願いなので、何も言われなくなるほど上達したい。

そして、漫画と両立させて撮り続ける初めての人になってみたい
ものです。
調子にのるなって?

のりたいよ・・・怖くて乗れないんだよ、調子ってやつに!

『男女大戦』は11/29(金)17:10~17:55上映
場所はベルブ永山
http://www.tamaeiga.org/2013/nw/


『男女大戦』は未知なる漫画家オムニバスって
漫画家監督ばかりを集めたオムニバス映画のために撮った
ものなので、そちらも上映します。
場所はオーデトリウム渋谷12/7-12/11レイトショー
詳しくはまた追ってしらせます。

では宜しく!