多摩映画祭、TAMA NEW WAVE、タマシネマフォーラム・・・
どれが本との名前でしょうね?

とにかくその映画祭で我が男女大戦が招待上映されました。
凄いことですね。緊張しましたよ。

舞台挨拶もしました!こちらは緊張しませんでした。
なんだろう、よくないぐらいに最近イベントに慣れてるのだな。
$タイムのブログ $タイムのブログ $タイムのブログ $タイムのブログ

$タイムのブログ

ただ、一緒に登壇した若い俳優さんたちの緊張が伝わってきて
頑張らねば!!っと思いました。

ブレザーのハンサムは主演の高橋和生さん
青いスカートの美少女は松井琴乃さん
赤いカーデガンの美少女は小泉ここさん
まあるいおっさんは蔭山さん
帽子のおっさんが俺タイムっす。

他の監督と話をする機会があったのですが
男女大戦の評判はすごくよかったです!

自信を持って、12/7からのオーディトリウム渋谷の上映ができます!!
12/7~12/11までの5日間限定レイトショーですよ!お見逃しなく!

ちなみに僕、タイム涼介は12/10の上映後にトークショーをやります
秘蔵映像もだします。これは面白いです。
ゲストも予定中。
ぜひタイムに会いにきてください!!
12/10はタイムの日。ほんと助けると思って!!


そして、とても素晴らしい方からまた嬉しいコメントを頂きましたよ!
筧監督ありがとうございます!!

『美女缶』『死神の精度』でおなじみの筧昌也監督から『ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス』へのコメント


映画って本来、もっと自由でもっと「作り物」で良いはず。
なのに、こと邦画においてはリアリティが重視されすぎ、
娯楽映画にあるべき遊び心や「やんちゃ性」が失われている。
ほとんどの商業邦画は小さくまとまっている。
それに引き換え「ポーラーサークル」は真逆だ。
現在の邦画にないものばかりが散見され、素晴らしいと思いました。
漫画家ならではの自由な発想がいまの映画には
必要なのかもしれません。

グラフィカルな構図と人工的な彩度。そして物語の規模感。
特に『男女作戦』はそれを強く感じました。

筧昌也(映像ディレクター『美女缶』『死神の精度』)


沢山の著名人からコメントを頂いてます。
http://ameblo.jp/michi-manga/

AD
「男女大戦」上映情報!!

ポーラーサークル未知なる漫画家オムニバス
12/7~12/11 21:00レイトショー オーデトリウム渋谷

TAMA映画際ある視点部門
11/29(金)17:10~17:55永山ベルブホール

SPOTTED758/VOL.10
11/28 20:00 名古屋シネスコーレ

【MOOSIC LAB 2014 FLYING PREVIEW in 大阪】
12月21日土 17:30開場/18:00開映 大阪シアターセブン


ポーラーサークル以外は、漫画家オムニバスではなく
男女大戦のみの上映になります。

上映前緊急イベント

「漫画家が 映画を撮っちゃ 駄目ですか? 駄目だとしても 撮っちゃいました!」
タイトル短歌 枡野浩一
http://ameblo.jp/michi-manga/entry-11680889141.html

AD