2009年03月01日

彩華ラーメン 一乗寺店

テーマ:ラーメン

奈良と言えば鹿でもせんとくんでもなく、断然「彩華ラーメン」やんかいな。どんだけニンニク入れてんねん!てなね、あの白菜の炒めたん、上にどかっとのっかって。そりゃ、何回も奈良に行ったさ、彩華ラーメンを食べるためだけにね。屋台店、あれはも一つやった、塩っ辛いだけ、サイドメニューも皆無やし。なんと言っても新ノ口店、あれは素晴らしかった、美味かった、なんで閉店したんやろうね。最近リニューアルした本店、あんな僻地にも関わらず、ファミレスばりのスケールの店内が、てんやわんやの大騒ぎ。奈良人にとっての彩華は、京都人にとっての天一よりも、土着性が強いとお見受けする。裏には天理教の姿がちらほら……あやや、て、ま、これは冗談。そんなこんなで、いつの日か京都に来て欲しいなあと常々思うておりまして、そしたらあんた!できましたがな、彩華ラーメン一乗寺店!え、一乗寺!?「よどみにうかぶうたかたは…」なんて方丈記の一節が脳裏に浮かぶほどの諸行無常な、戦場と書いて「じごく」に敢えて!?……なんてのは杞憂で、曼殊院道とは言っても、白川通りにほど近い立地で、戦禍が及ばない、比較的平和なエリアに陣をはった。もちろん、京都ナイズされた要素は散見されて、麺の硬さを聞かはるし、サイドメニューの唐揚げは一乗寺の雄「高安」「あきひで」の影響を垣間見るし、ちょっと白菜少ないんちゃうかと思うし、塩っ辛過ぎるんちゃうかと思うし、さらには……券売機で食券を買わなあかんしね。でもまあ、彩華が京都で、一乗寺で食えるってのはね、私にとってはかなりの絵空事、ドリーミーな話で、すんごく嬉しい、これは現実だ、うん。残りのドリーミーは「かむくら」なんです。ぶー、奈良にはあるのに、なんで京都に来おへんねん、ぶー。「中華そば」とかね、「ラーメン」とかね、そういう通り一辺倒なメニュー名じゃなくてね、なんなんですか、言うに事欠いて「おいしいラーメン」ですぜ旦那、なんなんですか、この自尊心。そんでむかつくんです、その実、なかなかやりおるからね、くそう。早う京都におこしやす。おねがい。

彩華ラーメン 一乗寺店(ラーメン / 一乗寺)
★★★★ 4.0

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。