2008年05月31日

スマイルバーガー 清水寺店

テーマ:喫茶・カフェ

京都のデザイン会社「京都職人気質」(きょうとしょくにんかたぎ)が運営するハンバーガーショップの清水寺店。山科本店と桂坂店がギラギラ眩しいエアストリームで営業するのに対して、清水寺店だけはテナント営業なので、面白みに欠ける反面、イートイン可能という特徴が。「大人のための大人のバーガー」を標榜するだけあって、強気の値段設定。佐世保バーガー、モスの匠バーガーと、この手の高級バーガーの先人は多いけれど、後発組として入念に商品開発された感はある。表面がパリパリで中身はふっくらなバンズには「smile」の焼き印が施されて、注文が入ってから鉄板で焼き始めるミートパティは、厚さ1.5~2cmはあろうかという極太サイズ。結論としては、満腹中枢的にも、クォリティー的にも、値段相応の満足感。プチリッチしたいランチタイムにおあつらえ向き。他の2店舗と違って清水寺付近という観光地。「京都に来たらスマイルバーガー」という店側の目論見は、見ている限り少し厳しそうで、目の前を往来する観光客は物珍しそうに見ながらも実質スルー。ひとつ気になること。イートインの客にもテイクアウトの際と全く同じように、何故だか紙の箱に入れられて、さらにシールで封をされてサーブされる謎。無論、客はテーブルでそのシールの封を切って箱を開け、食べ始めるわけだけど……これってなんかすんごい無駄な気が。喫茶店で普通にケーキを注文したら、テイクアウト用の箱に入れられた状態でサーブされるようなもんで。せっかくのイートインなんだから、付け合わせのポテチ・ピクルス併せておっきなお皿でワンプレートで盛られてきたほうが、食べやすいし、アンチファーストフードの雰囲気も出るし、ひいてはエコにもなるのに……ね。画竜点睛を欠く……かな。

smile burger 清水寺店 (スマイルバーガー)
★★★★ 4.0
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008年05月18日

鴨川

テーマ:洋食

同志社っ子御用達な今出川ロケーション。「鴨川」なのに鴨川からはわりかし遠いという小さな謎……(放置)。これぞ「グリル」な食いしん坊メニューのサンプルがディスプレイされた店頭のショーケース……その破壊力たるや。ことごとく茶色の肉々しさ。日替わりランチ、そしてA・B・Cランチは、ランチとは名ばかりの終日メニュー。その真ん中ランクのBランチに「当店のおすすめ品」マークが付与されたショーケース は、松竹梅の「竹」を選んでしまうという日本人の傾向を、店側が先読みしたのかどうか(どうでもいい)。少年ジャンプと少年マガジンの、それぞれ5号分までのバックナンバーが完備されていたりと、食前・食後のお楽しみにも抜かりなし。ランチタイムにちょいと出遅れてしまった悲しき腹ペコさんたちの、揺るぎなき駆け込み寺。

グリル鴨川
★★★★ 4.0
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年05月17日

大丸ヴィラ

テーマ:京都フォト
大丸ヴィラ

大丸ヴィラ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年05月09日

さらさ花遊小路

テーマ:喫茶・カフェ

新京極商店街に入って間もなく、東側に現れる小さな、寂れた商店街・花遊小路 に、あのさらさができた。さらさの本拠地とも言える富小路店の移転。「サラサ3 」に続き、パッとしない商店街を敢えてチョイスして、自らの牽引力でなんとかしたろかい!というパイオニア精神と、決して過信には至らない揺るぎなき自信具合がとっても素敵。古きうどん店を改装したという木造の店内は、南窓から日光が差し込む採光の良さといい、高い天井、窮屈さを感じさせないテーブルの配置といい、果たしてあり得ないくらいにお洒落でスペーシーでゆるい空間が広がっている。本棚にさりげなく置かれた、劇画「愛と誠」が、誰にも読まれることなく鎮座しオブジェ化している結果こそが、店側の思惑通りと言えるのかも。ドカ盛りの日替わりランチが育ち盛りのメンズの食欲をも包括し、まるでカフェらしからぬ懐の深さ。個人的には、この流れで是非とも我が左京区の寂れ商店街No.1・プラザ修学院への出店を!……と、妄想してしまう今日この頃。

さらさ花遊小路
★★★★★ 4.5
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年05月04日

HYATT REGENCY KYOTO

テーマ:京都フォト
HYATT REGENCY KYOTO
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年05月02日

吉野

テーマ:鉄板焼・粉もん

三十三間堂の裏っかわ。ほっそ~い路地からむんむん漂うあぶらの香り。眉間にしわを寄せ、ようく目を凝らしてみると、奥のほうにほんのり灯るちっちゃな赤提灯。決して大きくはない店内は、近隣の人たちや観光客でひしめき合い、まさにてんやわんやの大騒ぎ(陳腐表現失礼)。閑静な住宅街で唐突に邂逅する「楽園」の希少性に、思わずモチベーションも上昇。ホルモン×お好み焼き×焼きそばという、決してメインストリームを歩めないB級グルメ界の個性派俳優が揃い踏み。この三者が入り乱れる名物「まんぼ焼き」は、さながら竹内力と哀川翔と白龍の殴り合いのような極濃テイストで失神寸前。シンプルさを志向するならば、あぶらじゅるじゅるで肉の旨みたっぷりのホソ焼きが手堅く美味い。からだ中に染みつくアブラギッシュなスメルを代償に、汗かき酒飲み無心にがっつけ!そしてふと我に返ったとき、あなたもこのカオスの一員であることに気付くのだ。

お好み焼吉野
★★★★★ 4.5
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。