茂原市・フィジカルをレボする、フィジレボ Physirev.

千葉県茂原市。いくつになってもカラダは、変わる。整体や鍼灸、エクササイズを通じ、お体の痛みや不調をラクに、それだけでなく、すこやかな美しさをめざす人のために。


テーマ:

年配の方の腰痛では、病院で「脊柱管狭窄症」だと言われた、とおっしゃる方がいらっしゃいます。

 

脊柱管狭窄症の特徴で、よく言われるのが「間欠跛行」です。歩き始めは痛くないが、少し歩くと足腰に痛みやしびれが起きてきて、歩けなくなってくる、といった症状です。

 

間欠跛行は、閉塞性動脈硬化症によっても起こります。動脈そのものの硬化で足に血が行かなくなってしまうということです。残念ながら、閉塞性動脈硬化症は、フィジレボでは対応できません。以前それが疑われる方がいらっしゃったことがありますが、病院での検査をお勧めしました。特に糖尿病の方は要注意でしょう。

 

(糖尿病の方は、ちょっとだけ腰が痛い、肩が痛い、といった一般的な症状でも治りは遅い傾向にあります。糖尿病の方は、本当にこの病気を甘く見ないで欲しいです。)

 

さて、腰痛が治らず、脊柱管狭窄症の手術を選択される方々もいらっしゃいました。手術で、神経の圧迫を取り除いた、それなのに、腰の痛みは変わらない、ということもありました。手術がよかったのか悪かったのか?鍼灸師の立場からは何も言えませんが、その腰痛の原因は、脊柱管の狭窄による圧迫でなかったことは手術で証明されたと言えるでしょう。

 

手術をして、手術が成功しても、腰痛が治らない。脊柱管狭窄症の症状である「間欠跛行」が治らない。では、別の原因はなんなのか?と思います。

 

若い方の腰痛は、たとえぎっくり腰のような激しい痛みであっても、その裏に内臓の病気などが隠れていない、運動器疾患であれば、比較的短期間でよくなります。また、動かし始めの方が痛く、動かしていくうちにだんだんほぐれてラクになっていく腰痛の方が多いと思います。

 

しかしお年寄りの腰痛は違うのです。歩いたり、動かしていくうちに、ますます痛くなってくる。そして、ぎっくり腰のような激痛を起こしたときにも、なかなか良くなってくれません。

 

フィジレボでは、体の不調は、とってもシンプルに考えて治療しているのですが、なぜ動かせば動かすほど痛くなってくるのか?

 

つづく

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

tikaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。