WWOOF体験記

2009年大不況下に自ら職を断って、

人生の再スタートを切りました。

暗中模索の旅日記.....¢(。。)


テーマ:

まず、はじめに。


このブログを見に来てくださってありがとうございます♪




今、私はセラピストとして奈良、なんば、梅田を拠点に活動しています。

セラピストになるまでは、法律事務所の職員で、銀行員で、旅人で、ライダーで、農家になりたくて・・・。

病気をして、事故をして、手と足が思うように動かなくてリハビリをして・・・。なんて

数年の間に、なんだかとっても面白くて、歯痒くて、波乱に満ちた経験をしました。




このブログは、銀行を辞めてからの約10ヶ月の旅の記録であり、

私がセラピストとして今後も活動していく中で、とても大事なことを教わったことの記録です。


おもろいことしてんな~、コイツ変やな、などいろんな意見をお持ちになるでしょうが

またなんでセラピストなん?

こんな人がマッサージのシゴトとかしてるんやー、など

少しでも興味をもっていただけると嬉しいです。



ブログは最初から読まれたほうが楽しいと思いますので、目次貼っておきます。

どうぞ、暇つぶしにでもご覧ください(・ω・)


  http://ameblo.jp/tigger2151/entrylist-3.html




また、今後は

 ・ セルフマッサージの仕方

 ・ 手作り石鹸のレシピ

 ・ 薬膳酒のつくりかた

 ・ 自分で出来るアーユルヴェーダとタイ式ストレッチ

 ・ アロマのいろいろ

 ・ お茶とお酒と食べ物の話

 ・ スピリチュアル、精神世界の話

など、美と癒し、生活の知恵とお料理、私の出逢った素敵なコトバタチなどを

コチラのブログで紹介していくつもりです。 


  http://jully2151.blog69.fc2.com/



コチラの記事はまだまだこれからの執筆となりますが、

読んでいただけたら嬉しいです。








 私の活動拠点です。

   月   関西各地出張中

   火   なんば ;  ラディエンスen         → http://ameblo.jp/en88/

   水   なんば ;  ラディエンスen

   木   梅田第一ビル ;  リラクゼーション匠  → HPなし。第一ビルの3階です

  金土日 奈良市富雄 ; わびさび富雄店      → htt p://www.i-wabisabi.com/

 

 宜しければ、遊びにいらしてくださいね♪

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
次に向かうゲストハス・Pirumirenge(ピルミレンゲ)は以前自分のツーリング@九州北部一周ツーリングでお世話になったお宿。

私の理想的な宿で、ゲストハウスがしたいと思ったときにお手本にしたい宿のひとつだったりする。
mixiのWWOOFコミュニティでヘルパー募集のトピを見て、応募させてもらった。
WWOOFに正式加盟してないところだから、本来はこのブログに登場するのはおかしいのかもしれないけど
同じジャンルの話しだし、そもそもの私の目的に逸れているどころかメインに近い状態のところだから
これを書かずしてどうする!という位置づけのものだったりする。


・・・・とはいえ。



既に、一日ごとに書いたリアル日記があったりするから、
それをそのまま貼り付けておこうかと考えてる。

読者的には『???』と思うことの方が多いと思うけど、そのあたりはご勘弁願いたい。

時間があれば、少しずつ読みやすいように修正を加えていく予定です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

7/22(WED) くもりくもり

弟の仕事っぷりを見て、いっちょまえに成長してることに姉的にうれしくて
弟の部屋を掃除したりして、昼までを浦河で過ごす。
そういえば、この日は皆既日食が見える日で、弟は同僚たちとサングラス片手に見てたけど
あたしは掃除してたからわからんかったなあ。
くもってたし、何十年かぶりの皆既日食って言ってたけど
なんだか、そんなことはどうでもよかった。

250㌔ほどの道を半日かけずに帰るのはかなり過酷でハイスピードで
高速ならまだしも、公道を駆け抜けるのはあまり得意ではない。

なんとか17:30までに富良野に帰り着いてひと段落。
そのあと、夕飯のお手伝い~片付けまでを終えてこの日はオワリ。


7/23(THU) 晴れ晴れ

昨日あったちょっとした事件のことで、彼(元カレねw)の誕生日だということも忘れてしまうくらい。
いつも来るパートのおばちゃんに、いろんなこと愚痴って泣いて、
ひととおり話しておばちゃんが言ってくれたコトバ。

『大丈夫。ほんのちょっとしか貴方と過ごしてないけど、貴方がブレなかったら、なんでもできるよー。』

って。
嘘でもうれしかった。
普段から強がりな私は、こういう慰めに異常なほど弱い。
少しだけ、背中を押してアタマをなでて、認めてくれるやさしさに異常なほど、弱い。
逆に言うと、いつもがガチガチの石頭で、きっととっつきにくい堅さが残ってるんだろうな。
自分のフィールドを作るまでが非常に、遅い私は怖さゆえにいろんなガードを固める。
それが禍して、本音で話せなくて遠回り。
この癖、なんとかしたいんだけど、幼いころの自己防衛意識がどうも抜けないらしい。
すこしはマシになってるはずなんだけど、まだまだ・・・。

おばちゃんにいろいろ聞いてもらって、ふたりでランチに行った。
ラベンダーイースト隣のあぜ道より道のカレー。
ごろっとお野菜がいっぱい入ったママのカレーに似てて、心の使えが取れた。
美瑛の丘めぐりもご一緒させてもらって、拓真館に寄って、スッキリして。
宿に帰ったら、また夕食のお手伝い。
オーナーとのギクシャクした会話もなんとか温和になったかな?

夜、彼と電話をして、『楽しそうでなにより』ってヒトコトに、また不安に思ったりしたことも
鮮明に覚えてるなあ。
強さゆえの寂しさって、きっとつよがりさんにしか理解できないんだろうなあ。


7/24(FRI)  くもりくもり

この日も通常業務。
ただ、25日の早朝に出発してWWOOF終了とだけあって、
この日にお餞別をもらったりした。
結局、サイゴまでベネッサとは、きゃあきゃあ言いながらのおしゃべりができなくて残念だったけど
オーナーのすてきな采配で、ベネッサからもいろんなお話をきくことができたし、
この日忘れ物をした中国人観光客への対応をベネッサがしてくれて
やっぱりコトバって重要!!って思わせてくれたりした。

オーナーも別に語学学校に通ったりしたことはないらしいけど、それなりに英語を話せて
外国のお客さんとも物怖じせずに交流してはる。
そういうチカラが今後大事になるのは目に見えてる。
少しは話せるようにならないとねって、ほんとに思った一日でもあった。

オヤスミの日をはさんで約2週間。(実働約10日)
体験させてもらって思ったことは、ハイシーズンの忙しさ。
もちろん、最初に忙しい時期を体験したくて予約を入れたのだけど
思った以上の過酷な労働で、のんびり構えてはいられないってことが身にしみてわかった。

次に向かうのはお盆シーズンのゲストハウス。
こちらもハイシーズンを希望しての受け入れとだけあって、相当過酷なんだろうなって思うけど
やりたいと思うことは、やっぱり体験してみないとわからないから
やってみないとね。
次回と今回の大きな違いは宿の規模。おもてなしの仕方。
夕茜宿を知ってないとわからないこともいっぱいだろうから
ここでの体験は本当に勉強になった。

オーナー夫妻、宿に足を運んでくださったお客様、それから○藤さん、チャチャ&ベネッサ
ほんとうにありがとうございましたキラキラ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

7/18(SAT) くもり雨くもり雨

風邪症状重く、結局1日寝込むハメに・・・。
うぅ。他人ん家来てるのに情けない・・・。

とりあえず、寝ながらこんなことを考えてみる。
オンシーズンの9日を過ごしてみて、連日満室の客室の掃除、
それから毎晩20人(含む家族)を超える食事、そのための買出し、
お客さんの送迎、それから会計処理、部屋や庭のメンテナンス、観光案内
もちろん自分の体調管理、それから夕食後フリータイムのお客様との会話やおつきあい・・・。

自分で出来る範囲はどれくらいだろう。
夕茜宿の部屋数は6部屋。
最大収容数20人として。
この規模はさすがに無理だろう。

半分だったら?
それだと自分で菜園をする時間がない・・・。
完全自給自足と言わなくてもいいレベルでしたいのだけど
それでもある程度のものは作りたい。
可能なのはどこまでの範囲?

適当な接客はしたくないし、
旅人が落ち着けるような、ほっこりできる空間が提供できればいい。
料理は必要であれば作ればいい。
一緒に飲み交わすときのアテ程度でもいい。
じゃあ、どんな形態にする??

アタマん中でぐるぐる。

客数をとらないとなると、単価はどうする?
客単価は高くしたくない、でも安価なままじゃ生活は出来ない。
慈善事業じゃないから、自分の食える分だけはなんとかしなきゃいけない。
宿だけ?昼間空いている時間はどうする?
それとも通販をとりこむ?
自分は何をしたい???

アタマん中でぐるぐる。

最近は旅人が少ない。おまけに旅人は夏が中心。
夏の間に稼げないと冬は働きに出ないといけない。
じゃあ冬の間はどうする?誘致できる策はあるのか?
どこも苦しむこの難題に自分の答えはあるのか?
それで生きていけるのか?

アタマん中でぐるぐる。

やってみなきゃわからんやん。
でもやってみて失敗することがわかってるならやらないほうがいい。
ある程度自分で設計するべきだ。
今出来ることは?しなければいけないことは?
足りない情報はないのか?今のままでいい?

アタマん中でぐるぐる。

そんなことを考えながら、この日は一日オヤスミしてました。


7/19 (SUN) 雨雨

アタマん中ぐるぐるしながら過ごしたけど、昨日は台湾からWWOOFerベネッサが到着した。
イギリス→韓国の次は、中国(台湾)人との国際交流!
本当に来るのかどうか、連絡がなかったから疑わしいとオーナーは言ってたけど
フツー来るよね??
・・・でも、お客さんでも外国の方はブッチ率が高いらしくって、
少々マナーが気になるって言ってたっけ。

でもね、ちゃんとベネッサは約束の時間通り来たんよね。
連絡が少なかったのは、チャチャと違って‘コトバ’の壁らしかった。
チャチャは日本人と遜色ないくらいに上手だったけど
ベネッサは現在勉強中。

彼女は北海道に留学生として滞在していて、
本国では英語教育と広東語⇔北京語の教育は受けていて、
どちらもじょうずに話すのだけど、それは教育を受けている人は同じだから
さらにどこかしらの国のコトバを話せるか否かというのが
就職の大きな関門になっているらしい。
とりわけ、日本語がしゃべれるというのは武器になるらしく、留学という選択の中で
勉強をしているということだった。

中国人でも裕福な家庭となると、教育レベルがぐぐっとあがるわけですね。
だって、ベネッサ、バイトしてへんと、全部仕送りって言うねんもん・・・。すげ・・・。
フツー、日本国内の大学生食わそうと思っても仕送りだけだとしんどいもんなんですけど。

でも、残念なことにベネッサは
人とのお付き合いが苦手らしい・・・。同泊部屋だからいろいろ聞くんやけど
あんまり長いセンテンスでお話が帰ってこないし、すぐに違うことをし始めちゃう。
おしゃべりしてるのが一番早い上達だと思うんだけどな。
お客さんともそうだったから、話ふってみたりするんだけど
どうも愛想がない。

まあ、そう愚痴ってばかりではいけないし、こちらから愛想よく、しゃべれる環境を作ってみる♪

この日は、ふらののお祭りの日だったけど、あいにくの大雨。
お祭りも中止で、お客様の表情も残念そう。

雨も風も、北海道の大地で感じるのは、実はとても気持ちがいい。
風の吹きすさぶ音も、一面の麦の穂たなびく様子とあいまって
リズミカルで優雅なリズムに聞こえる。

そういう自然の感じ方が好き。

十勝岳連峰の、たまの晴れ間の夕暮れがなんとも美しい。


都会のビルの谷間から見る太陽とは大違い・・・。
あたし、松屋町のマンションから見た風景で感動したことなんかあったかな・・・。



7/20 (MON) 晴れ晴れ

もともといただいていた休日の日。
この日は本来なら返上して、(寝込んでたしね)働くべきなんだけど
弟に会いに行く予定を入れてたから、お言葉に甘えて出立させていただくことに。
いつもどおり朝食の準備をして、昼過ぎ、とりあえず洞爺湖付近を目指して220㌔。
21日に浦河に着くように距離設定。

 ※ オヤスミの様子は本来なら書くけど、割愛。弟は牧場人として、立派に成長してました。


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

7/16(THU) 雨くもり雨くもり

ほんとうに連日雨続き。
せっかくのラベンダーも日照不足と連日の雨で美しいはずの紫色が黒に近いっていう声も聞こえるくらい。
晴れてたら、ラベンダーイーストやファーム富田の前を通るだけで薫るはずのラベンダーも
雨だと薫りもさえぎられてしまって、景色も傘とのコラボじゃなくて、
青空とのコラボの方がいいよねえ。
ほんとうに今年の北海道はおかしい。

夏の北海道が好きで毎年来られているお客様はみんなそうおっしゃられていて・・・。
それから、あのときはよかった、このときはああだったと
思い出話をお聞かせくださるわけです。

正直、そのときに来てみたかったと思わせる話ばかり。
私は今年初めてだったけど、タウシュベツ橋とか、去年から?今年から?
立ち入り禁止地区に入ったし、
このWWOOFの後通過した夕張地区の栄えていた時期も見てみたかったし
(※今はほんとに廃墟に近い・・・)
今は帯広しかしてないばんえい競馬も他の地区で見れたりだとか、
それこそ、10年前くらいの北海道は一人旅客も多くて、情緒があってよかったとか。
そういうのん、憧れやけど、今は人つきあいも、旅の馴れ合いもなくなったねっていわれちゃうと
そういう流れを引き戻したくなるのは、旅人の性なんかなあとさえ思ってしまうわけで。

この日のお客様は、こういう昔話や、いいポイントをしってらっしゃる方が多くて、
そして一人旅客が多かった。
広島の船乗りさんにもいろいろ情報をいただいて、地図を広げてわいわい。
その後も、また(!)スモーキングルームで12時まで宴会。

オーナーはお疲れのご様子で、この日も途中でおやすみにー。
私は代わりに接客をー。
最後までお付き合いすると、次の日しんどいんだけど、ついつい楽しくて
おしゃべりしちゃうんよねー。


7/17(FRI) 晴れ晴れ

うーん。
なんだかカラダが重い・・・。
そうやら風邪をぶり返したようです・・・ダウン
朝食のお手伝いだけして、ベッドメイク~お昼まではお休みさせてもらうことにしました。
ごめんなさい・・・。
ちゃんとクスリ飲んでたんだけど、市販クスリじゃやっぱり効かないんかなあ。
明日から週末なのに。

ちなみにこの日はオーナーがじゃらん&楽天に問い合わせたところ
富良野の宿は、高級宿または超格安宿以外は満室とのこと。
夏の北海道、最近は富良野あたりがメインスポットと化しているため、さすがの連日満室です。


いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード